函館スプリントステークス 2018 最終追い切り評価|ナックビーナス上々の中間の動き

函館スプリントステークスの最終追い切り考察を中心に行っています。
前走の追い切り映像やタイムなどを比較し、今回の状態の良し悪しを判断しています。

サマースプリントの第一戦目ではあるものの、メンバーはそこまで集まった印象は無し。
G1馬の出走もありますが、近走は疑問符という状態です。

また、ローカル開催となると、追い切りから輸送ではなく、輸送してから追い切りとなるため、これまでの栗東もしくは美浦のコース、坂路とは違う為、時計の判別が難しくなります。
雰囲気だけで選ぶのも難しいので、追い切り考察が難しくなりますが、走る馬を見つけられるように頑張りたいと思います。

函館SSの追い切り考察

評価は【S/A/A-B/B/B-C/C/D】の7段階評価です。
評価について、詳しくはこちらをご覧ください。

アドマイヤゴッド【B】

6月13日(水)函館 芝(稍重)
【5F67.3-51.9-37.5-1F11.9】

2頭併せ馬なり半馬身程遅れ。
僚馬に遅れてしまう内容で、見た目はとても地味なものになってしまいました。
時計も誇れるものではなく、状態的にはそこまで高くないのでは。

エポワス【B】

6月13日(水)函館 芝(稍重)
【4F59.4-42.3-1F12.9】

単走馬なり。
輸送後の追い切りとなったため、そこまで目一杯やったという感じではないので、これはいつものパターンとは違うものに。
いつもは坂路でしっかりと追い切ってから本番に挑みますので、このパターンでどうか。
10歳馬ですのでどこまでやれるのかは疑問が残りますが、昨年のキーンランドCを制しているように洋芝適正は高い。

今回の仕上がりでどこまでやれるのか。
ただ、前走時は雰囲気がいい中で凡走していますので、今回のデキでは厳しい印象も。

キングハート【B-C】

6月13日(水)函館 W(重)
【5F73.4-58.2-42..8-1F14.0】

2頭併せ強め半馬身程先着。
リズムの悪さを感じる内容でした。
もう少しリズムよく走れる方が状態がいいのではないかと見ています。

ただ、時計の根拠があまりに乏しい印象。
外々を回ったわけではないので、もう少し走れても良かったのではないかと見ることもできます。
最終追い切りでは時計を出してくるのがこの馬のやり方ですが、パターンを変えてきたのであれば良いのですが、輸送の疲労が抜けていないなど状態面で問題が考えられるので少々不安視したい。

ジューヌエコール【B】

6月13日(水)函館 芝(稍重)
【5F66.7-50.5-36.3-1F11.8】

2頭併せ内馬なり併入。
脚色は僚馬の方が良かったです。

少し掛かりながらの追い切りではあったものの、最後はスムーズに走れていたので、なんとか我慢ができたという感じ。
鋭さ等の雰囲気もなく、脚色は僚馬の方が良かったですので、調整程度の内容までとなりました。

概ね整っていると見ていいでしょう。

ただし、近走の成績では少々厳しい印象。

セイウンコウセイ【C】

6月13日(水)函館 W(重)
【5F67.3-52.9-38.8-1F12.9】

単走強め。
全体的に集中力に欠ける走りをしていて、周りを気にする素振りを見せていました。

直線で追われてからは素早く反応し脚の回転も速くなりましたが、好調時はもう少し動けていると思いますのでデキが上昇した状態という感じには感じませんでした。
前走時は上昇気配としておきながら、結果は12着と大敗。
今回も同程度の評価でいいのかなとは思いましたが、雰囲気は落ちたと判断してデキ落ちとしています。

ダイアナヘイロー【B-C】

6月13日(水)函館 芝(稍重)
【6F76.0-61.6-48.3-36.2-1F11.9】

単走一杯。
肩鞭が2回入る内容で、意欲的な乗り込みでした。

時計に物足りなさを感じる部分もありますが、概ね全体的には良好の内容だったと言えます。
ただ、前走から一息入っていますので、そこで少々デキ落ち感はありますので、厳しくデキ落ちと評価しておきます。

