【フラワーカップ2016最終追い切り】5段階評価とお薦め馬

シェアする

こんばんは、リッキーです^^ ご覧いただきありがとうございます。

この記事ではフラワーカップの最終追い切りと5段階評価とお薦め馬の記載を行っています。

藤田菜七子騎手が騎乗予定だったシャララは残念ながら抽選突破ならず。しかし、スプリングステークスのモウカッテルへの騎乗が決まりましたね。

今週末も楽しみが広がる1戦です。

※この一文が残っている場合は水曜日追い切り馬のみの記載となっています。木曜追い切り馬の情報が入りましたら、改めて加筆修正して更新しておきます。

※お待たせしました、木曜追い切り馬の情報まで更新完了しました。

スポンサードリンク

追い切り考察

評価は【S/A/B/C/D】の5段階評価です。評価についてはコチラをご覧ください。

※まだ未完成となっています。特に必要だと思われる追い切りタイムだけ更新して、考察などは改めて追記します。多忙により申し訳ございません。

アオイプリンセス【B】

3月16日(水)栗東 CW(稍重)【5F66.6-51.4-37.9-1F12.8】

2頭併せ内末強め併入。2馬身程先行させて直線入り口で内へ潜りこむ内容。コース7分程を通っているので、時計は参考程度。雰囲気は良かったと思うんですが、突き抜けようとしたところを逆に並ばれた格好。その点はやや割引で見たいところ。

エテルナミノル【B】

3月16日(水)栗東 CW(稍重)【6F83.8-67.6-52.7-38.5-1F12.4】

単走末強め。リズムの悪さが目についたものの、残り1Fのところから追われると馬体を低くし、それでも跳ねるような走りを見せてくれました。状態はそこそこ良さそうに感じます。芝でどこまで。

エンジェルフェイス【B】

3月16日(水)栗東 CW(稍重)【5F69.1-53.6-39.7-1F12.3】

2頭併せ内馬なり1馬身先着。鞍上には当日跨る福永騎手を迎えての最終リハ。2馬身程後方から最後は馬なりのまま突き抜けての内容でした。相手が3歳新馬であることを考慮すると1馬身でもそこまで驚きはないですが、雰囲気からは状態は引き続きいいのではないかと思います。

ペルソナリテ【B】

3月16日(水)美浦 南W(稍重)【5F70.1-54.1-39.7-1F12.8】

単走馬なり。伸び伸びと走れていて、雰囲気はいいかなと思います。映像が最後の部分しか配信されていないので全体的なものは不明ではあるものの、状態は決して悪いというわけではないと思います。時計は前走とほぼ一緒の時計を出しているので、面白いなと思います。前走【5F70.1-54.5-39.8-1F12.8】でした。

ラルク【B】

3月16日(水)栗東 坂路(稍重)【52.6-38.3-25.0-12.5】

2頭併せ末強め併入。時計は出ているものの、若干進行方向向かって左へ寄れているような気も。力強い走りには好感が持てますが、前走と変わらないくらいのデキで終わっている気も。

木曜追い切り

アオイサンシャイン【B】

3月17日(木)美浦 南W(良)【5F67.4-52.0-38.1-1F12.6】

3頭併せ中馬なり1頭併入1頭1馬身差先着。手応え抜群での併入。コースは7分程を通過しているため時計は参考程度も、雰囲気は良かったと思います。

ヴィブロス【B】

3月17日(木)栗東 坂路(稍重)【56.4-41.8-26.8-12.8】

単走馬なり。間隔も近いので最後に少し促したような追い切り。ただ、チップを物凄く蹴り上げていて踏み込みの力強さを感じます。時計は明らかに前走の方がいいんですが、雰囲気はデキ落ちとまでは言えないものだと思います。

ギモーヴ【B】

3月17日(木)栗東 CW(稍重)【6F84.3-69.7-55.1-40.8-1F12.6】

3頭併せ内馬なり1頭半馬身先着1頭3馬身程先着。最後は促された格好も馬なりの範疇。今回は休み明けの1戦ではあるものの、動ける状態で戻ってきたかなと思います。休みの部分は気にする必要はない動きだったと思います。

ゲッカコウ【B】

3月17日(木)美浦 坂路(稍重)【59.1-43.7-29.6-15.0】

単走馬なり。最終時計はあまりに酷い時計ですが、13日に全体55.4秒-12.9秒の追い切りをやっているので、実質的にはそれが最終追いという形。前走は1週前に時計を出して、直前ではゆったりとしたものでしたので、今回も同様の内容に近いものかなと思います。

