フォローお待ちしております♪

Followしていただけるならこちらから

🐴阪急杯 2017 最終追い切り評価|シュウジ元気に51.4秒の好時計!

2017/2/24/

こんにちは!
爆穴ブログのリッキーです。

この記事では、阪急杯の最終追い切り🐴評価について記載しています。
今回、映像配信があったのが10頭でした。
メドウラーク・ナガラオリオンの映像はありませんでしたが、配信のあった10頭をしっかりと見ていき、予想に繋げていきたいです🙆

ちゃちゃ
1着馬には高松宮記念への優先出走権が付与されるよ

追い切り考察

評価は【S/A/A-B/B/B-C/C/D】の7段階評価です。
評価について、詳しくはこちらをご覧ください。

シュウジ【C】

2月22日(水)栗東 坂路(重)
【51.4-37.6-24.5-12.3】

単走強め。しっかりとした足取りで駆けあがっています。
最後は0.1秒時計を落としていますが、最後も12.3秒であれば問題ない範囲という見方もできます。

ただし、前走は全体50.8秒で、加速ラップを刻む追い切り内容でした。
その点を見ると、全体時計もまだまだ届きません。
状態としては一息入って仕切り直しの1戦という見方の方がいいでしょう。

ダイシンサンダー【B】

2月22日(水)栗東 坂路(重)
【51.5-36.7-24.0-12.2】

単走強め。実質的には斜め横に2頭併せの馬がいますので、3頭併せのような格好となりました。
その馬達と併入する形で終えました。

時計は最後に0.4秒落としていますが、1週前には最後の2ハロンを11.7秒-11.9秒で走っているので、仕上がりは良さそうに思います。

ただ、51.5秒という時計は、この馬はいつでも出せるのは間違いないので、その点では大きな上昇とまでは言えないのかなと思います。

トーキングドラム【B】

2月22日(水)美浦 南W(良)
【6F84.7-70.1-55.5-41.1-1F13.6】

3頭併せ中馬なり1頭1馬身遅れ、1頭併入。

遅れはしたものの、着差よりも時計を気にしながらの追い切りのように感じます。
僚馬が強めに追われ始めても動じずにじっとしていましたので、馬なりでという指示が出ていたもののと思います。

馬なりでしたので、そんなに時計的には悪くないと思います。
余力ある走りでしたので、状態としては可もなく不可もなくと言えるでしょう。

ヒルノデイバロー【B】

2月22日(水)栗東 坂路(重)
【52.2-37.4-24.0-12.0】

2頭併せ強め3馬身程先着。道中、単走追いの馬を交わす為に大きく進路を変更するなどのロスがありましたが、最後は12.0-12.0秒で終えています。

1週前はややチグハグな追い切りとなっていましたが、時計は50.9秒。
2週続けて強めに追えているので、状態の良さが伝わってきます。

前走は加速ラップを刻んでいましたが、状態としては距離ロスなどもありましたので、そこまで変わりないと思います。

ブラヴィッシモ【C】

2月22日(水)栗東 坂路(重)
【51.8-37.5-24.8-13.0】

2頭併せ強め3馬身程遅れ。
最後は1.2秒も時計を落としてしまう内容となり、少々不安が大きい1頭のように思います。

さすがに上昇気配とは言えないです。
どこか問題があるような失速の仕方をしているので、疲れなどが出てきている可能性は排除できません。

2走前の京阪杯は、最後に時計を大きく落として7着でした。
1.2秒も離される内容でしたが、その時の追い切りとよく似ています。

単なる2走ボケの可能性もありそうですが、今回は不安の方が大きい追い切りとなりました。

ミッキーラブソング【B】

2月22日(水)栗東 坂路(重)
【52.1-38.2-25.0-12.6】

2頭併せ強め併入。僅かに脚色はミッキーラブソングの方が良かった程度で、殆ど差のない着差でした。

前走と比べると、1週前は今回の方が時計の刻み方は良かったです。
ただ、全体的に前走と比較しても変わりない仕上がりのように見えてしまいます。

昨年のこのレースで4着に入っていますが、その時と比べてもあまり差のない追い切りができたのかなと思います。
ただ、前走の負け方を見ると、徐々に力が落ちているのかなとも思います。

単純に時計だけを比較すると、昨年前半の方が全体時計が良いので、力が落ちてきた可能性は否めません。

ムーンクレスト【B】

2月22日(水)栗東 CW(不良)
【6F85.1-68.1-53.4-39.5-1F12.3】

単走末強め。しっかりと動かされていますので、良い状態と言えるかもしれません。

序盤をゆっくり入って、最後に時計を出す追い切りを行っていますが、反応の良さは今回の方がいいのかなと思います。

ただ、全般的にはあまり大きな上昇は感じません。
この馬のなかでは走れる状態は整ったと言えますが、ガツンとエンジンが入るところを見たかったですね。

ロサギガンティア【B】

2月22日(水)美浦 南W(良)
【5F70.4-53.7-40.0-1F12.8】

3頭併せ強め併入。僚馬が馬なりで走っているところに強めで併入というのは地味に見えてしまいます。

ただ、3馬身程後方から直線向いて横に並ぶところまでは良かったですし、その後の加速も良かったと思います。

状態としては前走と同じくらいと見ていいのではないでしょうか。

木曜追い切り馬

カオスモス【B】

2月23日(木)栗東 坂路(不良)
【50.8-37.8-25.2-13.1】

2頭併せ強め1馬身先着。最後の方で左後を確認する部分があり、その点が気になりました。

最後は1秒も時計を落とす減速ラップとなりましたが、全体50.8秒であれば特に問題ない範囲と言えるでしょう。
いつも通りのこの馬の仕上がりと見るべきで、大きな上昇や下降は感じません。

