【富士ステークス2015予想】最終リハで動いた2頭馬連ワイドで

こんばんは、いつもご覧いただきありがとうございます。

この記事では、富士ステークスの予想を行っていきたいと思います。いつものように馬連・ワイドで組み立てたいと思います。

予想

富士ステークスの追い切りをまとめたページはコチラからご確認ください。

フルーキーは映像配信が無かったのでどういう状態か掴み切れませんが、栗東 CW【6F85.2-68.6-52.4-37.7-1F12.0】をマークしています。

状態は非常にいいのかもしれませんね。ただ、映像配信が無かったので微妙なところです。

来ちゃったら仕方がないと諦めて予想を組み立てていきます。

1頭目

追い切り評価でA評価を回したヤマカツエースを1頭目に選びたいと思います。

全身を柔軟に使って、伸びのあるフォーム。

好調さをキープ出来ていると思います。

前走は札幌記念で4着でしたが、差は0.1秒差。

距離が長かった印象で、1600mに短縮してきたのは前向きな評価。

NHKマイルCでは13着と大敗したものの、東京での出走はそれっきり。まだ東京では適性がないと見限るには早すぎる1戦です。

ここは、前向きな評価で。

2頭目

もう1頭もA評価をつけたヤングマンパワーを選びたいと思います。

ここまで関屋記念と京成杯AHを続けて3着。

その時に比べても、追い切りは上昇気配漂うものでした。

賞金的に、そろそろ大きな上積みをしておきたいところで、マイルCSよりも今回の方が狙い目。

最低でも2着の意識は強い追い切りだったのかなと思います。

さいごに

今回の富士ステークスはヤマカツエースとヤングマンパワーの2頭を選びました。

馬連とワイドで勝負したいと思います。