フラワーカップ 2018 最終追い切り評価|ロックディスタウンは変わらず良い動き

フラワーCの最終追い切りの考察を行っています。
前走時の映像やタイムの比較を行い、状態が上昇しているのか下降しているのかを評価しています。

有力馬の考察や注目馬の紹介は、フラワーCの出走予定馬情報に記載しています。
注目馬として紹介したノーブルカリナンも追い切り映像が配信されていて、非常に好感の持てる内容を消化していました。
勿論、他に優秀な追い切りを消化した馬がいればそちらをオススメしますが、決して雰囲気は悪くありませんでしたのでので、その他にオススメできる馬がいるかどうかしっかりとチェックしていきます。

追い切り考察

評価は【S/A/A-B/B/B-C/C/D】の7段階評価です。
評価について、詳しくはこちらをご覧ください。

インヴィジブルワン【A-B】

3月14日(水)栗東 CW(良)
【5F65.3-50.4-37.3-1F12.2】

2頭併せ内強め半馬身差遅れ。
強め表記ですが、促された程度の内容でした。
遅れはしたものの、先着や併入に持ち込もうというよりも、自分のペースで走るようにしているようでした。

中間は坂路とCWを行き来しているんですが、CWでは時計をしっかりと刻めていますので、これでも仕上がりは良いのだと見ています。
1週前にしっかりと負荷を掛けている内容を行っていますので、デキが悪いということはないでしょう。

時計的には今回の方が断然ですので、本格化の兆しが見えてきているように感じます。
前走よりも今回の方が仕上がりは良好です。

ウスベニノキミ【B】

3月14日(水)栗東 坂路(良)
【53.3-38.5-25.3-12.8】

単走強め。
やや左右に振られる場面もありましたが、力強く伸びているのは好感が持てます。
時計的にはもう少し出ても良かったように感じますが、概ね前走程度は走れるでしょう。
若干ですが、左右に振られているところを見ると、見た目は地味な印象も。

カラリエーヴァ【B】

3月14日(水)美浦 南W(良)
【5F72.6-56.5-41.9-1F13.5】

2頭併せ馬なり半馬身差程先着。
半馬身差先着ですが、操縦性にはやや難がありそうな印象は受けました。

1週前の段階で江田照騎手が騎乗して消化していますので、最終は調整程度の内容に留めておきたいところだったとは思うんですが、行きたがる場面も見受けられました。
追えば走りそうなところは余裕があっていいのですが、本番で掛からないか心配となる最終リハとなりました。

カンタービレ【B】

3月14日(水)栗東 坂路(良)
【54.0-38.8-24.5-11.9】

単走馬なり。
前走時も馬なり調整で本番に挑みましたが、今回も馬なりでの調整でした。
1週前にMデムーロ騎手が騎乗してCWを走っていますが、概ね前走時と近いところで力は発揮できるのではないかと見ています。

前後左右に他の馬がいましたので、足音がしっかりと聞こえていたと思いますが、淡々と走れているのは良かったのではないかと思います。

もう少し迫力が出てきたら良さそうですが、走りを見ていると大人しそうな印象を受けるものでした。
ただ、時計自体は前走から良化していますので、デキが悪いということは決してないでしょう。

キープシークレット【B】

3月14日(水)栗東 坂路(良)
【53.0-38.3-24.9-12.4】

2頭併せ末強めクビ差程先着。
僚馬は強めに追われていましたが、キープシークレットは最後にやや動かされましたが先着しました。
一旦突き放すも、最後は脚色は僚馬の方が良かったようにも思います。
僚馬の方がエンジンの掛かりが悪かったと見ることもできます。

特に悪い部分は見つかりません。
状態面では特に変わりなく来ていると判断していいでしょう。

ただし、ダートのレースを勝ち上がっている点、芝のレースでは2桁着順を繰り返している点を見ると、適正そのものが不安です。
芝ダートの適正までは追い切りでは分かりませんので、その点ではどうなるでしょうか。

