フォローお待ちしております♪

Followしていただけるならこちらから

【阪神大賞典2016出走予定馬】騎乗予定騎手と推定オッズ

2016/3/15/

今週は天皇賞春の前哨戦の阪神大賞典・皐月賞の前哨戦スプリングステークス・NHKマイルCの行方を占うファルコンステークスとフラワーカップの4重賞が行われます。

改めましてこんばんは、リッキーです^^ 今週もご覧いただきありがとうございます。

今週一発目の更新は、阪神大賞典の出走予定馬などをみていきたいと思います。

と、その前に先週の日曜日の予想について軽く触れておきたいと思います。

まずはフィリーズレビューの予想から。2頭の馬連とワイド予想を行っていましたが、その2頭はリルティングインクとウインミレーユでした。

結果としてリルティングインクは6位。ウインミレーユは最下位の18位に沈みました。キャンディバローズが作るペースがスローに進んだのが敗因として挙げられそうですが、ウインミレーユは負け過ぎですね。勝ち馬から1.6秒も離されたということは、このクラスでは今後も苦戦を強いられそうですね。

続いて中山牝馬ステークスの予想ですが、コチラは面白みのないルージュバックとシュンドルボンの予想をお伝えしていました。

ルージュバックは2位、シュンドルボンは1位で馬連920円的中ワイド430円的中となりました。

単勝オッズでは4人気と1人気の決着でしたが、馬連は2番人気、ワイドも2番人気的中でした。穴馬を見つけるのであれば、メイショウスザンナを指名しておかなければならないレースでしたが、メイショウスザンナの追い切り配信が無かったため、フォローするのは難しかったですね。ルージュバックは落鉄の影響があったとかで、仕方がない2着だったかもしれませんが、この上位2頭の追い切りの雰囲気がとてもよかったので、そのままレースに直結したのかなと思います。的中できて良かったですが、もう少し穴っぽいところもフォローしておきたいなと思います。

それでは阪神大賞典の話へと入っていきたいと思います。阪神大賞典は天皇賞春の前哨戦に位置づけられていますね。記憶にもまだ新しいゴールドシップが得意としていたレースで、3連覇という偉業を成し遂げました。

過去30年の天皇賞(春)を振り返ってみると、優勝した30頭のうち13頭、単勝1番人気に支持された30頭のうち16頭は、同年の阪神大賞典に出走していた。“本番”に直結する前哨戦を制し、主役の一角として春の最強古馬決定戦に駒を進めるのはどの馬だろうか。

データ分析:阪神大賞典 今週の注目レース JRA

本番の天皇賞春へ直結し易いレースとしてJRAの公式ホームページでも取り上げられています。このことからも、しっかりとここを獲れるということは本番の舞台でも同様に的中へと結びつきやすいとも言えるかと思います。

しっかりと追い切りをチェックして、的中へ結びつけていきたいと思います。

出走予定馬

左から馬名・斤量・推定騎手・推定オッズ

  • アドマイヤデウス 57.0 岩田 5.2
  • アドマイヤフライト 56.0 藤岡佑 42.3
  • カムフィー 56.0 川田 17.3
  • カレンミロティック 56.0 秋山 8.8
  • サイモントルナーレ 56.0 - 352.6
  • シュヴァルグラン 55.0 福永 2.4
  • ストロベリーキング 56.0 水口 359.9
  • タマモベストプレイ 56.0 - 68.6
  • タンタアレグリア 55.0 蛯名 4.9
  • トーホウジャッカル 57.0 Mデムーロ 3.4
  • マイネルメダリスト 56.0 - 42.7

有力馬考察

トーホウジャッカル

前走は札幌記念で8位。14年菊花賞を優勝した実績を持つ1頭。

前走の札幌記念では1人気に支持されるも、結果は8着と苦戦。0.5秒差の決着だったが、結果以上に負けた印象。

昨年は体調が万全とは言えない中で宝塚記念と札幌記念に出走して、秋以降は全休。ここに照準を合わせてきたとはいえ7か月ぶりの実践がどう転ぶか。

シュヴァルグラン

前走は日経新春杯で2位。昨年10月から一気に3連勝で条件戦を突破した1頭。

前走の日経新春杯では勝ち馬のレーヴミストラルに離されたものの、中日新聞杯で優勝したサトノノブレスをハナさ交わしての2着。力は重賞でも通用するところを証明した格好となりました。

