【ダービー卿チャレンジトロフィー2016最終予想】馬連とワイドの2点勝負!

こんばんは、リッキーです^^ ご覧いただきありがとうございます。

この記事ではダービー卿チャレンジトロフィーの最終の予想を行っています。

今回も馬連とワイドの2点勝負を行っています。

中山のマイルを舞台に繰り広げられるレースに、サトノアラジンやロゴタイプなどの強豪に、ダッシングブレイズやキャンベルジュニアなどの4歳馬がどうやって挑むのかというのも見どころの1つですね。

ダービー卿CTの考察と予想

ダービー卿チャレンジトロフィーの最終追い切りは「【ダービー卿チャレンジT2016最終追い切り】5段階評価とお薦め馬」をご覧ください。

中山1600Mを舞台に行われるダービー卿CT。

中山1600Mはスタート直後には2コーナーを迎え、そこから緩やかなカーブが続く三角おむすびのような形。

その為、ポジションで内を取れないと外々を終始回る事になるため、圧倒的な内枠の逃げ先行馬が有利と言える。

また、最後の最後には中山名物の急坂が待っており、中山適性が強く求められるコースが中山1600M。

今回のレースで、枠に恵まれたのはキャンベルジュニアクラレント

逆に、有力馬として人気を集めそうなロゴタイプにとってみればこの枠はあまり恵まれた印象はない。

また、最終追い切りでお薦めしていたテイエムタイホーも、この枠ではなかなか手が出しづらい枠となってしまったのが、非常に残念だなと感じるレースです。

勿論、追い切りの動きはとても良かったので、穴狙いで狙っても面白いですが、やはり中山1600Mを意識すると、ここでは買いにくさを感じてしまいます。

追い切りの様子と出走表、そして近走の走りから2頭に絞って馬連とワイドで勝負したいと思います。

1頭目

1頭目に選ぶのはサトノアラジン

先行しても、差してもレースが出来る自在性がここでは生きてくる。内目の枠が取れたことで、それは如実に表れてきそう。

重賞未勝利と言う点はやはり勝負弱さを露呈している結果も、ルメール騎手の意欲的な調教への参加は、この馬に重賞ウィナーをもたらし、今後の活躍に期待しているため。

そろそろ重賞勝ちを収めたいと思っているはずで、それは調教へも表れていた。

2頭目

2頭目に選ぶはキャンベルジュニア

追い切りでは前走以上にしっかりと乗り込まれていた。

前走後には外厩を経由して厩舎に入っていることからも、きっちりとここを目標に調整が完了。

侮れない1頭。

ダービー卿CTの予想まとめ

今回は堅いところでの決着となると思います。

穴馬を挙げるとすれば、追い切りで動けていたテイエムタイホーをお薦めしたいですが、やはり気になるのが枠。どうしてもここが引っかかります。

それらを考慮すると、ここはやはりサトノアラジンとキャンベルジュニアの2頭が良いでしょうね。

先週の東京新聞杯は驚異の7847.5%達成!

重賞的中実績が凄い!
ここまで重賞は12鞍開催されましたがこの内11鞍を的中しています!

━━━━━━━━━━━━━━━━━

★2月の重賞的中実績

◆2/9東京新聞杯
「3連単16点」4→6→5人気の決着。
1255.6倍×600円=753,360円7847.5%

◆2/2根岸S
「3連単24点」3→1→9人気の決着。
692.7倍×300円=207,810円2886.2%

◆2/2シルクロードS
「3連単16点」3→6→8人気の決着。
1058.6倍×500円=529,300円6616.2%

━━━━━━━━━━━━━━━━━

★1月の重賞的中実績

3連単もしくは3連複の6~24点での攻略はさすがですね!
今後も重賞特化予想『EMINENT-エミネント-』は要注目です!

━━━━━━━━━━━━━━━━━

ここでは当週開催重賞予想が無料配信されます。今回は共同通信杯の予想が出てきます!

重賞も絶好調ですが無料予想の方も調子が良くシルクロードS、AJCCと直近で的中しています。2鞍の買い目配信画像はコチラ

ここのアツい予想は見ておいて損はないと思います!僕はもうトリコになっているサイトです。

\メールアドレスを登録するだけ/

無料の会員登録はコチラ

/簡単登録で利用できます\