トーセンブレス【A-B】

3月14日(水)美浦 南W(良)
【5F68.0-53.1-38.8-1F13.0】

2頭併せ外末強め半馬身程先着。
地味に伸びたという評価の方がいいかもしれません。

もう少しメリハリのある動きをしてくれた方が見た目的には良かったかなと判断しています。

約3ヵ月実戦から離れているので、どこまでできるのかは未知数ではありますが、前走は【C】評価としていて4着でした。
その点を考慮すると、今回は一息入れて状態は戻ったようにも感じますので、上昇気配としておきます。

ただ、これで凡走されると、あまり追い切りは関係ない馬なのかなと見ておく必要があります。
中間の作り方としては、前走の方が良かったとは感じます。

ノーブルカリナン【A-B】

3月14日(水)栗東 CW(良)
【4F51.6-38.2-1F11.9】

2頭併せ内強めアタマ差先着。
時計は申し分ないです。
一完歩を少しずつ伸びて僚馬を交わす内容で、映像を観た限りでは地味ですが、時計はしっかりと出ていますので申し分ない仕上がりと見ていいでしょう。

1週前もしっかりと追われていて、2週続けてしっかりと負荷を掛けられました。
2週続けて負荷を掛けられる状態というのは前向きに見たい部分です。

前走時は坂路を使われてレースに挑んでいますが、今回はCWを選択しています。
状態は今回の方が良いと感じる内容でしたので、上昇気配としておきます。

ノームコア【B】

3月14日(水)美浦 南W(良)
【5F69.4-54.2-39.8-1F12.8】

2頭併せ内強め併入。
角度的に併入なのかアタマ差遅れているのかは見えませんが、一杯に追われる僚馬を、強めに追われて併入に持ち込めているのは前向きな評価としていいのではないでしょうか。

時計は出ていますので悪いということはないと見ていいでしょう。
久々の登場ということもあって、入念に乗り込まれています。
追い切りの時計だけを見ると、このくらいは走れる馬とも見ることができますので、時計だけを評価してしまうと痛い目を見そうですが、久々は特に気にしなくていいのではないでしょうか。
前走程度には走れる見込みです。

バケットリスト【B】

3月14日(水)美浦 南P(良)
【5F69.9-53.2-38.3-1F12.3】

2頭併せ内強め1馬身遅れ。
馬なりの僚馬に簡単に交わされる内容でした。

中間は坂路を使って負荷を掛けられていましたが、時計は今一つの部分で、時計の根拠に乏しいものとなりました。
前走は500万以下で10着という結果ではありましたが、デキ自体はその程度ではないかと見ています。

ファストライフ【B】

3月14日(水)美浦 南W(良)
【5F69.6-53.7-39.4-1F13.5】

単走馬なり。
脚捌きは軽快で、時計的にはもう少し走れても良かったのかなと感じるものでした。
動きと時計がリンクしていない印象は受けます。

ただ、1週前はしっかりと負荷を掛けられての今週の最終リハでした。
1週前の段階でしっかりと出来ていると思うので、最終は軽めの調整程度の内容だったと見ることもできます。

軽快な動きでしたので、仕上がり的には申し分ないと見ています。

メサルティム【B】

3月14日(水)栗東 坂路(良)
【54.5-39.3-25.2-12.7】

単走強め。
可もなく不可もなくと言った内容で、強調ポイントは特にありません。

連勝で来ていますので注意は必要だと見ていますが、馬場差を考慮した時計の比較でも前走程度だと判断していいです。
可もなく不可もなくの範囲での内容でした。

モルフェオルフェ【B】

3月14日(水)美浦 南W(良)
【67.1-52.4-37.7-1F13.1】

単走馬なり。
豪快な走りをしていますが、馬なりの範疇です。
特に悪い部分はなく、前向きに評価したい1頭ではあります。

1週前に負荷の高い追い切りを消化しているんですが、その点では最終リハは負荷はかけずの内容だったと見ていいでしょう。

ただ、前走時の追い切りも大分良かった点を考慮すると、調教駆けするタイプと見てもいいかもしれません。
このレースでどこまでやれるのかというのは注目したいポイントです。

