エプソムカップ 2019 最終追い切り評価|プロディガルサンが楽しみ

クリック応援をよろしくお願いします!
 最強人気ブログランキング にほんブログ村 競馬ブログ 追い切り重視へ

どうも、リッキーです。
ご覧いただきありがとうございます。

エプソムカップの最終追い切り評価について記載しました。
前走時の追い切りタイムや映像を比較して、今回の調子の良し悪しについて判断して評価を加えました。
予想の参考になるようにと思って更新していますので、参考になれば幸いです。

エプソムカップはなかなかの好メンバーが揃いました。
追い切り考察にも力が入ります。

それでは各馬の考察後に、最後にまとめとオススメ馬を発表していますので順番にご覧ください。

エプソムCの追い切り考察

評価は【S/A/A-B/B/B-C/C/D】の7段階評価です。
評価について、詳しくはこちらをご覧ください。

アップクォーク【B】

6月5日(水)美浦 南W(良)
【5F67.8-51.8-38.1-1F12.9】

2頭併せ内強め併入。
一旦は前に行くもののという内容となってしまいました。差し返されそうになった。

ただ、悪くはないと思いますので、前走程度には仕上がっていると思います。

カラビナ【B】

6月5日(水)栗東 CW(良)
【6F83.3-66.7-52.0-38.0-1F12.2】

単走強め。

少し掛かっているような雰囲気もある中で、コーナーを回っています。

直線はなかなか前に進んでいかないような形になりました。
体が太くは見えないのですが、どこか体が重たそうに映ります。

悪い内容ではない程度までとしておきます。

サラキア【B】

6月5日(水)栗東 坂路(良)
【52.8-38.2-24.9-12.3】

単走強め。

前走と比較すると、内容的には今回の方が集中力があり雰囲気は良かったです。

ただ、メリハリがない走りとなっていて、やや力が入っていないような形。
良く言えばリラックスしているし、悪く言えばやる気がない雰囲気に見えます。

内容的には前走程度までとしておきます。

ショウナンバッハ【B】

6月5日(水)美浦 南W(良)
【4F53.1-38.6-1F12.5】

単走末強め。

集中力を欠いたような走り。
直線向いたところで、外側を向いてしまい、鞍上の方に手綱を引かれる形になりました。

時計的には前走程度には仕上がっていると思います。
デキは悪くはないと思いますが、特に悪くはない程度です。

ストーンウェア【B】

6月5日(水)栗東 坂路(良)
【53.7-39.2-25.7-12.7】

単走強め。

5月18日のレースに出走してのローテですので、内容的には今回程度で問題ないと思います。
時計的には前走程度まで。
悪くはなっていないと思います。

ソウルスターリング【C】※回避

6月5日(水)美浦 南W(良)
【5F68.8-52.4-38.8-1F12.8】

単走馬なり。

掛かってるし舌を出しているし物見はするしで、全くいいところはなし。
能力は高いと思いますが、これでは好走は厳しいのでは。

もう5歳の牝馬ですので、成長は望めそうにないです。

今回、左前肢跛行の為取り消しとなりました。
ただ、状態的には悪いと思いましたので、この決定の方が良かったと思います。

しかし、本当に跛行だったのでしょうか…。

ソーグリッタリング【B】

6月5日(水)栗東 CW(良)
【6F86.4-68.9-53.3-38.9-1F11.7】

2頭併せ外強め併入。

2馬身前を追走して、アタマ差ほど直線で遅れていくようになっていました。
最後はグイっと伸びましたが、併入表記としましたが、アタマ差ほど遅れたようにも見えました。

1週前の時計も良かったです。
2週続けて時計の根拠はありますので、しっかりと評価しておきたいと思います。

ダノンキングダム【B】

6月5日(水)栗東 坂路(良)
【54.8-39.5-25.4-12.5】

単走馬なり。

真っ直ぐに前を見て走ってくれると良かったのですが、道中は物見をしていたのか斜め前を見ていました。

仕上がりは特に悪くはないと思います。
時計判断となりますが、それでも前走程度でしょう。
前走以上ということはないと思っています。

ブレスジャーニー【B】

6月5日(水)栗東 坂路(良)
【53.9-38.9-25.2-12.4】

単走強め。

どこか地味で、無駄な動きが多い印象を受ける内容となりました。
もう少しスマートに走ってくれると評価しやすいのですが…。

時計的には前走の方が良かったです。
ただ、末の時計は変わりないので、特に変わりないように感じます。

内容的には前走まで。
前走以上の仕上がりはないと思います。

プロディガルサン【B】

6月5日(水)美浦 南W(良)
【5F66.0-51.2-37.3-1F12.6】

2頭併せ外一杯半馬身先着。

勝負度合いは今回のメンバーでは上位だと判断できる内容でした。

久々の重賞となります。
まだ重賞未勝利の馬ですが、それなりにしっかりと仕上げてきたと判断しています。

前走時は坂路でみっちりとやりましたが、今回はコース追いを選択。
前走に引き続きしっかりと仕上がっていると思いますので、楽しみな1頭です。

ミッキースワロー【B】

6月5日(水)美浦 南W(良)
【5F70.3-55.2-41.2-1F12.9】

2頭併せ内馬なり併入。

仕上がり的には前走程度までで、前走時はデキ落ち評価としていましたが、メンバーを考慮すると楽しみと判断していました。
地力が高い馬だからこそできる評価です。

特に変わった様子は見当たりませんので、良い意味でも悪い意味でも前走程度までです。

レイエンダ【B】

6月5日(水)美浦 南W(良)
【4F54.7-40.5-1F13.1】

2頭併せ内末強めクビ差先着。

僚馬を2馬身先行させての内容で、直線入るとすぐ後ろにつけて、最後はやや強めに追われるとクビ差前に出たところでした。
いつも通りの調整程度で、これまでと変わったようには感じません。

前走程度までと判断しています。

追い切りまとめとオススメ馬

さて、追い切りチェックを行いました。

今回の追い切りで上昇気配とした馬はいませんでした。

今回はやはりG3のレースということ、なんの前哨戦でもないことが挙げられます。
サマーシリーズを目指す馬が多いと思いますが、その点を含めて仕上がり良好とまでは言えないところでした。

ただ、内容を見るとプロディガルサンは勝負度合いは高いと思います。

能力はある馬だと思いますので、6歳だけにここで本気で重賞をと考えていると考えてもいいかもしれません。

基本的に前走好走組がそのままの状態で出走できると思いますので、その辺りが中心となりそうです。

以下、まとめです。

  • プロディガルサン
  • ソーグリッタリング
  • ミッキースワロー

今回はこの3頭をオススメしておきます。馬券の参考になれば幸いです。