函館2歳ステークス 2017 最終追い切り予想|5段階評価とお薦め馬

こんにちは!
爆穴ブログのリッキーです。

この記事は、7月23日に実施される函館2歳ステークスの最終追い切りの考察を行っています。
映像配信のあった馬をチェックし、状態の良し悪し、そして時計などから前走との比較を行っています。

今回は2歳重賞ということで、前走の追い切りデータが出揃っていない中での考察のため、どうしても精度が悪くなる一面もあります。

しかし、2歳馬のこの時期は、単純に追い切りで走った馬が、本番でも走るということは往々にしてあるので、その辺りもお伝えしていきたいと思います。

追い切り考察

評価は【S/A/A-B/B/B-C/C/D】の7段階評価です。
評価について、詳しくはこちらをご覧ください。

アリア【B】

7月19日(水)函館 W(良)
【5F69.2-53.9-39.5-1F12.4】

2頭併せ内強め併入。
僚馬の方が脚色は良かった印象は受けますが、時計も出ているのでそこまで気にしなくていいのかもしれません。

前走のデビュー戦の追い切りでは、同じく2頭併せで外を回り【5F68.9-1F13.5】という時計で、ラストの時計は今回の方が断然良くなっています。
前走使われたことで、上昇気配を示していると思ってもいいでしょう。

ただ、その時は1馬身抜けてのデビュー戦勝利で、今回は脚色僅かに僚馬の方が良い中での併入でした。
その点を考慮すると、プラマイゼロという見方もできます。

ウインジェルベーラ【B】

7月19日(水)函館 W(良)
【5F67.9-53.5-39.5-1F13.4】

単走強め。
しっかりと追われたというよりも、馬なりの範疇からやや強めにやった程度で、きっちりと追われたわけではないです。

現状では、無駄がやや多い動きのようにも感じます。
縦方向に跳ねているような走りなので、それが推進力に変わってくるとさらに良くなりそうな印象です。

ガウラミディ【B】

7月19日(水)函館 W(良)
【4F57.3-41.1-1F12.3】

2頭併せ内強め3馬身程先着。
僚馬が外を回る中、コース6分程を通過しているので、直線入ったところでは既に2馬身程前に出ている状態で、それから1馬身突き放したかなという内容でした。

ラストの時計は優秀ですが、全体時計は不満を覚える内容でした。
最後だけしっかりと追ったという内容でもありますが、ラストの時計は良かっただけに、全体時計を見ると少々不満も残る内容だったように思います。

前走からそこまで間隔が開いているわけではないので、最後に軽めの調整を行ったという見方が正しいのかもしれませんが、良くて前走維持程度で、上昇気配とまでは言い切れない内容だったように思います。

カシアス【B】

7月19日(水)函館 W(良)
【5F70.8-55.0-41.0-1F13.3】

単走馬なり。
終始馬なりでの最終リハとなりましたが、雰囲気などは上々で、特に悪いところは見当たりませんでした。

こちらもデビュー戦の時の追い切り映像が上がっていますが、その時に比べて終いの時計が遅いですが、その時は一生懸命に走っていた印象が、今回は程よく力も抜けていて好感が持てます。
現状では、前走程度ではないかと思うものの、デビューから3戦目ですが、デキ落ちは感じません。

キタノユウキ【A-B】

7月19日(水)函館 W(良)
【5F67.2-52.5-38.8-1F13.3】

2頭併せ内一杯半馬身先着。
脚色もキタノユウキの方が良かったです。

状態は悪いということはないですね。
しっかりと負荷を掛けても良い状態と判断する方がいいでしょう。
デビュー時の追い切り映像では、先着はしているものの、じりじりと詰め寄られる内容でしたので、今回の方が見た目がいいです。

現状では、勝ち負けに絡めるかどうか微妙な位置にいると思いますが、前走のデキにはあると思いますし、しっかりと負荷をかけるだけの追い切りだったことから勝負度合いも高め。
好勝負に持ち込めそうな雰囲気も感じます。

ジェッシージェニー【A-B】

7月19日(水)函館 W(良)
【5F69.5-54.1-40.6-1F13.1】

2頭併せ内馬なり2馬身程先着。
動き自体は調子の良さそうな動きをしていました。
デキ落ちは感じないものでしたが、若干、迫力不足にも感じるほど淡々と走っていました。

函館が合うのかどうかは微妙に感じるほど、軽やかに走っていて、やや大跳びのような印象も受けました。
レースを観ると、そこまでの大跳びの印象は受けなかったんですが、追い切り映像からは軽やかな走りでありながらも時計が出ている内容で、その点は好感が持てます。

