ファンタジーステークス 2017 最終追い切り評価|ペイシャルアスは上昇気配

シェアする

こんにちは!
爆穴ブログのリッキーです。

11月3日(祝・金)に実施されるファンタジーステークスの最終追い切りの評価並びに考察を行っています。
まだ評価が分かれている2歳戦。いきなり能力が開花する馬やいきなり失速してしまう馬などがいて、力関係もまだ見えてきません。

しっかりと追い切りを確認してから、好調馬を見つけていきたいと思います。

スポンサードリンク

追い切り考察

評価は【S/A/A-B/B/B-C/C/D】の7段階評価です。
評価について、詳しくはこちらをご覧ください。

アーデルワイゼ【B】

10月31日(火)栗東 坂路(稍重)
【52.4-38.7-25.6-12.5】

単走末強め。
途中、首が進行方向に対し右を向く場面もありましたが、概ね前を向いてしっかりとした脚捌きで走れています。
現時点では概ね整っているのではないかと思います。

この馬の追い切り映像が今回初めて観ることができましたが、坂路では自己ベストをマークするなど、動きは軽快で良かったと思います。

ただし、今回のラップは【13.7-13.1-13.1-12.5】と、分割するとこのような時計になります。
赤字の部分は、綺麗に加速しきれていない点は少々気になりました。

それでもマイナスにはなっていないと思いますので、順調に来ているのではないでしょうか。

アルモニカ【B】

10月31日(火)栗東 坂路(稍重)
【52.9-38.3-25.2-12.8】

単走強め。
やや上へ跳ねるような走りで、上手く前に進む力が伝わっているのか微妙な印象を受けます。

前走後の最初の追い切り時計が心配になるラップを刻んでいましたが、今回は最後も12秒台で踏みとどまっている点は、前向きな評価をしてもいいかもしれません。
ただ、前走時は中間に加速ラップを刻む時計を刻んでいますが、今回の内容では成長は感じません。

良くて前走程度くらいで見ていいのではないでしょうか。

トンボイ【B】

10月31日(火)栗東 坂路(稍重)
【52.4-39.1-25.4-12.4】

単走強め。
力が抜けていい追い切りかと思ったんですが、追われてからは首の位置がやや高い位置でキープされていました。
そういう走りなのだと思えばそこまでですが、もう少し首が上手に使えれば良さそうな印象は受けます。

ラップがやや疑問を感じる内容で、【13.3-13.7-13.0-12.4】と綺麗な加速ラップを刻めていません。
1週前の追い切りで、綺麗な加速ラップを刻んでいますので、問題ないと思うのですが、最初の13.3秒で入っていった理由を知りたいです。

前回の追い切り時計を見ると、坂路は苦にしないタイプみたいで、時計は同じように出ています。
最終のラップの刻み方が不安を覚えますが、そこまで悪い内容でもないので、変わらずに来ているのではないでしょうか。

ペイシャルアス【A-B】

10月31日(火)栗東 坂路(稍重)
【52.9-38.6-25.5-12.7】

単走末強め。
もう少し首が上手に使えれば良さそうな印象を受けます。
それでも加速ラップを刻む追い切りを消化していて、好感が持てました。

1週前は、全体51.8秒の好時計をマーク。
前走の最終の追い切りでは、全体51.9秒を刻みカンナSを勝ち切りました。
状態としては、時計を出しても問題ない体調で、尚且つ2週続けての好時計ですので、成長を感じる追い切りだと思います。

ベルーガ【B】

10月31日(火)栗東 坂路(稍重)
【63.6-45.5-29.4-14.3】

単走キャンター。
29日に【56.6-40.6-26.3-12.6】で坂路を走っていますので、それが実質的に最終リハと見ていいのではないでしょうか。

前走時の追い切り映像を観ると、
札幌 芝(稍重)【4F57.2-41.5-1F11.7】
という時計でした。

映像からは、今回と比較しても難しい面がありますが、この程度には走れるのかもしれません。
もう少ししっかりと動かしてくれたら評価のしようがありますが、これではなんとも言えないというのが本音です。

ここまで動かさないとなると、体調の悪さを疑いたくもなります。
日曜日の追い切りが最終リハだとしても、時計が出たとは言い難いものです。
良くても前走程度で、デキ落ちも視野に入れておきたい部分です。

ボウルズ【A-B】

10月30日(月)栗東 坂路(不良)
【54.8-39.1-25.6-12.7】

単走強め。
全休の月曜日に追い切っているので、馬場はとても綺麗ですね。
しっかりと加速ラップを刻めているので、好感が持てます。

サウジアラビアRCの追い切り考察を行っていませんでしたが、その時は全体時計は変わりないんですが、中間を含めて1度も12秒台のラップを刻むことなく出走していました。
それが敗因とは言い切れませんが、結果は10着。

ただ、追い切り内容は今回の方が状態は良さそうです。

モズスーパーフレア【B】

10月31日(火)栗東 坂路(稍重)
【50.6-37.3-24.8-12.8】

単走強め。
単走追いですが、周りに他の陣営の馬が沢山いる中での追い切りで、馬の間を縫うようにに走っていました。
他は馬なりキャンターでの調整の中、1頭だけが追われているので、一見すると迫力満点です。

馬場が荒れている時間帯での追い切りでしたが、しっかりと全体時計が出ています。
ただ、この追い切り時計では、どちらかというと短距離馬みたいな時計の出し方です。
音無厩舎のやり方と言えばそこまでですが、距離延長がプラスになるかどうかは分かりません。

