阪神牝馬ステークス 2018 最終追い切り評価|混戦模様で穴馬も沢山いるような状況

阪神牝馬ステークスの最終追い切り考察を行っています。
前走からの映像やタイムを比較して評価しています。

ヴィクトリアMを目指す馬が終結。
春のマイル女王を目指す上で大事な前哨戦です。

ただし、あくまで前哨戦ですから、どこまで仕上げているのかという部分は注目しておかなければなりません。

しっかりと考察を行い、皆さんの馬券の参考になるようになればと願っています。
最後までご覧いただければ幸いです。

追い切り考察

評価は【S/A/A-B/B/B-C/C/D】の7段階評価です。
評価について、詳しくはこちらをご覧ください。

アドマイヤリード【A-B】

4月4日(水)栗東 坂路(良)
【50.3-36.9-24.4-12.4】

2頭併せ強め2馬身程先着。
僚馬が大きくよれる中であっても、真っ直ぐに淡々と走れているのは好感が持てます。
2馬身先着ですが、僚馬が大きくよれてロスが大きかったためにできた着差と見ることもできるので、着差はそこまで気にしなくて良いでしょう。

前走に比べると、今回の方がデキは良さそうです。
牝馬同士ならばもう少しやれても良さそうな部分は感じます。

ただし、ベストは加速ラップを刻んで52秒台前半の時計を出した時。
加速ラップというのがミソで、VM優勝時はしっかりと加速して終えていました。

今回は減速ラップとなりましたので、その点ではまだ良化途上なのかなと見ています。

ジュールポレール【B】

4月4日(水)栗東 坂路(良)
【51.7-37.5-24.6-12.2】

2頭併せ強め1馬身程遅れ。
僚馬を先行させ過ぎたような形になりましたので、この遅れはそこまで気にしなくて良いのでは。

休み明けの1戦となりましたが、デキは変わりなく来ていると思います。
前走の大敗要因としては距離の適正が問われたと思いますので、度外視して考えるならば、VMへ向けて視界良好と言える内容を消化できたのではないかと思います。
若干、本数が足りない印象も受けはしましたが、これだけ動ければ問題ないでしょう。

ソウルスターリング【A-B】

4月4日(水)美浦 南W(良)
【5F67.3-51.3-37.9-1F12.4】

3頭併せ内馬なりクビ差程先着。
4馬身から5馬身後方を追走し最後はクビ差先着ですので、デキが悪いということは一切考えなくていいでしょう。
さすがの動きと言っても良い内容です。

昨年の秋は追い切り内容から駄目なところが多く、特に前走のジャパンCの時は集中力がありませんでした。
その時から比べると、冬を越して精神面での成長も感じられる好内容を消化してきました。

立て直されてきた感じは受けますので、評価は上昇気配としておきます。

ただ、3歳春の頃の大物感漂うオーラは無くなっています。
もう少し雰囲気を漂わせる走りを見せた時の方がしっかりと走ると思いますので、こちらも良化途上と判断しています。

デンコウアンジュ【B】

4月4日(水)栗東 坂路(良)
【53.8-39.2-25.3-12.5】

単走強め。
良くも悪くも前走程度の仕上がりだと判断しています。
マイルは得意な舞台で、今回は牝馬限定の1戦ですので、更なる前進もあって不思議ではありません。

ミスパンテール【B】

4月4日(水)栗東 坂路(良)
【52.9-37.6-24.6-12.4】

単走馬なり。

時計自体は、前走の方が良かったと言えば良かったです。
その点ではデキ落ち評価としても良い範囲だと思います。

ただ、1週前の時計は久々の51秒台をマーク。
それだけ調子は上げていると判断することもできます。

ラップの刻み方がこの馬らしくないという部分が引っかかってしまいますが、全体的には前走程度のパフォーマンスは発揮できるのではないかと見ています。
上昇したというところは感じませんので、デキキープ程度に見ておくべき1頭です。

