函館記念 2018 予想の見解|最終考察をまとめて2頭の馬連とワイドで勝負

追い切りをチェックした函館記念。
そこから導き出された予想について記載しています。

函館記念のポイントとしては、まず1人気が勝てないこと。
ここまで11年連続で敗れています。

今年もその流れを受け継ぐのかどうなのかというのが誰もが気にするポイントだと思うのですが、函館記念の追い切り考察的にはトリコロールブルーの動きを見ると、切るのは難しいという判断です。

函館記念の最終追い切り考察を中心に書いていますので、情報をお探しの方はご覧ください。前走の追い切りタイムや映像を比較して、前走からどうなったのかをチェックして評価しています。トリコロールブルーが意欲的な動きを披露してくれましたが、同時に違和感も。サクラアンプルールは8割のデキまでか。

W杯の決勝にトリコロールのフランスが残っているのもサインのような気がします。
トリコロールブルーの活躍に期待が持てる1戦だと見ています。

そうなると2頭目を選ぶのが今回の函館記念の需要ポイントになりそう。

2頭目は先行勢のあの馬

追い切りでおすすめしたのは、マイネルハニーブラックバゴの2頭でした。

枠順をチェックすると、ブラックバゴは1枠1番の最内枠。
一方で、マイネルハニーは6枠11番からのスタート。

今週からBコースの函館開催。
内柵の方が痛みが残っていて、コースを変えてもカバーできないみたいです。
JRAの馬場の写真を見ても、勝負所では痛んでいるのが分かります。

ただ、内が完璧に止まるほどの荒れ方ではないと見ることもできるので、その点では、コース替わりで前が止まらない展開に期待したい。

そうなるとマイネルハニーを選択したい。

前走の巴賞では3人気を裏切る8着。
ただ、OPを2勝しているだけあって、着順を見ると8着でも、勝ったナイトオブナイツには0.4秒差で2馬身の差のみ。

洋芝の函館のレースで走れたのは大きな収穫。
特に重馬場で馬場が荒れた状態のレースを制していることからも、今回は期待が持てます。

函館記念の予想まとめ

今年の函館記念は、トリコロールブルーとマイネルハニーの2頭の馬連とワイドで勝負したいと思います。

想定馬連オッズは26.4倍。同ワイドは11倍前後を考えています。
買い方はいつも通り1:10の買い方で。あとは神様に祈るばかりです。