デキとしても、今まで一番時計を出していますが、前走も最後に時計を落としています。
今回も同様なので、デキとしては平行線と見ていいのではないでしょうか。

レグルドール【B】

10月30日(月)栗東 坂路(不良)
【54.1-39.1-24.5-12.0】

単走馬なり。
月曜日の追い切りですので、馬場状態はとても綺麗です。

しっかりとした脚捌きではあるものの、やや上体が立っているようにも感じられる内容とも見受けられます。
もう少し全体的に馬体が沈んだ方が良かったのではないでしょうか。

新馬戦の時以来坂路に入っていないので、その点ではなかなか評価が難しいですが、状態面では特に変わりなく来ているのではないでしょうか。
ただ、成長までは感じられず、状態が良い時と同じように走れる程度に見ていいのではないでしょうか。

追記分の追い切り

11月1日に追い切りを行ったメンバーを2頭紹介しておきます。
この2頭は同厩舎で、追い切りも2頭一緒に消化しています。

アマルフィコースト【B】

11月1日(水)栗東 坂路(良)
【56.0-41.6-26.5-12.7】

2頭併せ馬なり半馬身差先着。
レース2日前の追い切りのため、内容は軽めのものとなりましたが、時計は上々でしょう。

前走と比べて時計は遅いですが、内容的には変わりないと思います。
一息入りましたが、デキは変わりなくきているのではないでしょうか。

ダイシンステルラ【B】

11月1日(水)栗東 坂路(良)
【56.9-42.1-26.8-12.9】

2頭併せ馬なり半馬身遅れ。
リズムが悪い点が気になりますが、坂路で12秒台のラップを刻んだのが今回は初めて。
その点では、力を付けている印象は受けます。

しかし、馬場差ということもありますので、それだけでプラスとするのは早計と言えるでしょう。

前走の新馬戦での映像が配信されていませんので、映像から見極めるのは困難ですが、それでも時計だけの判断で言えば、そこまで変わりがあるとは思いません。

ファンタジーSの追い切りまとめ

以上、8頭の追い切りをチェックしました。
もしかしたら、水曜日追い切りの馬がいるかもしれませんが、恐らく2歳馬にそんな無理な負荷は掛けないと思いますので、いても1頭くらいでしょうか。映像が更新されていましたら、後ほど追記させていただきます。

さて、今回の追い切りで上昇気配を感じたのは、ペイシャルアスボウルズの2頭でした。

ただ、今回の追い切り評価を見て判るように、デキ落ちと感じる馬がいませんでした。
有力馬もそのままの状態で出走できそうです。

こういう時は、実力通りで決まることも多く、言い換えれば上位人気馬で決することも多いです。
ただし、まだ実力差が分かりづらい2歳戦ですので、勝負するのであれば、違うレースの方がいいのかなという気もします。

では、合計10頭の追い切りを見ていきましたので、お薦め馬を紹介したいと思います。


  • ペイシャルアス
  • アーデルワイゼ
  • アルモニカ

新潟2歳Sで好走を見せたコーディエライトの追い切り映像が配信されていませんでした。
なぜか最近は、レーシングビュアで配信されていないメンバーが凡走している点は気になりますが、もしかすると何かあったのかもしれません。

ただ、ここまで3戦いずれも複勝圏内。
重賞でも結果を残しているのはメンバー唯一の存在で、侮れないでしょう。

ただ、坂路で29日(日)に追い切りを行っていますが、その時は減速ラップでした。
時計比較だけだと、デキ落ちも視野に入れておきたい部分です。

以上、ファンタジーSの追い切り考察でした。

メインレースの穴馬を60%以上予測している極旨コンテンツ!!

夏競馬は、穴馬狙いな好きにはタマラナイはず。
夏を走る馬は駄目馬ばかり...そう思っている人も多いかもしれませんが、ハンデ戦がメインとなる夏競馬
穴の予感したらココの『利益穴馬』を確認してください。

【毎週、本命+穴馬予想&毎週10レース無料公開】
波乱の夏重賞も含め名のあるレースの穴馬を予測済み。

以下を見てください。
7月7日、8日10レース中6レース三連単的中!!
しかも穴絡みの三連単!!これは必見です。

8日★福島10R/13★中京11R/13★函館11R/02,10
7日★福島9R/04★中京11R/12★函館12R/12

7月1日、6月30日も6レース三連単に利益穴馬が絡む高精度。

左枠の本命馬は3頭中2頭がくる確率も高く、手堅くいきたい場合も参考になります。

それに穴馬も予測済なので信じるに値する夏競馬仕様の予想と思います。

なので、見ておいて損はなし!
これが毎週無料公開!

今すぐ会員登録する方はコチラ

この無料予想での買い方は、本命馬3頭内を軸で組みたて+穴馬5頭を単勝倍率により掛け金変更調整=利益確保でき、プラス収支と同時に穴で一気に高配当へ。

穴馬のうち2頭を逆に軸にし2頭+本命3頭をうまく絡ませるのもありなのかなと。。。

無料予想で本命も穴馬もこれだけ精度高ければ、自信をもってお薦めできます。
メアド登録のみで無料予想が週末見れます。

無料予想の『利益直結馬』は
土曜日のレースは金曜日20:00までに公開
日曜日のレースは土曜日20:00までに公開

今すぐ会員登録する方はコチラ

※メールアドレスのみで登録できますが、メールアドレス入力後に登録をクリックして、リターンメールに記載のURLをクリックしなければ登録されません。登録されない場合は、コンテンツをご覧になることは出来ませんのでご注意下さい。

スポンサードリンク

シェアする

フォローする