ロックディスタウン【B】

3月14日(水)美浦 南W(良)
【4F51.2-37.7-1F12.7】

2頭併せ内末強め3/4馬身程先着。
とりあえず最後の時計が13秒台なら消しかなと見ていたんですが、しっかりと12秒台を刻みました。
追い切りでは毎回動いているので、これでも凄い時計とは見ることはできませんが、全体的には前走程度のレベルにはあると見ていいです。

前走阪神JF時の追い切り考察で、1週前の方が内容が良かったと書いていました。ピークが過ぎてしまった印象があったからです。
今週はきっちりと仕上げてきたと思いますので、十分に巻き返せるチャンスはあると見ています。

稼ぎたいという夢を掴む

吉成周蔵氏が発起人となり、これまでバラバラだった「うまコラボ」「Hit Make」「競馬の殿堂」のサービスを統合。
競馬ファンが夢を掴む場所を作りたいという思いに賛同したサイトが堂々集結して生まれたのが「うまとみらいと」です。

タダで会員登録を行う方はココから

本登録に必要なものはメールアドレスのみ。
メールマガジンはいつでも解除することができます。

うまコラボは多数のWEBサイト、そしてWEB広告でも取り上げられていたのでご存知の方も多いはず。
超大手ウェブサイト(Ya○oo!Japan)の広告にも出稿していましたので、サイトの安全性は折り紙付き。審査が厳しいのが今の広告業界ですから。

競馬の殿堂は、完全無料を貫くことで会員との間に信頼関係を築くことを念頭に運営。
Hit Makeは、城戸氏が穴一筋15年で運営されてきたサイトで、これまでも多くの会員に笑顔と多くの配当を提供してきました。

話題になるほどまでに成長した「うまとみらいと」の一体何が凄いのか?

その1つは、完全無料から使うことができるという点。

例えば「うまコラボ」は、うまとみらいとに無料登録するだけで、各開催競馬場の午前中レース+その週の無料対象重賞1つの指数が見放題。

「競馬の殿堂」は、的中率90%オーバーを誇り、「Hit Make」では穴馬探しもお手の物。

会員数10万人以上の圧倒的な会員数を誇る「うまとみらいと」だからこそできる、これまで積み上げてきた実績、そして信頼。
多くの会員様に賛同していただけることは誇りでもあります。

皆さんの疑問に思っているかもしれません。どうやって稼いでいるのかということです。
何も悪いことはしていません(笑)

ちゃんと有料サービスもあります。
月額定額のものや買い切りのもの、有料の部分がないと運営はできませんから。
しかし、有料サービスへの念押しがなくても、有料会員数も右肩上がりで伸びています。

それは、無料で満足できなくなった会員が多いということ。
裏返せば、無料会員だけで得られる利益だけでは満足できなくなったという証拠ではないでしょうか。

今始めなければ、きっとあなたは後悔する。

もちろん、うまとみらいとを知らないのであれば、後悔しようもないでしょう。
しかし、今、この瞬間、知ってしまった、うまとみらいとの存在を。

あなたの知らない競馬の世界、少しだけ勇気を出して広げてみませんか?

的中・利益の全てが詰まった情報がこのうまとみらいとにはあります。
競馬に未来への可能性を感じたい方は、今すぐ無料の会員登録をするところから始めましょう。

ちなみに、今週の無料対象レースは『菊花賞』
今登録すれば、今週末の指数公開に間に合う。だから今登録するのをお薦めします。

無料会員登録はコチラから

本登録に必要なものはメールアドレスのみ。メールマガジンはいつでも解除することができます。
仮登録メールが送られてくるので、本登録を済ませてご利用いただけます。

スポンサードリンク

お役に立ちましたらシェアをお願いします

フォローする

スポンサードリンク
スポンサードリンク