ファンタジーステークス 2018 出走予定馬|想定騎手と推定オッズ

どうもリッキーです。ご覧いただきありがとうございます。

12月の大舞台を目指した若駒達が登場するファンタジーステークスの出走予定馬情報をチェックしていきます。
注目はファンタジーSに登場するダノンファンタジー。
ファンタジー繋がりなので、ここは鉄板でしょうww

登録しているアウィルアウェイは京王杯2歳Sへ出走する見込みなので、ここは回避する予定です。
アウィルアウェイのオッズは出走したらこの辺りではというところで書いています。
ただ、全体的には回避した後のオッズを見込んで書いています。

そういったところで登録馬をチェックしていきます。

ファンタジーSの登録馬

馬名斤量想定推オッズ
アウィルアウェイ54回避見込(5.4)
ヴァニラアイス54125.8
エレナレジーナ54藤岡康56.7
カシノティーダ54高倉269.8
ココフィーユ54○○166.2
ジュランビル54和田38.5
ダノンファンタジー54川田2
ベルスール54田辺42.5
ラブミーファイン54池添26.9
レッドベレーザ54Cデム3.6
レーヴドカナロア54ルメール2.8

有力馬考察

ダノンファンタジー
≪牝2/鹿 中内田充正厩舎≫

【前走】牝未勝利 1着
【父】ディープインパクト
【母父】Not For Sale

前走は9頭立ての中で後続に2馬身差で圧勝。
スタートを上手に出て、その後は徐々に序列を下げていくというスムーズさを見せての勝ちっぷり。
2戦目とは思えない走りを見せていましたので、ここでも期待が持てます。

新馬戦ではグランアレグリアに敗れはしたものの、サウジアラビアRCを制した馬。
即ち重賞でも通用すると考えていいはずなので、ここでも期待していいでしょう。

レーヴドカナロア
≪牝2/鹿 斉藤崇史厩舎≫

【前走】新馬 1着
【父】ロードカナロア
【母父】Highest Honor

期待のロードカナロア産駒。
距離も1400Mならばディープインパクト産駒以上に注意は必要です。

前走の2着アルママは次走の未勝利戦で6着と敗れたものの、3着のアドマイヤスコールは未勝利戦を勝ち抜け。

ペース的にはそこまで速いというわけではないが、最後はしっかりと突っ込んできて最後は交わしてのもの。
レースセンスが光る1戦でした。

今回も勿論期待が持てる。
兄弟にはレーヴディソールやレーヴミストラルがいる血統ですので、ここも通過点としてもらいたい。

レッドベレーザ
≪牝2/鹿 石坂正厩舎≫

【前走】新馬 1着
【父】ディープインパクト
【母父】Mr. Greeley

前走は福永騎手とのコンビでしたが、今回は短期免許のCデム騎手とのコンビが組まれています。
18頭立てのレースでしたので、少頭数の紛れは考えなくていいでしょう。

道中中団待機から、最後は一気に加速してという競馬。

ただ、絵的には終始忙しそうにしていたにも見えたので、本当にこの距離に適正があるのかは少々疑問。

それでも外々を回って最後は伸びているので、素質は高い。
外々を回った分伸びたという見方もできますが、重賞挑戦でどのくらい走れるのかに注目です。

こちらは全姉が先日500万を突破したばかり。ローズSでは8着に敗れるという結果を考えると、血統的には疑問も残る。

まとめと現時点での注目馬

さて、有力所を三頭抜き出してチェックしました。
レース本番でも三つ巴の戦いになるのではないかと見ていますが、結果はどうでしょうか。

ここで勝つと一気にローテーションにゆとりが持てるようになるので、陣営としてはここで優勝して賞金を加算しておきたいと思っていることでしょう。

さて、そんなレースですが、僕個人的に注目しているのがジュランビルです。

前走は阪神で行われたレースでした。
全くの平均ペースで進み、それでも最後は逃げた馬が勝ちました。
中団を進んでいきましたが、最後は伸びはしたもののという内容。

見直せる内容でもありましたので、ここはチャンスはあると見ていいでしょう。