【エプソムカップ2016予想】穴馬1頭を選んで単勝と複勝で勝負!

こんばんは、リッキーです^^ご覧いただきありがとうございます。

この記事では、エプソムカップの予想の見解と推奨馬の発表を行っています。

今回は無理に2頭を選ぶよりも、好調馬1頭の単勝と複勝で勝負したいと思います。

エプソムカップの最終追い切りの様子はこちらをご覧ください。

さて、エプソムカップの最終追い切りで【A】評価を与えていたのは、回避してアハルテケSに向かったオリオンザジャパンだった。

結果は8人気で4着と惜しい結果となってしまった。アハルテケS自体の勝負度合いは弱いと判断したものの、そもそも追い切り動画が配信されていないので記事にするのが難しかったものの、エプソムカップの追い切りで回避したにも関わらずオリオンザジャパンの追い切り内容を残しておいた点からも、結構自信があった1頭だった。なので、オリオンザジャパンの単勝と複勝を握りしめていただけにこの4着は痛かった。

芝スタートであそこまで出遅れてしまったのであればスピードに乗りきれないのは仕方がない。

自信がある中での単勝と複勝だったので、正直言ってやる気を失っているww

ただ、オリオンザジャパンの狙い目としてはやはり追い切りでどれだけ動けたのかという点に着目すべきだろうと思う。これまでの内容とは全く違ったので、こういうものを穴馬としてフォローしていくにはやはり追い切りは必要不可欠だと感じた。

ただ、2着3着も人気薄だったので、この言葉もあまり響かないのだろうと思うけれど( >_<; ) 今回のエプソムカップは、昨日のアハルテケSのリベンジとばかりに、穴馬の単勝と複勝で勝負したいと思います。

予想

いつもであればここでKLANのデータを利用して見解を述べていくのだが、今回はもうこの馬と決めているので傾向は意識しないで見てみたい。

正直言って、ここまでスルーされるとは思っていなかったので不思議だが、追い切りをみた時から決め打ちをしようと決めていた1頭。

ここで変える訳にはいかない。

今回の勝負馬

今回は追い切りで上昇気配を感じさせていたサトノギャラントの単勝と複勝で勝負したい。

重賞での好走歴はあるものの、重賞は未勝利。それも、近走は重賞では用無しを感じさせる成績ばかりだが、今回の追い切りはこれまでと比べても雰囲気が一変しているように感じた。

この感触が本物であれば、ここで大駆けがあってもおかしくない。

恐らく当日のオッズを見ても、下から数えた方が早い人気になっているはずだ。

単勝と複勝で十分に勝負できる。