ミリッサ【A-B】

4月4日(水)栗東 坂路(良)
【51.6-37.8-24.9-12.6】

2頭併せ強め2馬身程先着。
前走は加速ラップを刻んでいますが、今回は減速ラップとなってしまいました。
ただ、51.6秒は坂路自己ベストですので、デキが悪いということはないでしょう。

1週前の時計を合わせて考えても、今回の方がデキは良いのではないかと推測しています。

もう少し雰囲気が出てきたらもっと前向きに評価して良いと思いますが、今はやや上昇気配までとしておきます。

ラビットラン【A-B】

4月4日(水)栗東 CW(良)
【6F84.2-66.6-51.3-37.4-1F11.6】

3頭併せ内強め1馬身程先着。
しっかりと先着出来たところはポイントが高いですが、きっちりと伸びて欲しかったという印象もあります。
最後は11.6秒ですので、しっかりと時計を刻めているのは刻めていますので、ここからメリハリというと厳しいかもしれませんが、やや動きが地味に見えた。

反応しているのは反応しているものの、もう少し弾けてくれたら評価し易いと感じます。

京都金杯の時はデキ落ち評価としていましたが、一息入れて疲れなどは感じません。
その分が先着に繋がっていると判断できます。

リスグラシュー【A】

4月4日(水)栗東 坂路(良)
【51.3-37.7-24.8-12.1】

2頭併せ末強め4馬身程先着。
さすがの動きと言える内容で、メリハリもあり雰囲気も十分です。

僚馬の後ろに馬体を入れて、ラスト1ハロンのところで横に出して追い出しにかかると反応は抜群。
実戦さながらの我慢させる競馬をやらせているのは、非常に好感が持てます。
こういう調教を常日頃から行うことで、馬はしっかりと覚えていきます。

51.3秒という時計でありながら加速ラップを刻む良い内容。
加速ラップを刻む時計の中では、坂路自己ベストではないかと見ています。
あまり坂路を苦にせず49秒台を刻んだこともある馬ですが、いつも減速ラップを刻んでしまうものの、51.3秒で加速ラップは並の馬では出せない時計ですので、本番でも非常に楽しみです。

レッドアヴァンセ【B】

4月4日(水)栗東 坂路(良)
【52.2-38.3-24.8-12.4】

2頭併せ末強め3馬身程先着。
50秒台も出せる1頭ですので、52.2秒というのは特に走ったという印象はありません。
特に今週の馬場は悪い状況でもないから、逆に52.2秒というのは少々物足りない印象も。

ただし、1週前に50.3秒を出していますので、当週は最後の反応を確認する程度だったと考えていいと思います。

僚馬に対しては着差が大きく開きました。
好調だと言うことで判断していいはずです。

前走は1600万条件を勝ったばかりですが、その時と比べてデキ落ちは考えなくていいでしょう。

ワントゥワン【B】

4月4日(水)栗東 CW(良)
【5F67.4-52.4-38.6-1F12.0】

2頭併せ内強め1馬身程先着。
2馬身後方を追走して直線入り口で並ぶと、そこから追われだして最後は1馬身程突き抜けました。
僚馬が一杯に追われる中で、強めに追われただけで抜け出せたのは好感が持てます。

前走の追い切り映像がありませんが、タイムを比較すると上昇とまでは言い切れないものでした。
ただ、雰囲気は良かったですので、デキ落ちということは考えなくていいでしょう。
前向きに評価したい【B】評価です。

阪神牝馬Sの最終追い切りまとめとオススメ馬

以上で12頭の追い切りをチェックしていきました。

今回の追い切りをチェックして上昇気配としてたのは、【A】評価のリスグラシューと【A-B】評価のアドマイヤリードソウルスターリングミリッサラビットランの合計5頭です。

