エルムステークス2016出走予定馬|想定騎手と推定オッズ

こんにちは、暑い日が続きますね。

この記事では、エルムステークスの出走予定馬と、想定騎手や推定オッズをまとめています。

秋の大舞台を目指す陣営が出走を予定しています。

ナムラビクターは地方へ転厩してからの参戦。転厩してからの結果は今一つですが、元々地方の砂は合わないと言われていた1頭。もう一度中央を舞台に輝けるのかという点は注目です。

出走予定馬

左から馬名・斤量・想定騎手・推定オッズ

  • クリノスターオー 56.0 幸 4.8
  • サイモントルナーレ 56.0 横山和 163.2
  • ジェベルムーサ 57.0 岩田 8.9
  • ショウナンアポロン 57.0 松岡 14.3
  • ナリタスーパーワン 56.0 池添 58.7
  • ヒラボクプリンス 56.0 吉田隼 58.2
  • ブライトライン 56.0 福永 12.4
  • マルカフリート 56.0 四位 108.8
  • モンドクラッセ 56.0 三浦 2.3
  • リッカルド 56.0 黛 8.6
  • ロワジャルダン 57.0 モレイラ 3.9
  • (地)ナムラビクター 56.0 服部 32.8

有力馬考察

モンドクラッセ

前走は大沼Sで1着。父アグネスデジタル、母父ラグビーボール。

前走はレコード決着を制し、ビービーバーレルを3馬身突き放す好内容での勝利。前残りの展開となったのも、全頭が最後は力尽きた格好で、最後まで伸びたのは強さを感じさせる内容だった。

東海Sでは2着に入っているが、みやこSやフェブラリーSでは掲示板にも載る事ができていない点は、ダート路線の層の厚さを感じさせるものだが、前走のレースができればここでも活躍が見込める。

ロワジャルダン

前走は平安Sで10着。父キングカメハメハ、母父サンデーサイレンス。

今年初めに行われた東海Sでは3着に検討するも、その後はフェブラリーSで5着、アンタレスSで5着、そして前走平安Sでは10着と、重賞格付けを考えるとレース毎に成績を落としているとも言える。

昨年の秋をピークに、徐々に力を落としているようにも感じられ、そろそろ結果が欲しいところ。

ここでも大きく敗れるようであれば、早熟タイプだったと言えるのかもしれない。試金石の1戦。

先週の東京新聞杯は驚異の7847.5%達成!

重賞的中実績が凄い!
ここまで重賞は12鞍開催されましたがこの内11鞍を的中しています!

━━━━━━━━━━━━━━━━━

★2月の重賞的中実績

◆2/9東京新聞杯
「3連単16点」4→6→5人気の決着。
1255.6倍×600円=753,360円7847.5%

◆2/2根岸S
「3連単24点」3→1→9人気の決着。
692.7倍×300円=207,810円2886.2%

◆2/2シルクロードS
「3連単16点」3→6→8人気の決着。
1058.6倍×500円=529,300円6616.2%

━━━━━━━━━━━━━━━━━

★1月の重賞的中実績

3連単もしくは3連複の6~24点での攻略はさすがですね!
今後も重賞特化予想『EMINENT-エミネント-』は要注目です!

━━━━━━━━━━━━━━━━━

ここでは当週開催重賞予想が無料配信されます。今回はフェブラリーSの予想が出てきます!

重賞も絶好調ですが無料予想の方も調子が良くシルクロードS、AJCCと直近で的中しています。2鞍の買い目配信画像はコチラ

ここのアツい予想は見ておいて損はないと思います!僕はもうトリコになっているサイトです。

\メールアドレスを登録するだけ/

無料の会員登録はコチラ

/簡単登録で利用できます\