フィリーズレビュー 2019 出走予定馬|アウィルアウェイなど登録

1日1回の応援クリックにご協力お願いします.+゚*。:゚+オネ(●´ω`)人(´ω`○)ガィ.+゚*。:゚+

にほんブログ村 競馬ブログへ  

フィリーズレビューが3月10日に阪神で実施されます。
桜花賞の前哨戦となるレース。
毎年、本番でも話題となりそうな馬が登場します。

注目馬はアウィルアウェイ。
前走の京王杯2歳Sでは1人気ながら2着と面目は保った形。

しかし、今年はややメンバーは薄いかもしれません。

それでは登録馬をチェックしていきます。
想定騎手や推定オッズなども同時に記載していますので、週初めの予想の参考にされてみてください。

フィリーズレビューの登録馬

馬名斤量想定
アウィルアウェイ54.0石橋脩
アズマヘリテージ54.0岡田祥
イベリス54.0浜中
ウィンターリリー54.0菱田
エイティーンガール54.0池添
キュールエサクラ54.0藤岡佑
ココフィーユ54.0藤井
ジュランビル54.0松若
プールヴィル54.0秋山
ホウオウカトリーヌ54.0大野
メイショウケイメイ54.0古川
ラブミーファイン54.0川須
ラミエル54.0鮫島駿
レッドアネモス54.0岩田康

除外対象(4/9)

馬名斤量想定
アスタールビー54.0○○
ウォーターエデン54.0国分恭
エイシンオズ54.0○○
オトナノジジョウ54.0○○
キュールエミヤビ54.0酒井学
スマイルスター54.0○○
トロイメント54.0○○
ノーワン54.0酒井瑠
マジックリアリズム54.0○○

推定オッズ

馬名推定
アウィルアウェイ2.1
レッドアネモス4.6
ホウオウカトリーヌ6.0
ココフィーユ10.8
メイショウケイメイ15.0
プールヴィル15.4
キュールエサクラ18.0
ラブミーファイン28.0
イベリス30.4
ジュランビル31.3
マジックリアリズム43.2
エイティーンガール70.9
ラミエル75.2
ノーワン76.8
スマイルスター96.1
ウィンターリリー106.8
ウォーターエデン128.2
アズマヘリテージ135.8
オトナノジジョウ172.0
アスタールビー188.1
エイシンオズ196.4
トロイメント713.5
キュールエミヤビ743.1

有力馬考察

アウィルアウェイ
≪牝3/鹿 高野友和厩舎≫

【前走】京王杯2歳S 2着
【父】ジャスタウェイ
【母父】キングカメハメハ

新馬戦とダリア賞と連勝をすると、続く京王杯2歳Sでは2着と最低限の賞金は加算ができました。
桜花賞へ向けてここは権利を獲得して、本番へ弾みを付けたいところでしょう。

前走のラストは32.8秒と唯一の32秒台としっかりと脚を使ったものの届きませんでした。
力負けした形でしたが、前半はやや掛かり気味でした。
その点が最後に響いた…可能性は無きにしも非ず。

今回は石橋脩騎手が騎乗予定。
傍から見ると乗りにくそうなだけに、その点だけが気になる部分。
沈む可能性があるとすればこの辺りが鍵を握りそうです。

レッドアネモス
≪牝3/鹿 友道康夫厩舎≫

【前走】紅梅S 4着
【父】ヴィクトワールピサ
【母父】サクラバクシンオー

有力馬考察と言いながらも、今回は過剰人気では。

阪神JFと紅梅Sで複勝圏外へ沈みました。
底を見せた形の走りを2走続けていますので、今回いきなりの復活は厳しいのではないかと思っています。

正念場と言えば正念場のレースとなりそうです。
ここでも馬券外に飛ぶのであれば、さすがに早熟だと判断するほうがいいのでは。

ホウオウカトリーヌ
≪牝3/鹿 栗田徹厩舎≫

【前走】フェアリーS 2着
【父】マツリダゴッホ
【母父】Henrythenavigator

ここまで大野騎手がずっと手綱を握っていますが、今回も引き続き騎乗します。
ここまで≪2.3.0.1≫という成績で安定感はあるものの、勝ちきれないレースが続いているともいえるので決め手に欠けるタイプ。

最も前走のレースレベルには一定の疑問が残ります。
勝ったフィリアプーラは、前走未勝利を勝ち上がったばかりでした。

3着のグレイスアンは、続くエルフィンSで7着と凡走と、上位勢が頼りない形になっています。

まとめとおすすめ馬

フェリーズレビューは1400Mのレースですので、短距離適性も必要になってくるレースです。
その点ではアウィルアウェイは京王杯2歳Sは評価できるかもしれません。上位人気だというのも頷けます。

ただ、現時点で注目しているのは【B】人気ブログランキングです。

阪神JFでは掲示板を確保した1頭でしたが、続くレースで2着を確保。
勝ちきってほしかったレースでもありましたが、連に絡めたのは強さを示した形。

距離は1600Mよりは1400Mの方が合っていると思いますので、今回も引き続きチャンスがあるでしょう。
逆に本番では厳しいかもしれないと思っています。

以上、Fレビューの出走予定馬でした。