能力的にはこのメンバーでも上位に位置していますので、その点ではこのデキでもある程度はレースになりそう。

初めて洋芝のコースに入りましたが、時計がそこまで出ていないのが気になるものでした。
適正が疑われる印象は受けますので、そこをどう判断するのか。

タマモブリリアン【B】

6月13日(水)函館 W(重)
【5F69.1-53.8-39.6-1F13.2】

単走強め。
斜め前に単走追いの馬がいますので、実質的には2頭併せのような格好。

単走追いとなっていますが、途中で1頭パスしています。
そのときにやや掛かるような仕草を見せていて、操縦性に疑問が残る内容となりました。

ゴール直前に鞭が一発だけ入っていますが、追われたのはゴール後と言う内容。
特に悪いところはないとは思いますが、掛かったのが少々気がかり。

ティーハーフ【B】

6月13日(水)函館 W(重)
【5F70.8-54.7-40.6-1F12.6】

単走馬なり。
ゴール後に強めに追われる内容となりました。
ただ、全体70.8秒でわかる通りで、ゴールまではゆったりとした流れとなりました。

雰囲気的にはいつものこの馬の動きと大差なし。
前走の追い切りの映像がありませんのでなんとも言えませんが、8歳馬となりましたが、この馬の実力は出せるのではないかと思います。

ノットフォーマル【B】

6月13日(水)美浦 南W(稍重)
【5F68.6-53.4-39.8-1F13.2】

単走馬なり。
輸送を考慮したのか、馬なりでの内容までとなりました。
それでも元気な姿を披露しているので、ここまでは順調に来ていると見ていいでしょう。

ただ、時計の根拠は明らかに前走の方が良かったですので、デキ落ちとまではいきませんが、どこまでやれるのかという雰囲気は感じます。

ヒルノデイバロー【B】

6月13日(水)函館 W(重)
【5F67.1-51.5-37.9-1F13.1】

2頭併せ外強め併入。
脚色はヒルノデイバローの方が良かったですが、ハナ差程度は遅れていたような形になりました。

コーナー部分では抜け出すも、直線向いたところで一旦離されそうになります。
それでもアタマ差ほどで粘って、最後は追いついたところがゴールでした。

一度離されそうになるのはいかがないものかと思いますが、ヒルノデイバローが外を回っている分だと思いますので、そこまでは問題ではないでしょう。
動きが悪いということはありませんので、前走程度には走れるのではないでしょうか。

ユキノアイオロス【B】

6月13日(水)函館 芝(稍重)
【5F71.4-54.8-39.5-1F12.3】

単走馬なり。

特に悪いところは感じない内容でした。
少し元気がないようにも感じますが、概ねこの程度は走れるくらいに捉えておけばいいのではないでしょうか。

ライトフェアリー【B】

6月13日(水)函館 芝(稍重)
【5F66.3-50.0-36.0-1F12.3】

単走馬なり。
少々促されていましたが、馬なりの範疇。

首が上がっていてスピード感は感じませんでした。

ただ、この馬の追い切りを見るのが初めてに近い状態ですので、この馬がいつもこのように首を高くしてここ2走結果を残しているのであれば、それはそれで良い傾向と見ることが出来ます。
伸び伸びと走っていますので、その点ではデキが悪いということはないと思いますが、少々、伸びのある走りをしている割には首の位置が高い程度に捉えておいていいのではないでしょうか。

ワンスインナムーン【B】

6月13日(水)函館 芝(稍重)
【5F66.7-50.3-36.0-1F11.5】

2頭併せ内強め1馬身程先着。

動き自体は決して悪くないという感じ。
手放しで良かったとも言えないですけど、上々の動きは出来ていたのでは。
もう少し雰囲気が良くなってくるといいかもしれません。

前走の雰囲気から悪くなったということもありませんので、休み明けの影響はそこまでないのではないかと見ています。

木曜追い切り馬

ナックビーナス【A-B】

6月14日(水)函館 W(稍重)
【5F73.1-57.0-41.7-1F13.6】

単走馬なり。
調整程度の内容ではありますが、この中間はとても意欲的に乗り込まれているので、特に問題はないのではないかと見ています。

前走が高松宮記念3着の実績でした。
しかし、今回の方が仕上がりがいいのではないかと見ています。
サマーシリーズ制覇から高松宮記念という青写真を描いてる可能性も感じるだけに、少し注目しておきたいです。

