【富士ステークス2015最終追い切りタイム】5段階評価と寸評

おはようございます、いつもご覧いただきありがとうございます。

この記事では富士ステークスの最終追い切りタイムと5段階評価について見ていきたいと思います。

今回は13頭の出走馬についてみていきたいと思います。

追い切り考察

評価は【S/A/B/C/D】の5段階評価です。評価についてはコチラをご覧ください。

アルバタックス【C】

10月21日(水)栗東 坂路(良)【52.9-38.4-25.2-12.9】

2頭併せ強め1馬身遅れ。最後は加速ラップを刻めず遅れをとりました。関屋記念の最終追い切りではもう少しスムーズな加速ラップで終えていますし、この遅れは少々不安。

アルマワイオリ【C】

10月21日(水)栗東 坂路(良)【53.5-38.9-25.3-13.0】

2頭併せ一杯1馬身先着。僚馬が脱落した格好での追い切りで、1馬身差先着はそこまで気にしなくていいのでは。前走がCWでの追い切りで、単純に比べることは難しいですが、末は比較的速い1頭。にもかかわらず今回は失速した格好。ただし、しっかりと負荷がかけられているので、狙うならば次走かなという感じもします。1度使われてからの上積みに期待したいです。

カレンブラックヒル【C】

10月21日(水)栗東 坂路(良)【53.3-38.7-25.3-12.6】

単走強め。坂路では動く1頭。時計も出ていますし、ある程度は作られている印象を持ちます。ただ、いつもは猛時計で終わる事が多い1頭。今回は休み明けという点で、もう1つ伸びきれない印象をもつ追い切りでした。

クラリティスカイ【C】

10月21日(水)栗東 坂路(良)【53.9-39.5-25.9-12.9】

単走馬なり。前走時と時計はそこまで変化はありませんが、前走は合わせでの追い切りでした。また、踏み込みが軽すぎる印象で、同時にふわふわとしたものを感じます。よく言えば力みがなくていいのですが、前走と比べるとデキ落ちを感じてしまいます。

グランシルク【B】

10月21日(水)美浦 南W(良)【5F66.6-51.7-38.6-1F14.0】

単走強め。前走からの上積みはあるのかなと思いましたが、ラストは疑問の残る追い切りでした。全体時計は今回の方が優秀ではありますが、ラストはタイム落ち。せめて13秒前半で終えられていたら高評価でした。

サトノアラジン【B】

10月21日(水)栗東 CW(良)【6F86.6-69.8-54.0-38.9-1F12.5】

単走末強め。休みボケしているのかなと心配になるくらいゆったりと回ってきましたが、最後に強めに促されるとスムーズな加速。休み明けではあるものの、ある程度は作られてきたのかなと思います。

シャイニープリンス【B】

10月21日(水)美浦 南W(良)【5F67.0-51.3-37.1-1F12.9】

2頭併せ末強め1馬身先着。併せた相手とは5頭分程内を進んだため、この時計をどう見るか。僚馬が外から並びかけるとそこからスッと伸びていきました。一瞬の脚は素晴らしいと感じましたが、コース5分のところを通っての時計。前走程度のデキと見るのが良さそう。

ダノンプラチナ【C】

10月21日(水)美浦 南W(良)【5F68.7-53.5-39.2-1F13.1】

2頭併せ内馬なり半馬身差先着。3馬身程先行させて迎えた直線で内へ進路をとり促されると、そこから並ぶ隙も与えずに抜き去りました。相手は回ってきただけというような感じではありましたが、伸びのある追い切りで好感が持てます。評価はC評価ですが、前走の追い切りは良かったと感じましたのでA評価をつけていました。1つ評価は落としはしましたが、動けていたと思います。

マイネルホウオウ【B】

10月21日(水)美浦 坂路(良)【52.6-38.5-25.1-12.7】

単走馬なり。時計自体はそこまで悪いものではないのですが、最後に加速ラップを刻めなかったのが気になる追い切りでした。動きも決して悪くはないのですが、なんだか微妙に映りました。

