エリザベス女王杯 2018 出走予定馬|想定騎手と推定オッズ|モズカッチャンなど18頭が登録

エリザベス女王杯の出走登録馬をチェックしましたのでご確認ください。

注目はモズカッチャンの連覇となるかというところ。
札幌記念では牡馬に混じっての3着で力のあるところを見せました。

その他にもリスグラシューノームコアなど有力所が揃っていますので楽しみなレースとなりそうです。

これから年末のホープフルSまで毎週のようにG1が開催されます。
ルメール騎手に負けないように、自分も毎週のようにG1を勝ちたい。

想定騎手や推定オッズの掲載に、有力馬考察と現時点での注目馬なども掲載していますので参考にされる方は参考にされてみてください。
それではまずは登録馬をチェックしていきます。

エリ女の登録馬18頭

馬名斤量想定
アドマイヤリード56藤岡康
ヴァフラーム56川又
エテルナミノル56四位
カンタービレ54Cデム
キンショーユキヒメ56秋山
クロコスミア56岩田
コルコバード56浜中
スマートレイアー56武豊
ノームコア54ルメール
ハッピーユニバンス56松若
プリメラアスール56
フロンテアクイーン56蛯名
ミスパンテール56横山典
モズカッチャン56Mデム
リスグラシュー56モレイラ
レイホーロマンス56福永
レッドジェノヴァ56池添
ワンブレスアウェイ56津村

エリ女の推定オッズ

馬名推定オッズ
モズカッチャン2.7
リスグラシュー4.2
ノームコア4.8
レッドジェノヴァ8.3
カンタービレ9.7
フロンテアクイーン27.5
クロコスミア28.9
スマートレイアー35.4
コルコバード54.2
ミスパンテール60.4
アドマイヤリード84.6
ワンブレスアウェイ110.3
レイホーロマンス201.4
プリメラアスール268.8
キンショーユキヒメ427.7
ハッピーユニバンス495.2
ヴァフラーム588.1
エテルナミノル672.1

エリ女の有力馬考察

モズカッチャン
≪牝4/黒鹿 鮫島一歩厩舎≫

【前走】札幌記念 3着
【父】ハービンジャー
【母父】キングカメハメハ

昨年のこのレースの覇者。
G1馬の仲間入りを果たすも、京都記念では4着、海外のドバイシーマC6着、札幌記念3着と、大負けこそないものの連にすら絡めないレースが続きます。

ただ、前走の札幌記念の勝ち馬はサングレーザー。
その後は天秋にて2着に入る活躍を見せましたが、札幌記念ではサングレーザーからタイム差なしの3着でした。

本来ならば府中牝馬Sへ回る予定が病気で回避。
ここまで順調に来ていない部分は考慮して考えなくてはいけません。

そして、鞍上はMデムーロ騎手。
近走は勢いに乗れていないレースが続く印象を受けますが、実際、やはり不調気味だと判断していいでしょう。

この2頭は必ず気にしなければいけない部分です。
病気で回避した件に関しては追い切りからしっかりとチェックしていきますが、Mデムーロ騎手は…どうしましょう。

リスグラシュー
≪牝4/黒鹿 矢作芳人厩舎≫

【前走】府中牝馬S 2着
【父】ハーツクライ
【母父】American Post

G1レースで4度の2着がありますが、ここまで勝った重賞はアルテミスSと東京新聞杯の2つだけと、ここまで善戦を考えると少し物足りない。

昨年のエリ女では8着と、初めて掲示板から落ちたレース。
今年の安田記念でも8着に敗れていますが、どちらもモズの馬(エリ女はモズカッチャンで安田記念はモズアスコット)が優勝しています。
なんてことはない傾向かもしれませんが、どこにヒントがあるかわかりませんのでww

シルバーコレクターは、これから先もシルバーをコレクトしていく可能性がありますので、正直頭から買う気にはなれない。

今回は乗り替りでモレイラ騎手とのコンビ。
モレイラマジックでシルバーコレクターにピリオドを打てるかに注目。

ノームコア
≪牝3/芦 萩原清厩舎≫

【前走】紫苑S 1着
【父】ハービンジャー
【母父】クロフネ

紫苑Sを勝った後は秋華賞をパスして早々にここに照準を絞ってきました。
ノーザンファーム天栄にて英気を養い秋華賞へという狙いがありましたが、結局、疲労が抜けずにここを目標に仕上げられてきました。

ここまで5戦3勝3着2回と、いずれのレースでも複勝圏を獲得する活躍。

前走は春のクラシックで5着に好走を見せたマウレアを制しての勝利。

また、紫苑Sで3馬身差の圧勝だったものの、紫苑S組の次走がやや悲惨。
ハイレベルの3歳世代の牝馬ですが、紫苑Sを物差しに考えると痛い目を見る可能性は十分にあるでしょう。

有力馬は不安なポイントも多いので穴馬が激走しそうな気配も

上記の3頭のチェックポイントを見ていきましたが、不安材料もある中でのエリ女です。
多くの人はモズリスの叩き合いになるものと思っていると思いますが、順調に来ていない馬や勝ち切るには決め手に欠ける馬など不安材料が多いのも確かです。

その他の有力所で言えば、レッドジェノヴァとカンタービレなどがいますが、正直、このメンバーも不安なポイントはあります。
これ以下となると、昔はG1でも活躍していたものの既にピークが過ぎてしまっている馬や善戦はするもののなかなか勝ち切れない馬など、上位勢以上に不安ポイントが多い馬が揃いました。

有力所は揃いましたが、だからと言って確勝級の馬がいるわけではありません。

そんな中で、現時点で注目している馬は、【A】クロコスミアです。

今年に入り成績が急激に下降線をたどっていますが、コース適性は高い。
そもそもエリ女を好走するには、京都2200Mという距離を制しなければなりません。
京都と言えば直線は平地で、下りながら直線に入るので、そこまでタフさを求められないと考えられがちです。
しかし、エリ女の過去の勝ち馬を見ると、2400Mでの好走歴がある馬などが活躍しています。

長距離適正も大事になってくるレースですので、距離適性の高い馬を選択しました。
長ければ長いほどとは言い切れない馬ですが、2000M以上に適正があるのではないかと見ていますので、ここは非常に楽しみなレースとなりそうです。

前走は復調も感じさせる内容でしたので、使われた上積みを考慮して楽しみな存在です。