ノボバカラ【B】

6月14日(水)函館 芝(良)
【5F63.2-48.2-35.5-1F11.4】

単走一杯。
しっかりと負荷が掛けられている内容で好感は持てます。

前走の方が仕上がりは良さそうかなと感じますが、全体的にはデキは変わらず来ているのかなと見ています。
ただ、近走の成績ではオススメするのも難しく…。

ラインスピリット【B】

6月14日(水)函館 W(稍重)
【4F56.4-39.6-1F12.5】

単走馬なり。
決して動きは悪くないとは見ていますが、舌を出して走っていて集中力に難がありそう。
時計的には悪くはないだけに、少々気になる内容ではありました。

前走程度のデキだとは見ていますが、少々疑問も残るものでした。

函館SSの追い切りまとめとオススメ馬

函館SSに出走予定馬の追い切りをチェックしました。

今回の追い切りで上昇気配を示していたのは、【A-B】評価のナックビーナスでした。
オススメ馬の1頭目はナックビーナスで問題ないのでは。

前走の高松宮記念の追い切りでは仕上がりが上昇したとは思いませんでしたが好走を見せました。
中間の時計判断だけですが、前走時に比べても今回の方が上の仕上がりですので上昇気配としておきます。

その他では、ワンスインナムーンの仕上がりも良さそうでした。
前走時は決して悪くはない仕上がりだと思いますので、引き続きの【B】評価ですので悪く見る必要はないです。

追い切り的には、今回の主役はナックビーナスで、そのあとにワンスインナムーンが続く格好です。
それ以外に追い切りでオススメと言われると少し難しいですが、ダイアナヘイローは1週前に猛時計を叩いているので、仕上がりは悪くないか。

波乱を起こす3歳馬もいませんので、今年は堅い可能性も十分にありますね。

  • ナックビーナス
  • ワンスインナムーン
  • ダイアナヘイロー

平成最後の有馬記念は掴む・・・!

こんにちは!久々の爆穴ブログ登場の馬女のマナミです(*´ω`)ノ

さあ!いよいよ有馬記念が迫るンゴねぇ🏇🏻😍

有馬記念が締めくくりという方も多いんかな?
ここは一発、馬券を的中させてぇところですよね!

実はマナミ、今年に入ってから的中率が上がったんですよ☝☝

利用者10万人の競馬指数「うまコラボ」
というサイトを参考にするようになってから的中精度がグーンとUPしたんです!

うまコラボは、『うまとみらいと』の1番凄いコンテンツですよ🏆

今週末から指数は見逃せないです😜

ちなみにコチラは「うまコラボ」の過去4年の有馬記念の指数及び結果一覧です。

(2014年)
1着:ジェンティルドンナ 指数05位/指数値22
2着:トゥザワールド   指数14位/指数値50
3着:ゴールドシップ   指数02位/指数値16

(2015年)
1着:ゴールドアクター  指数03位/指数値21
2着:サウンズオブアース 指数09位/指数値31
3着:キタサンブラック  指数04位/指数値24

(2016年)
1着:サトノダイヤモンド 指数01位/指数値08
2着:キタサンブラック  指数02位/指数値13
3着:ゴールドアクター  指数03位/指数値16

(2017年)
1着:キタサンブラック  指数01位/指数値07
2着:クイーンズリング  指数10位/指数値40
3着:シュヴァルグラン  指数02位/指数値12

*「うまコラボ」の注目POINT💥*

◆指数順位1位~6位まで推奨
◆指数値30以下の馬に注目
◆指数順位が7位以上でも指数値が30以下の時があるので要注意🤚

有馬記念を勝ち進んで2019年へ向かいましょう~👌👌
マナミと一緒に栄光を掴みませう(=゚ω゚)ノ

\ 指数と言えばうまとみらいと😘 /

[無料会員登録]
混戦模様の有馬記念の
指数をチェックする

たった1分の作業で指数をチェックすることができます

スポンサーリンク