東京とか阪神コースなどが合いそうな雰囲気は感じるだけに、どのような走りを見せてくれるでしょうか。

スズカマンサク【B】

7月19日(水)函館 W(良)
【5F71.7-55.6-40.6-1F13.1】

2頭併せ外強め併入。
僚馬が内に進路を早々に取ったため、直線入ったところで2馬身程の差が開きました。
届かないだろうと思っていたんですが、伸び脚豊かに併入に持ち込みました。

状態自体は決して悪くということは感じませんでしたが、必死に走った割には時計が伸びていないのかなという見方もできます。
この走りであれば、ラストは12秒台後半で良かったので、12秒台が欲しかったところですね。

ダンツクレイオー【B】

7月19日(水)函館 W(良)
【5F71.4-55.2-40.1-1F12.8】

2頭併せ外馬なり1馬身半程遅れ。
動き自体は良かったと思う反面、やや体が薄いように感じました。
僚馬が一回り以上大きく感じるのは、走ったからではなく、単純にダンツクレイオーが細く見えるからという可能性も高いです。

それでも、時計は出ていますので、不調とまでは言い切れない仕上がりだと思います。
馬体重には気を付けたい1頭です。

デルマキセキ【A】

7月20日(木)函館 W(良)
【5F69.5-54.2-40.0-1F12.7】

2頭併せ内一杯半馬身先着。
2馬身程後方を追走し、直線入ったところで捕らえてという内容でした。

しっかりと時計も出ていますし、最後も12.7秒は立派です。
仕上がり良好と言える内容でしょう。

前走時は函館の芝で3頭併せを行っていて、その時と比べてしっかりと負荷を掛けられている状況を見ると、今回の方が単純に仕上がりがいいでしょう。

ナンヨープランタン【B】

7月19日(水)函館 W(良)
【5F69.4-54.4-40.2-1F12.8】

単走強め。
追われてからの伸び脚がやや鈍っているようにも感じますが、時計はしっかりと出ているので問題ない範囲と言えるでしょう。

特段悪いという印象は受けませんが、前走から比べても良くなったという印象はあまりうけません。
前走程度の内容ではないでしょうか。

パッセ【B】

7月19日(水)函館 D(稍重)
【5F67.5-53.2-39.3-1F12.4】

2頭併せ外強め1馬身遅れ。
他陣営の馬がいたので、実質的には3頭併せのような形になりました。
後ろからも2頭併せの馬が来ていたので、実践さながらという見方もできます。

しっかりと負荷は掛かっていると思いますが、遅れてしまった分地味に見えてしまいます。
現状では、特に悪いところは見当たらないものの、ズルズルと離されたところを切り取ると微妙かなと感じます。
良くても前走程度なのかなという気がします。

ベイビーキャズ【C】

7月19日(水)函館 W(良)
【5F70.5-55.3-40.4-1F12.9】

2頭併せ内末強めクビ差遅れ。
ベロを出していて、尚且つ映像スタート時にはやや掛かり気味での内容となっていました。

ベロは直線入って引っ込めますが、そうするとなぜか遅れていきます。
併入でもいいほどのクビ差遅れではあったものの、その点は少々微妙に映りました。

デビュー時の追い切りをチェックして感じるのは、集中力が全く違います。
映像スタートしたところから馬体は沈んでいますが、今回はそれがなく、デキ落ちを感じる内容です。

モルトアレグロ【B】

7月19日(水)函館 芝(良)
【5F67.0-50.4-37.1-1F12.2】

2頭併せ内強め半馬身程先着。
やや掛かりながらコーナーを回って直線へ。なんとか我慢しながらといった内容でした。
ゴール後にやや長めに追われているので、上記以上には走ったような形になっています。

上記の通り、我慢はできている範囲ではあるものの、もう少し行きたい素振りを見せていれば掛かっていたと思います。
なんとか我慢して直線へ入ると、グイグイ伸びてくるものの、最後は僚馬に盛り返されるような走りとなりました。

その点は少々微妙かもしれませんが、デキ落ちは感じないレベルで仕上がりはいいと思います。

リンガラポップス【B】

7月19日(水)函館 W(良)
【4F55.7-40.5-1F12.6】

2頭併せ内馬なり併入。
良くも悪くも前走程度の走りには期待が持てますが、上昇気配がない状況ではやや厳しいのではないかとも思ってしまいます。

デビュー時の追い切りでは芝を走っていますが、個人的には距離が伸びた方がいいのかなという時計の刻み方ではあるのかなという印象です。
脚の回転が速いわけではないので、マイル以上、中距離で結果を残していきそうな走りなのかなという印象は受けます。