ただし、今回のメンバーは、追い切りだけで見抜くのはなかなか難しいのではないかと感じます。

【B】評価の馬達も、仕上がりは良く、どの馬も力を発揮できるレベルに達していると見ていいでしょう。
今回の阪神牝馬ステークスは、まさに混戦模様で、前哨戦に相応しい力と力がぶつかる1戦になると思います。

要因としては、やはり条件戦を勝ったばかりの馬が賞金加算を目論むからです。
前走使われていることで仕上がりも良好ですし、賞金加算を目指すならば勝ちに拘って作っていくしかありません。

逆に、ソウルスターリングは昨年の秋でダメだった部分を立て直してきたことで、俄然面白くなってきた印象です。

今回は非常に難しい1戦となりそうですが、その分、配当は跳ねそうな気も。
ここは本番よりも面白い1戦になるのではないかと思ったりもします。

それではオススメ馬です。


  • リスグラシュー
  • ミリッサ
  • ラビットラン

稼ぎたいという夢を掴む

吉成周蔵氏が発起人となり、これまでバラバラだった「うまコラボ」「Hit Make」「競馬の殿堂」のサービスを統合。
競馬ファンが夢を掴む場所を作りたいという思いに賛同したサイトが堂々集結して生まれたのが「うまとみらいと」です。

タダで会員登録を行う方はココから

本登録に必要なものはメールアドレスのみ。
メールマガジンはいつでも解除することができます。

うまコラボは多数のWEBサイト、そしてWEB広告でも取り上げられていたのでご存知の方も多いはず。
超大手ウェブサイト(Ya○oo!Japan)の広告にも出稿していましたので、サイトの安全性は折り紙付き。審査が厳しいのが今の広告業界ですから。

競馬の殿堂は、完全無料を貫くことで会員との間に信頼関係を築くことを念頭に運営。
Hit Makeは、城戸氏が穴一筋15年で運営されてきたサイトで、これまでも多くの会員に笑顔と多くの配当を提供してきました。

話題になるほどまでに成長した「うまとみらいと」の一体何が凄いのか?

その1つは、完全無料から使うことができるという点。

例えば「うまコラボ」は、うまとみらいとに無料登録するだけで、各開催競馬場の午前中レース+その週の無料対象重賞1つの指数が見放題。

「競馬の殿堂」は、的中率90%オーバーを誇り、「Hit Make」では穴馬探しもお手の物。

会員数10万人以上の圧倒的な会員数を誇る「うまとみらいと」だからこそできる、これまで積み上げてきた実績、そして信頼。
多くの会員様に賛同していただけることは誇りでもあります。

皆さんの疑問に思っているかもしれません。どうやって稼いでいるのかということです。
何も悪いことはしていません(笑)

ちゃんと有料サービスもあります。
月額定額のものや買い切りのもの、有料の部分がないと運営はできませんから。
しかし、有料サービスへの念押しがなくても、有料会員数も右肩上がりで伸びています。

それは、無料で満足できなくなった会員が多いということ。
裏返せば、無料会員だけで得られる利益だけでは満足できなくなったという証拠ではないでしょうか。

今始めなければ、きっとあなたは後悔する。

もちろん、うまとみらいとを知らないのであれば、後悔しようもないでしょう。
しかし、今、この瞬間、知ってしまった、うまとみらいとの存在を。

あなたの知らない競馬の世界、少しだけ勇気を出して広げてみませんか?

的中・利益の全てが詰まった情報がこのうまとみらいとにはあります。
競馬に未来への可能性を感じたい方は、今すぐ無料の会員登録をするところから始めましょう。

ちなみに、今週の無料対象レースは『菊花賞』
今登録すれば、今週末の指数公開に間に合う。だから今登録するのをお薦めします。

無料会員登録はコチラから

本登録に必要なものはメールアドレスのみ。メールマガジンはいつでも解除することができます。
仮登録メールが送られてくるので、本登録を済ませてご利用いただけます。

スポンサードリンク

お役に立ちましたらシェアをお願いします

フォローする

スポンサードリンク
スポンサードリンク