福島牝馬ステークス 2019 出走予定|想定騎手と推定オッズ|ランドネ登場

リッキー
どうも、リッキーです。ご覧いただきありがとうございます。

この記事では、福島牝馬Sの出走予定馬情報をチェックしています。
想定騎手と推定オッズ入りで表にまとめていますので、予想の参考にしてください。

ヴィクトリアMの前哨戦。
昨年は12頭と少なかったですが、今年は10頭が登録とさらに少ない数になってしまいました。

毎年フルゲートになっていましたが、ここ2年は人気がない重賞となってしまいました。

メンバーを見ても、あまりパッとしないメンバーが揃った印象。
重賞で好走を見せるものの、勝ちきれない馬が揃いました。

それでは登録馬をチェックしていきます。

特別登録10頭

馬名斤量想定
ウインファビラス54松岡
カレンシリエージョ54秋山
カワキタエンカ54鮫島駿
ダノングレース54蛯名
デンコウアンジュ54柴田善
ビスカリア54西村淳
フローレスマジック54石橋脩
ペルソナリテ54丹内
ミッシングリンク54丸山
ランドネ54戸崎

推定オッズ

馬名推オッズ
ランドネ3.0
フローレスマジック5.0
ダノングレース5.8
デンコウアンジュ7.8
カワキタエンカ9.3
ウインファビラス13.5
カレンシリエージョ19.8
ミッシングリンク28.2
ビスカリア38.8
ペルソナリテ51.3

有力馬考察

ランドネ
≪牝4/鹿 角居勝彦厩舎≫

【前走】中山牝馬S 13着
【父】Blame
【母父】A.P. Indy

愛知杯で3着に入った実力を持つ馬。
重賞は未勝利ではあるものの、ここでは優勝候補筆頭に名乗りを上げる形になる。

自分の形に持ち込めば強いだけに、あとはどこまで粘れるのか。
強力な同型がいるだけに、安易ではないとみることもできます。

キレ勝負になるとどうしても粘れなくなるので、自分のペースで走れることが条件となるでしょう。

フローレスマジック
≪牝5/鹿 木村哲也厩舎≫

【前走】中山牝馬S 5着
【父】ディープインパクト
【母父】Storm Cat

2歳3歳時には重賞での好走歴もある馬。
2連勝で条件を勝ち上がり、重賞戦線に再び戻ってきた12月15日のターコイズSでは11着。
先日の中山牝馬Sでは5着と掲示板に載ることができましたが、成績は今一つといったところ。

前走はスタートで今一つ。
少し掛かるような素振りを見せて1コーナーでは外々を走る羽目になりました。
我慢ができるのかどうかが鍵となりそう。

それでも直線では見せ場十分。
最後までしっかりと脚を使っていたことを考えれば、展開が苦しかったことを含めてもまだ見直せる内容。

前走の走りで今回軽視するのは早計でしょう。

ダノングレース
≪牝4/鹿 国枝栄厩舎≫

【前走】初音S 1着
【父】ディープインパクト
【母父】Oratorio

前走は準OPの初音Sを快勝。
そのときの2着だったフィニフティが、次走のうずしおSで3着と勝ちきれなかったものの、それなりのところで結果を残したのは一定のレースレベルを感じるので良かった。

その前走は東京でのレース。
広く長いコースは向かないと思いましたが、ディープの血が騒いだのか勝ちきることができました。

掛かるような素振りを見せたり、かと思えばふわふわと走ったりと、走りはやや騒がしい。

前が壁になると、直線で大きく進路を変更。
それでも最後にしっかりと先着できたのはプラスに評価できる。

ただ、使える脚は短いので、前走は前が詰まって追い出せなかったのが良い意味でプラスに働いた。
他の馬同様に追い出していたら、もしかしたら最後に差されていたかもしれない。

その分、今回は福島を選択したのはこの馬の特性を考えると良いはず。
少頭数なので前が詰まることがなく、短い直線で一気に加速できる脚は魅力的でしょう。

出走馬まとめと現時点での注目馬

その他に、復調の兆しが見えてきたデンコウアンジュや成長著しいカレンシリエージョなどが揃いました。
少頭数のレースながら、能力的にはどんぐりだと見ていますので楽しみなレースになりそうです。

現時点でMy注目馬という形でお伝えするなら【A】デンコウアンジュ。
ここまでに名前が出てきた5頭のうちの1頭ですが、比較的人気がないので楽しみです。

それでも推定オッズは1桁になりそうなので、そうなると不安でもある馬ですが…。
追い切りでは良い動きを見せてほしいです。