デキ自体は、上にも書いた通り、前走未勝利戦と同じようなところではないかと思います。

函館2歳Sの追い切りまとめ

以上、函館2歳Sの追い切りをチェックしていきました。

今回の追い切りで上昇気配を感じるのは、キタノユウキ・ジェッシージェニー・デルマキセキの3頭でした。
特に【A】評価を行ったデルマキセキの走りは良かったと個人的には思っています。
好感度の高い走りをしていて、人気が低いのであれば、面白い1頭だと思います。

今回のメンバーでお薦めしたいのは、上記の上昇気配の3頭ですが、【A】評価のデルマキセキも良かったですが、メイチ的な作りをしていたのはキタノユウキでした。
しっかりと負荷をかけていた点は注目できるポイントですので、デルマキセキ→キタノユウキ→ジェッシージェニーのような見方をしてもいいでしょう。

もしかしたら、荒れる要素もあるのかなぁと感じる1戦になりそうです。
以上、函館2歳ステークスの追い切り考察でした。

競馬で勝ち続ける方法はあるのか?調べてみました

みなさんは何を参考に予想していますか?

僕は毎回、JRAのホームページや前走映像をチェックしてデータを確認して馬券を買っていましたが月間収支がどうにもプラスになりません。

週間収支さえも、毎週のようにマイナスになるので心が折れそうになった事もあります。

このままじゃ、ホントに家計がやばいと思って

「競馬で勝ち続ける方法」を調べまくりました。

その結果、ある一つの答えにたどり着いたのですがそれは、

「予想で本当に大事な事は出走表ではわからない。」

ということです。

自分で予想するとどうしても人気順に近い予想になってしまう。

だけど、人と同じ事を考えていては儲からないワケです。

僕が使えるお金は1日3,000円投資、月間予算が3万円程度。

少ない投資で勝ち続ける!これが僕の目標でした。

そこで先にお教えしますが
この競馬サイトを参考にしてから、1年間プラスです!

初めの1ヶ月でわかりました。これは使えると!

やっと今までと流れが変わってきました!

競馬は勝つ為に必要な情報はたくさんあります。

今調子がいい選手は誰なのか?

今日の勝負駆けは誰なのか?

メイチ仕上げの今日のレースを狙いに来ている馬は?

今日の有利なコースは?

勝ちやすいレースはどれ?

皆さんはどれだけ把握できてますか?

仕事の合間、スマホ片手で楽しむ僕には到底把握しきれません。

そこで初めてこの競馬サイトに身を預けてみたんです。

それからというもの最高に気分がよかったです!
以前はず~っとマイナスだったのに、今では毎月プラスで終えてるんですから!

7月はちょっと高い焼肉食べに行って、8月は嫁と娘と一緒にディズニー宿泊してきました!
超高かった(笑
実は、5月に初めて万券バーストにチャレンジしてみたら、
給料の3倍くらいの配当を手に入れちゃいまして・・・これは嫁にはナイショね

そして忘れもしない、今年の函館記念。
一撃915,320円を獲得してしまいました。僕にとってのメモリアルです。
そしてとうとう・・・競馬やってることが嫁にばれました(笑

今では休みの日は一応家族サービスを優先しつつ
でも家族で温泉旅行の合間にスマホで競馬を楽しんだりもしてますよ!

これからも勝てるうちに、どんどん稼いでいきたいですね!
もうシルバーウィークの予定も考え出さなくちゃ...嫁からの制裁が怖い(笑

僕と同じような境遇の人、もしくはちょっと資金を増やしたい人、

試しにこの競馬サイトの無料予想を使ってみるといいですよ

無料だからといって手抜きはなし!

的確な予想を出してくれるので、
まずはそこから試してみるのがおススメです!

登録後にメールが届きますので確認のURLをクリックすると利用できます。
当たり前ですけど登録しただけでお金が掛かる事はもちろんありませんし、
おかしな請求が来たりする事もないのでその辺も心配いりません(笑

登録費や年会費といったものは不要で始めることができます。

無料登録はこちら

メールアドレスのみで登録です。
メルマガ以外に有料発売の案内メール等も送信されてきますので、面倒な方はYahooメールなどのフリーメールアドレスをご利用下さると便利です。

スポンサードリンク

お役に立ちましたらシェアをお願いします

フォローする

スポンサードリンク
スポンサードリンク