フェブラリーステークス 2019 1週前追い切り評価|インティ53.6秒での動き

2019年の一発目のG1であるフェブラリーSが行われます。
1週間前の様子が配信されましたので、まとめておきます。

前走時の映像やタイムを比較して、今回の調子の良し悪しを判断しています。

有力馬考察や注目馬の紹介はフェブラリーステークス 2019 出走予定|想定騎手と推定オッズにてまとめています。

フェブラリーステークスの出走予定馬情報をまとめています。想定騎手や推定オッズの掲載に、有力馬考察や現時点で注目している馬についても記載していますのでご興味あれば最後までご覧ください。フェブラリーステークスは、東京ダート1600Mで行われるG1レースです。

さて、G1ともなると1週前の状態で好走できるかどうかが見えてきます。
G1はどの馬もチャンスがあるガチンコレースですので、逆に見れば1週前の時点で状態が上がっていない場合は厳しいとも言えます。

そういうところに着目して、しっかりと見極めていきたいと思います。

フェブラリーSの1週前追い切り考察

評価は【S/A/A-B/B/B-C/C/D】の7段階評価です。
評価について、詳しくはこちらをご覧ください。

アンジュデジール【B】

2月6日(水)栗東 CW(稍重)
【6F78.8-62.7-48.8-36.6-1F12.7】

2頭併せ一杯クビ差程遅れ。
正直、難しい雰囲気を感じます。

僚馬は強め+α程度の内容で、一杯に追われていたアンジュデジールの方が地味でした。
最後は遅れてしまいましたので、時計は悪くはないもののという感じまでで、全体的な雰囲気は悪かったです。

前走時は東海Sで12着でしたが、最終リハでは坂路で53.2秒という内容でした。
その時も見た目がやや地味ではあったので、現時点では上昇気配は全く感じないまでと思います。

インティ【B】

2月6日(水)栗東 坂路(稍重)
【53.6-39.1-25.4-12.4】

単走強め。
しっかりと走れていると思いますので、ある程度は問題なく出走できる見込みです。

芯がしっていると言えば伝わるでしょうか。
真っ直ぐスッと駆け上がれているので、調子も良さそうです。
雰囲気が良かったので、1週前の時点で面白い状態と思います。

前走と同様程度だと見ています。
上昇気配ではないのが気になりますが、前走時も悪くはない内容でした。

あとは最終リハでしっかりと走れてくれると仕上がり良好だと判断出来ます。
本番でも期待できるほど仕上がりを1週前で出来ていると、現時点では判断しています。

オメガパフューム【B-C】

2月6日(水)栗東 坂路(稍重)
【54.5-39.8-25.7-12.9】

単走強め。
動きは軽やかでしたが、時計はやや物足りないところも感じます。
加速ラップを刻めていないのは最終リハ以外ではそんなものですので、そこは気にしなくて良いのでは。

ただし、いつも1週前は猛時計を刻んでからの最終リハへ挑むのですが、今回は1週前の時計はやや物足りない感じです。
どうしようもないくらい悪いというわけではなく、雰囲気自体は良かったと思いますのでそこが迷うところです。

悪くはないという程度までで、最終リハ次第で決めていきたいと思います。

1週前の時点では、東京大賞典の方が追い切りの良かったと思います。

ゴールドドリーム【A-B】

2月6日(水)栗東 CW(稍重)
【6F82.2-65.5-50.8-37.5-1F12.4】

3頭併せ内末強め4馬身以上先着。
外を走る馬は早々に見えなくなってしまったので分かりませんが、中を走る馬とは4馬身程度は先着している内容となりました。

全体時計は優秀。
末時計は11秒台後半が欲しかったですが、悪くはない時計でした。

東京大賞典時の1週前の時計判断では、今回の方が上向いている雰囲気はあります。
いつも追い切り自体は良い馬ですので上昇気配とするのは危険かもしれませんが、今回は思い切って上昇気配としておきます。

コパノキッキング【B】

2月6日(水)栗東 CW(稍重)
【5F71.9-55.2-40.2-1F13.0】

単走馬なり。
状態は悪くはないと見ていますが、正直、パッとしなかったという感じがします。

ここまで順調に使われていますので、上昇気配というのはないと思います。
今回は前走からまだ日が浅いので、調整程度までと考えていいでしょう。

その点では、キャンターで回復を促すというよりも、通常の追い切りに近づけているということは、それなりのところまでは状態は戻っていると思います。
レースからの疲労はあまり考えなくていいかもしれません。

サクセスエナジー【B】

2月6日(水)栗東 坂路(稍重)
【53.4-39.4-25.3-12.5】

単走強め。
意外と悪くはないんですが、鞍上の腕が動いているものの、反応しているようには見えません。

最終リハは猛時計を刻んでくると思いますが、51秒台となれば前走程度、52秒台前半までなら変わりなくと考えていいと思います。
可もなく不可もなくというところまででした。

サンライズソア【A-B】

2月7日(木)栗東 坂路(稍重)
【50.7-36.8-24.2-12.4】

2頭併せ強め一杯併入。
左右に振られながらも全体50.7秒なら優秀な範囲。
もう少し真っ直ぐ走れてくれると前向きに見ることができますが、時計を優先をするとなると面白くなると思います。