ゴッドカリビアン【A】

3月17日(木)栗東 坂路(稍重)【51.8-38.1-24.9-12.3】

単走馬なり。全体51.8秒はこの日14番目の数字。しっかりと加速ラップも刻めていますので、デキは良さそう。過去の坂路時計を見ても、成長しているのが時計で分かるほど今回の中間の動きを含めて時計が伸びていました。時計が比較的出る馬場と言っても、これまで53.9秒だったベスト時計が今回は51.8秒で大幅な縮め方。やり過ぎたという不安は追い切りの様子からは感じられず、単純に成長してきたと見るのが良さそう。

ラブリーアモン【A-B】

3月17日(木)美浦 南W(良)【4F52.4-37.9-1F12.8】

3頭併せ内馬なり併入。外2頭とピッタリと重なっているため詳細がわかりづらいものの、そこまで悪いという内容ではないかなと思います。外の馬が強めに追われているのを、馬なりで併入に持ち込んでいますので印象はいいかなと思います。今年既に2走使われていて大きな上積みを期待するのは難しいかなと思う反面、なんだか不気味な存在だなと思います。

ルフォール【B】

3月17日(木)美浦 南W(良)【4F53.8-39.9-1F13.1】

3頭併せ中強め併入。併入とは書いたものの、ゴール前で一伸びしてアタマ差程前に出ていた格好。追い切りの雰囲気は悪くなく、前走程度の走りに期待が持てます。

お薦め馬

12頭の追い切りをチェックしていきました。

今回の追い切りで上昇気配漂うのはゴッドカリビアン

A評価とまではいかないもののラブリーアモンの追い切りも良かったと思えるものでした。

今回の追い切りで良かったと感じたのは上に書いた2頭の他にも、エンジェルフェイスペルソナリテの追い切りは良かったと思います。

人気になりそうなゲッカコウですが、この追い切りがいいのかどうかは今回の結果を見なければ分からないという感じです。最終で時計を出さないのは前走とも一緒なんですが、果たして本当に走れるのかは半信半疑の部分があります。

オススメで名前を挙げた4頭には要注意して馬券を組み立てられてみてください。

夏競馬を絶好調の予想サイトで狙う。

7月になりました。
最も競馬で稼げる夏競馬のシーズンです。

夏競馬は「差」が出やすいので競馬予想サイトの実力差がはっきりします。

そんな中で今日は先月から絶好調を維持している競馬予想サイトを紹介たいと思います。

APLI(アプリ)という競馬予想サイトです。

まず、7/1の函館2R。

7/1 函館2R
3歳未勝利
三連単12点✕1000円
的中 1,956,400円

8-9-12(9番人気-8番人気-3番人気)での決着でした。
この荒れたレースをたったの12点で的中しています。

間違いなく普通では買えない馬券です。
この展開を読み切ったのは流石です。

そして、CBC賞も・・・

7/1 中京11R
CBC賞(G3)
三連単30点✕1000円
的中 1,660,900円

4番人気-9番人気-8番人気での決着でした。
こちらは広めに30点買いで的中です。

自信があれば絞って勝負、怪しいときは広く買って勝負。
このバランス感覚は多くの競馬予想サイトの中でもAPLIがトップでしょう。
予想の精度は間違いなく業界トップクラスですし、
APLIで勝負していけば安定してプラス収支を維持していけるでしょう。

堅いレースも荒れたレースも的中しているのはオッズに流されることなく、
本当に走れる馬をしっかりと見抜いている何よりの証拠です。

もちろん、APLIはこれ以外のレースでも的中しています。
平均して土日で10〜15本は的中しているイメージです。

固く数万円の的中を拾う時もあれば、大きく100万超の的中を叩き出す時もあります。

無理をして高配当狙いをするのではなく、的中最優先な姿勢は好印象です。

「走る馬を見抜く」

基本的なことですが、それをしっかり実践しているAPLIは利用していてとても安心できます。
オッズで予想をするのではなく、後からオッズはついてくるものです。

無料予想も充実していますし、抑えておいて損はありません。
是非、チェックしてみてください。

APLI(アプリ)に登録する方はコチラ

※メールアドレスだけで登録可能です

スポンサードリンク

シェアする

フォローする