逆の見方もすれば、そろそろ引退の2文字も見えてきているのかもしれませんね。
武幸四郎騎手の最後の重賞騎乗。
花を添えるのは少々厳しいかもしれません。

ちゃちゃ
武幸四郎騎手の最後の騎乗は12Rのメイショウオオカゼです

テイエムタイホー【B】

2月22日(水)栗東 CW(不良)
【6F85.5-69.2-53.5-39.1-1F11.5】

単走馬なり。時計はしっかりと出ています。
全体時計が伸び悩んでいますが、徐々に加速をしていく加速ラップを刻めているのは好感が持てます。

ただ、近走の走りを見る限りではこの時計でも厳しいのかなと思える時計でもあります。
前走時は最後に11.9秒の好時計を出して、1着馬から0.7秒差の10着は、今回もさすがに厳しいのでは。

阪急杯の追い切りまとめの考察

以上、10頭の追い切りをチェックしていきました。

残念ながら、今回の追い切りで上昇気配を示す馬がいませんでした。
どの馬も調子が上がってこないか、下降線に入っているか、それとも前哨戦仕上げということが言えますね。

こうなると難しいので、シュウジとの周りとの地力の差を考慮しなければなりません。

今回のシュウジの評価は【C】評価で、前走の方が良かった追い切り内容でした。
それと比べて、前走と変わらない内容で出走できるのではないかと見た【B】評価の馬の中でも、特に好走していたロサギガンティア辺りが逆転できるのかということが言えるかと思います。

その辺りを考えながら、追い切り評価のまとめをしていきます。

今回の追い切りでお薦めしたいのはシュウジです。
【C】評価ではありますが、休み明けからでも走れる点は考慮しなくてはなりません。
今回は仕上がりは明らかに甘いです。
それは否めません。
しかし、周りも大きな成長を感じないだけに、ここは地力の差が出てしまうのではないでしょうか。

2頭目にお薦めしたいのは、ロサギガンティアです。
伸びが最後は鈍ってしまい、その点だけは気になるポイントですが、それ以外はでは特に悪いと思うことはありませんでした。
伸びが鈍った最後の時計も、12.8秒で走れていますので、特に問題ない範囲だと思います。

3頭目にお薦めしたいのは、ヒルノデイバローです。
こちらも前走からの上昇度で言えばないのかなと思いますが、いい形で前走の状態をキープできていると言えます。
可もなく不可もなくというのが、今回は前向きに見れるかと言えるでしょう。

4頭目にお薦めしたいのが、ダイシンサンダーです。
特にこれと言って目立ったものは感じませんでしたが、今回の映像配信があったメンバーの中でお薦め馬を記載するとなると、この馬が候補になるでしょう。

以上の4頭をお薦めして、阪急杯の追い切り考察を終わります。

今週は日本ダービー(G1)と
新設重賞の葵SでW勝負!

いよいよ日本ダービーです。3歳馬最強を決める戦い。
勝負するならココしかありません。

APLI(アプリ)」という競馬予想サイトです。

まず、先週のオークス。

5/20 東京11R
オークス(G1)
三連単12点✕1000円
的中 33,600円

1番人気・4番人気・2番人気の順当な決着でしたが、しっかりと的中。
最近の調子を見ている限り、この程度の展開なら取りこぼすことはなさそうな印象です。
ダービーとオークスは東京2400mでコースが同じなのもプラス材料です。

その前だと、NHKマイルCで100万超の払戻金を叩き出しています。

5/6 東京11R
NHKマイルカップ(G1)
三連単12点✕1000円
的中 1,295,600円

NHKマイルカップは1番人気のタワーオブロンドンが12着に沈み、
6番人気⇒2番人気⇒9番人気という難しい決着となりましたが、
そこをたったの12点買いで的中させたAPLI(アプリ)の実力は評価しなければならないでしょう。

堅いレースも荒れたレースも的中しているのはオッズに流されることなく、
本当に走れる馬をしっかりと見抜いている何よりの証拠です。

もちろん、APLIはG1レース以外でも的中しています。
平均して土日で10〜15本は的中しているイメージです。

固く数万円の的中を拾う時もあれば、大きく100万超の的中を叩き出す時もあります。

無理をして高配当狙いをするのではなく、的中最優先な姿勢は好印象です。

「走る馬を見抜く」

基本的なことですが、それをしっかり実践しているAPLIは利用していてとても安心できます。
オッズで予想をするのではなく、後からオッズはついてくるものです。

無料予想も充実していますし、抑えておいて損はありません。
是非、チェックしてみてください。

APLI(アプリ)公式サイトはこちら

※メールアドレスだけで登録可能です

Character by : © ぴよたそ

-追い切り情報
-

お小遣いを貯めるならこの方法!

1
お小遣いの範囲で競馬をやっているなら、そのお小遣いを増やすためにやるべきたった1つのこと

爆穴ブログ管理人のリッキーも使ってます。ポイントサイトを使ってポイントをキャッシュバック。自己アフィリエイトで数万円ならスグに稼げます。節約に興味がある方、自己アフィリエイトに興味がある方には、ぜひ。