時計優先で考えると上昇気配。
内容を考慮すると、大きく上昇したとまでは言い切れないのでは。

50.7秒は坂路でベスト時計をマークしているので、その点では勝負度合いは高いはず。
最終リハの様子を見てから決めていいと思います。

サンライズノヴァ【B】

2月7日(木)栗東 坂路(稍重)
【55.3-40.8-26.6-13.1】

単走馬なり。
馬なりから強めの間までの内容でした。

前走から間隔が短いのでこの程度で問題ないと思います。
概ね状態は悪くはない程度でいいと思います。

特に注目するポイントもありませんので、最終リハ次第で。
現時点では前向きに見れない1頭です。

ナムラミラクル【B】※

2月6日(水)栗東 CW(稍重)
【6F83.2-67.2-52.2-38.1-1F12.3】

単走末強め。
ゴール後も強めに追われる内容でしたので、上記以上には走っていると判断していいです。

状態的には悪くはない程度で、この程度は動ける馬ですので、特に問題ないと思います。

※2月10日のバレンタインSに出走して11着でした。連闘にて出走するとしても、この1週前追い切りは判断材料にはなりそうもないと思います。

ノンコノユメ【B】

2月6日(水)美浦 北C(稍重)
【7F94.1-79.0-64.0-49.2-36.1-1F12.1】

3頭併せ内一杯1頭併入、1頭1馬身遅れ。
時計的には悪くない程度までで、内容はそこまで良かったとは思いませんでした。

前走程度は走れる見込みですが、1年前同様とは言い難いものがあります。

前走から久しぶりの出走ですので、まずはここからという形だと思います。

メイショウウタゲ【B】

2月6日(水)栗東 坂路(稍重)
【54.5-38.4-24.8-12.5】

単走強め。
馬場が荒れている時間帯というわけではないで、時計の根拠が乏しい形。
もう少し全体時計が良ければ良かったと感じます。

これでいて加速ラップを刻めないところがやや物足りなさを感じます。
勿論、前走が根岸Sでしたので、まだ日が浅いので回復を促す方を先決としているように感じます。

現時点では前走までと思います。
8歳馬なので大幅な上昇を見込むのは酷かもしれません。

モーニン【B】

2月6日(水)栗東 坂路(稍重)
【57.8-41.7-26.8-13.3】

単走馬なり。
時計を見て分かる通り、マイペースでの馬なりでのものでした。
ただ、馬場が荒れている時間帯を選択しているので、その点ではこの時計でも悪いばかりということもなく、スムーズに動けている方を評価した方がいいでしょう。

走りを見る限りでは、何かが悪いとは感じないものでした。
前走から間隔が短いので今回の調整となったのだと思いますが、特段、悪いとは感じませんでしたので疲労などの心配は要らないと見ています。

ユラノト【B】

2月6日(水)栗東 坂路(稍重)
【51.8-37.3-24.6-12.4】

単走強め。
後脚の力強さが目に留まりました。
調子が悪いということはなさそうです。

こちらも根岸S組なので、1週前は軽めの調整だけだと思いましたが、馬なり+α程度には追われていて、程よく負荷が掛けられている状態でした。
それだけ回復が早いということなので、フェブラリーSの1週前だと考えると上々の仕上がりだと見ています。

レッツゴードンキ【B】

2月6日(水)栗東 坂路(稍重)
【51.2-36.9-24.3-12.5】

単走強め。

頭の位置がやや高い印象を抱くものの、いつものところがありますので特に気にしなくていいかもしれません。

活気がある走りを見せてくれていますので、状態が悪いということはないと思います。

全体51.2秒ですので、テンから飛ばしていく走りを見せてくれています。
悪くはない走りをしていますので、久々はあまり気にしなくていいでしょう。

ワンダーリーデル【B-C】

2月6日(水)栗東 坂路(稍重)
【56.3-40.6-25.8-12.6】

単走馬なり。

馬なりでしたが、コースの進行方向に対して右側を走っているので、負荷はあまり掛けない程度のものでした。

特に理由があるわけではないのですが、進行方向に対して右側というのはあまり良く思いません。

どういうことかというと、坂路の進行方向に対して右側を走るのは、怪我明けなどあまり状態が良くない時などに走るコースでもあります。
進行方向に対して左の方が、コースの周回で外側に位置しているので、追い切りでは通常左側を通行します。

全体時計56.3秒はキャンターなどのものではないので、その点では難しい判断ですが、コースの内側を走ることになるので、負荷を少しでも掛けたくない場合にも利用します。
根岸S後の坂路追いですので、負荷を避けたかったと見てもいいのですが、一方で、1月14日のレースから1月27日のレースに出走して、フェブラリーSと間隔が短いので、疲労が心配されます。
負荷を掛けたくないというのは、そういうところも見え隠れするので心配材料です。

雰囲気もあまり良くはないので、デキ落ちと評価しても良さそう。

フェブラリーSの1週前追い切りまとめとオススメ馬

さて、まだ1週前の段階での各馬の考察でした。
まだというのは、最終リハをしっかりと消化してきたら状態が上がる馬もいるからです。

ただし、1週前の段階で雰囲気が良い馬の方が好走率が高いというのは、経験上はそんな気がしています。
データをとっていないのですが、だけど、経験上というのは大事だと思うので、自分は1週前の雰囲気を大事に考えています。

そうした中で現時点で雰囲気が良かったのは【FS1週】人気ブログランキング。

恐らく人気側の1頭で、オッズ的な旨味は少ないかもしれません。

しかし、今回のフェブラリーSは、恐らく玄人でも難しいレースになりそうだし、買い目も増えそうなレース。

そんな中で、軸と考えたい馬がいるだけでも違うと思いますが、【FS1週】馬は、雰囲気上々で物凄く楽しみな1頭となりました。
やはり前書きで書いているように、1週前の段階で完成度が高い馬というのはG1本番でもしっかりと走ることができます。
そして、結果に繋がることも多いです。

今回は非常に楽しみな存在だと思いますので、最終リハの様子次第では、堂々のオススメ馬とするかもしれません。
そのくらい雰囲気が良かったです。