その3連勝の中で2勝は阪神2400が舞台。今回は3000が舞台だけに未知数ではあるものの、阪神実績は十分に持っている1頭。阪神のゴール前の急坂でも力が出せる事が証明できているのは心強い。

アドマイヤデウス

前走は京都記念で3位。昨年の日経賞を勝ってから勝ち星から遠ざかっている。

昨年の秋は天皇賞秋からジャパンCと有馬記念の古馬王道路線を進みますが、結果はいずれも凡走。

ただ、有馬記念では復調気配をみせ、京都記念では3着に入り復調してきているのは具体的になってきているでしょう。

メンバー的には京都記念と同等程度と捉えても遜色ありませんので、ここでもまた好走できる可能性は大きいでしょう。

注目馬

今現在注目しているのはタンタアレグリア。

昨年の菊花賞では4位、今年のダイヤモンドSでは4位と3000m以上のレースで大崩れはなし。

今回は前走よりもメンバーが強化されたが、試金石の1戦。大敗するようでは今後のローテに影響が出てくるだけに、なんとしてでもまずはここでという思いは強いはず。

メイチとまでは行かないまでも、好仕上がりに期待したい1頭です。

これまでの悩みを解消!
『コラボ@指数』は簡単に的中へと近づける神ツールだった!

今週の無料公開対象レースは『第157回天皇賞(春)』。
血統理論×スピード指数×統計データ×適正指数を組み合わせたコラボ@指数で、
長距離適正の高い馬をあぶり出す。

あなたも天皇賞春の指数をチェックしましょう!!

さて、これまでのデータは、漠然と切る馬は見つけられても勝つ馬を見つけるのは大変な作業でした。
結局、消去法で残ったのは、有力視されている馬ばかりということも多々ありました。
データ競馬の限界、そう考えることもありました。

そんな常識を覆す、全く新しい異次元の競馬データが公開されましたのでご紹介します。
まだ使ったことがない方は、オススメのサイトですのでご利用されてください。

直近の成績も安定して的中しています。
あなたはこれほどまで的中を叩き出していますか?

直近の成績でも、これだけの数字を叩き出しています。
指数上位6頭に注目するだけで、あなたの馬券は大きく変わっていくことでしょう。

今スグ無料登録をされる方はコチラ

この『うまコラボ』を使うことで、あなたは以下のことが可能になります。


1.予想する必要はないのでその時の感情に左右されない
2.1レースの買い目を、たった1分で出すことができる
3.点数は36点~60点(3連単の場合)
4.3連単が3回に1回的中させる事ができる
5.その結果、猛烈なスピードで競馬収支が上がる


10回に1回的中すれば良い方と言われてる三連単が、手間なく少点数で3回に1回的中。
3連単が3回に1回的中というのは凄いことです。

「当たらない・・・イライラする・・・。」
そんなこれまでの競馬は一瞬で過去の話になります。
これまで感じていた悩みから解放されることでしょう。

<うまコラボの利用方法>
すべての方、登録無料をお済ませ下さい。
■無料会員:各競馬場の前半戦6Rまで指数見放題+北条ブログにて対象重賞指数公開
今週は『天皇賞春』の指数を無料でご覧いただけます。
■有料会員:各競馬場の12Rまでの指数見放題(有料へ申込の方のみ)

無料会員でも、1日のうち数レース分の指数が見れます。
これは本当におトクです!見ないという選択肢を選ぶことはモッタイナイ!!

以下のリンクからお進みいただき、メールアドレスを登録して下さい。仮登録メールが送られてきますので、メール内記載のURLをクリックすると、無料会員登録が完了します。

あなたも指数という強い武器を手に入れて、馬券成績を向上させましょう。

今週の無料公開対象レースは『第157回天皇賞(春)』。
血統理論×スピード指数×統計データ×適正指数を組み合わせたコラボ@指数で、
長距離適正の高い馬をあぶり出す。

あなたも天皇賞春の指数をチェックしましょう!!

今スグ無料登録をされる方はコチラ

-出走予定馬
-