ヤマカツエース【A】

10月21日(水)栗東 CW(良)【6F82.0-66.3-51.9-38.2-1F12.2】

単走末強め。伸びのあるフォームで動きはよく感じます。前走札幌記念で惜しい4着がありますが、その勢いから考えてもデキ落ちは考えられず素晴らしい動きだと思います。好走に期待したいです。

ヤングマンパワー【A】

10月21日(水)美浦 南W(良)【5F70.9-55.1-40.9-1F13.1】

単走馬なり。単走ではあるものの、直線では内に進路をとった馬に馬体を併せられた格好で、外には2頭併せの馬が視界に入っていた状態でしたので、単走らしい単走ではありませんでした。時計を見る限りは調子落ちは感じません。むしろ前走より好時計を出しています。動きはやや硬いかなとは思いましたが、評価を1つ上げて。

ロゴタイプ【B】

10月21日(水)美浦 南W(良)【5F67.6-52.9-38.8-1F13.0】

2頭併せ末強め2馬身程先着。ゴール過ぎてから鞭が入る内容でした。いつもは内へ進路をとったりする1頭ですが、今回は外を回ってくる内容でした。いつも追い切りは動くのですが、本番ではもう一歩リンクしきれない1頭。ただ、追い切りで動かない時は、レースでは全くダメなので、今回はある程度のところで本番でも動けるのかなと思います。

ワールドエース【B】

10月21日(水)栗東 坂路(良)【53.7-39.7-25.5-12.3】

2頭併せ末強め半馬身先着。評価は昨年のマイルCSに比べて。この中間はいずれも坂路での追い切りで、昨年の12月以来。国内前走のマイルCS出走時に比べてそんなに変化のない追い切りなのかなと思います。

お薦め馬

今回A評価を付けたのはヤマカツエースヤングマンパワーの2頭でした。この2頭に関しては前走に比べて上昇気配漂う追い切りだったのではないかなと思います。

B評価でもロゴタイプは相変わらず追い切りでは動くなと思いますし、サトノアラジンもそれなりに作られている印象です。C評価ですがダノンプラチナの追い切りは好感が持てるものでした。前走に比べては悪いかなと感じたので素直に評価を下げましたが、動きは良かったと思います。

ただ、今回お薦めしたいのはヤマカツエース。

伸びのあるフォームで力強さも感じられ、調子は良さそうに思います。ローテーションに不安を覚えるのですが、それでも動けていたと思います。

今回は比較的3歳馬の動きの良さが目立ちました。ヤングマンパワーとダノンプラチナも好走出来るように感じます。

以上、富士Sの最終追い切りと5段階評価でした。

先週の東京新聞杯は驚異の7847.5%達成!

重賞的中実績が凄い!
ここまで重賞は12鞍開催されましたがこの内11鞍を的中しています!

━━━━━━━━━━━━━━━━━

★2月の重賞的中実績

◆2/9東京新聞杯
「3連単16点」4→6→5人気の決着。
1255.6倍×600円=753,360円7847.5%

◆2/2根岸S
「3連単24点」3→1→9人気の決着。
692.7倍×300円=207,810円2886.2%

◆2/2シルクロードS
「3連単16点」3→6→8人気の決着。
1058.6倍×500円=529,300円6616.2%

━━━━━━━━━━━━━━━━━

★1月の重賞的中実績

3連単もしくは3連複の6~24点での攻略はさすがですね!
今後も重賞特化予想『EMINENT-エミネント-』は要注目です!

━━━━━━━━━━━━━━━━━

ここでは当週開催重賞予想が無料配信されます。今回は共同通信杯の予想が出てきます!

重賞も絶好調ですが無料予想の方も調子が良くシルクロードS、AJCCと直近で的中しています。2鞍の買い目配信画像はコチラ

ここのアツい予想は見ておいて損はないと思います!僕はもうトリコになっているサイトです。

\メールアドレスを登録するだけ/

無料の会員登録はコチラ

/簡単登録で利用できます\