【フィリーズレビュー2016出走予定馬】騎乗予定騎手と推定オッズ

こんにちは、リッキーです^^ いつも観ていただきありがとうございます。

この記事では今週行われるフィリーズレビューの出走予定馬と騎乗予定騎手と推定オッズについて書いています。

桜花賞のトライアルレースのフィリーズレビューですが、今年は小粒揃いという感じになっていますね。

オッズもそこそこ割れてくれるのではないかなと思うし、荒れる要素も十分にあるんじゃないかなと思っています。

それでは出走予定馬などを見ていきたいと思います。

出走予定馬

左から馬名・斤量・予定騎手・推定オッズ

  • アットザシーサイド 54.0 – 3.2
  • ウインミレーユ 54.0 和田 14.2
  • カトルラポール 54.0 丸田 25.0
  • キャンディバローズ 54.0 武豊 3.0
  • クードラパン 54.0 田辺 5.3
  • ソーディヴァイン 54.0 佐藤友 60.2
  • ボーダレス 54.0 四位 255.9
  • メイショウスイヅキ 54.0 池添 60.2
  • ワンダフルラッシュ 54.0 Aシュタルケ 36.6

抽選対象(9/17)

  • エイシンピカソ 54.0 藤岡康 22.9
  • エターナルユース 54.0 高倉 128.0
  • エリシェヴァ 54.0 – 518.8
  • オウケンビリーヴ 54.0 – 93.1
  • カネトシブレス 54.0 城戸 1023.0
  • クリノラホール 54.0 小牧 48.7
  • サルドナ 54.0 松田 1023.6
  • ソルヴェイグ 54.0 川田 73.1
  • ダイアナヘイロー 54.0 国分優 26.2
  • タガノヴィアーレ 54.0 松若 73.1
  • ダンツロビン 54.0 – 511.8
  • ナタリーバローズ 54.0 Mデムーロ 8.9
  • ペプチドサプル 54.0 – 28.4
  • ライディングハイ 54.0 中谷 341.2
  • リボンフラワー 54.0 – 26.2
  • リルティングインク 54.0 – 73.1
  • ワンスインナムーン 54.0 – 113.7

有力馬考察

アットザシーサイド

前走は阪神JFで5着。

デビューから1400mを連勝して阪神JFに挑みましたが、1Fの距離延長がマイナスになってしまったのが敗因とも言えそう。

その点で言えば、今回の1400mの舞台はベスト。桜花賞では足りないかもしれないが、この距離、このメンバーならば前進は十分に可能。

キャンディバローズ

前走は阪神JFで9着。ファンタジーSの勝ち馬。

1400mが舞台のファンタジーSを勝っているので、1600mより今回の方が向いているのは確か。

前走は見せ場を作る事は出来たのですが、最後はこちらピタリと止まってしまった格好。

展開面も考慮しないといけませんが、どちらかと言えば距離の壁を感じる敗戦で、距離短縮の今回の方が好勝負に向いていると言える。

クードラパン

前走はフェアリーSで4着。

阪神JFでは13着という結果も、デビューから一貫して1600mを5戦。

今回は初距離となる分未知数ではあるものの、前走のフェアリーSでは直線で前を行くビービーバーレルの2番手にまで迫った1頭。

最後は余力尽きた形の負け方で、前走を見る限り距離短縮はプラスに働きそうでもある。

ただし、1400mのペースは初体験となるので、そこに惑わされなければ。

リッキーの注目馬

現時点で注目している馬を紹介して終わりたいと思います。

その馬とは、ペプチドサプル

今年の牝馬路線は抜けているという抜けた馬も不在で、メジャーエンブレムが注目されています。

阪神JFでは2馬身千切っての勝利だったメジャーエンブレムですが、その2馬身はかなり差がある2馬身のように感じます。

しかし、阪神JFで2着だったウインファビラスは続くチューリップ賞で10着。3着ブランボヌールは同レースで14着と大敗。

阪神JF組の2着以下だった馬がことごとく敗れている現状では阪神JFの上位組は強くお薦めすることが出来ない。

ペプチドサプルの阪神JFで4着から、前走は紅梅Sで4着とレースのクラスが落ちても連対すら出来なかったのはマイナス評価も、紅梅Sの勝ち馬シンハライトはチューリップ賞を勝って存在感を示した。

単純比較は危険なものの、シンハライトとは1馬身差の接戦を演じたペプチドサプルも重賞制覇のチャンスは十分にあると言ってもおかしくないでしょう。

稼ぎたいという夢を掴む

吉成周蔵氏が発起人となり、これまでバラバラだった「うまコラボ」「Hit Make」「競馬の殿堂」のサービスを統合。
競馬ファンが夢を掴む場所を作りたいという思いに賛同したサイトが堂々集結して生まれたのが「うまとみらいと」です。

タダで会員登録を行う方はココから

本登録に必要なものはメールアドレスのみ。
メールマガジンはいつでも解除することができます。

うまコラボは多数のWEBサイト、そしてWEB広告でも取り上げられていたのでご存知の方も多いはず。
超大手ウェブサイト(Ya○oo!Japan)の広告にも出稿していましたので、サイトの安全性は折り紙付き。審査が厳しいのが今の広告業界ですから。

競馬の殿堂は、完全無料を貫くことで会員との間に信頼関係を築くことを念頭に運営。
Hit Makeは、城戸氏が穴一筋15年で運営されてきたサイトで、これまでも多くの会員に笑顔と多くの配当を提供してきました。

話題になるほどまでに成長した「うまとみらいと」の一体何が凄いのか?

その1つは、完全無料から使うことができるという点。

例えば「うまコラボ」は、うまとみらいとに無料登録するだけで、各開催競馬場の午前中レース+その週の無料対象重賞1つの指数が見放題。

「競馬の殿堂」は、的中率90%オーバーを誇り、「Hit Make」では穴馬探しもお手の物。

会員数10万人以上の圧倒的な会員数を誇る「うまとみらいと」だからこそできる、これまで積み上げてきた実績、そして信頼。
多くの会員様に賛同していただけることは誇りでもあります。

皆さんの疑問に思っているかもしれません。どうやって稼いでいるのかということです。
何も悪いことはしていません(笑)

ちゃんと有料サービスもあります。
月額定額のものや買い切りのもの、有料の部分がないと運営はできませんから。
しかし、有料サービスへの念押しがなくても、有料会員数も右肩上がりで伸びています。

それは、無料で満足できなくなった会員が多いということ。
裏返せば、無料会員だけで得られる利益だけでは満足できなくなったという証拠ではないでしょうか。

今始めなければ、きっとあなたは後悔する。

もちろん、うまとみらいとを知らないのであれば、後悔しようもないでしょう。
しかし、今、この瞬間、知ってしまった、うまとみらいとの存在を。

あなたの知らない競馬の世界、少しだけ勇気を出して広げてみませんか?

的中・利益の全てが詰まった情報がこのうまとみらいとにはあります。
競馬に未来への可能性を感じたい方は、今すぐ無料の会員登録をするところから始めましょう。

ちなみに、今週の無料対象レースは『菊花賞』
今登録すれば、今週末の指数公開に間に合う。だから今登録するのをお薦めします。

無料会員登録はコチラから

本登録に必要なものはメールアドレスのみ。メールマガジンはいつでも解除することができます。
仮登録メールが送られてくるので、本登録を済ませてご利用いただけます。

スポンサードリンク

お役に立ちましたらシェアをお願いします

フォローする

スポンサードリンク
スポンサードリンク