デイリー杯2歳ステークス 2018 出走予定馬|想定騎手と推定オッズ

ども、リッキーです。
デイリー杯2歳ステークスの出走予定馬情報を中心にお届けしています。
想定騎手や推定オッズの情報なども掲載しています。

登録は10頭と少頭数。12月の大舞台へと続く大事なステップレース。
ただし、ここを勝った馬はなかなか大成しないことが増えてきました。

人気の中心となりそうなのはアドマイヤマーズ。
新馬戦と中京2歳Sを連勝して重賞へ挑みます。

その他の有力馬の考察も行っていますので、もしよろしければ最後までご覧下さい。

デイリー杯2歳Sの登録馬10頭

馬名斤量想定
アズマヘリテージ54Cデム
アドマイヤマーズ55Mデム
シャドウエンペラー55和田
スズカカナロア55岩田
ダノンジャスティス55川田
ドナウデルタ54モレイラ
ハッピーアワー55秋山
マイネルフラップ55○○
メイショウショウブ54池添
ヤマニンマヒア55武豊

デイリー杯2歳Sの推定オッズ

人気の中心となりそうなのはアドマイヤマーズ。2戦2勝の無敗で重賞に挑戦します。
続くのがダノンジャスティスとドナウデルタの2頭。
人気上位は3頭で構成され、その他は伏兵馬から穴馬の存在となりそう。

馬名推オッズ
アドマイヤマーズ2.2
ダノンジャスティス3.0
ドナウデルタ3.8
ヤマニンマヒア16.3
ハッピーアワー16.7
シャドウエンペラー29.2
スズカカナロア46.7
アズマヘリテージ47.4
メイショウショウブ149.7
マイネルフラップ401.3

有力馬考察

アドマイヤマーズ
≪牡2/栗 友道康夫厩舎≫

【前走】中京2歳S 1着
【父】ダイワメジャー
【母父】Medicean

新馬戦でハナ差のケイデンスコールは、続く新潟2歳Sを勝利。
前走3馬身差付けた2着のエイシンゾーンが、同重賞で5着に入ったことから、この馬も重賞級であることを証明した形。

今回は7月以来の実践となったものの、1週前はMデム騎手が跨り6F82.5秒でCWを駆け抜けています。
時計だけを見ると上々の追い切りを消化していて、最終リハの様子を見るのが楽しみです。

ダノンジャスティス
≪牡2/鹿 中内田充正厩舎≫

【前走】新馬 1着
【父】Kingman
【母父】アルデバラン2

ダノン×中内田調教師のコンビは、ダノンプレミアムを連想させる。
1週前はそのダノンプレミアムに追い切りで先着を見せるなど、好調さを感じさせる内容を消化していました。

そのダノンプレミアムは2歳王者になりますし、この厩舎は2歳馬育成なら強いところを見せていますのでその分期待できます。

追い切りでは元気なところを見せていますので仕上がりは良さそう。
こちらも最終リハの様子を確認して予想考察へ繋げていきたい。

ドナウデルタ
≪牝2/鹿 石坂正厩舎≫

【前走】牝未勝利 1着
【父】ロードカナロア
【母父】ディープインパクト

母親はドナウブルーで、12年の京都牝馬Sと関屋記念を制するなど、マイルを中心に活躍を見せた馬でした。
母母はドナブリーニですから、ジェンティルドンナが近親にいる血統となります。

血統的には良血の部類に入るだけに、今後の活躍に期待したい。

新馬戦を勝ったブラックダンサーが、続くアルテミスSで15着の最下位に沈みました。
前走の未勝利戦の上位馬は、その後は未勝利を脱出できていない(4着イベリスは次走で勝ち上がり)だけに、2戦続けてレースレベルに疑問が残るレース。

推定オッズ付近まで人気するのであれば、まずは疑って掛かりたい1頭であることは間違いないでしょう。

現時点での注目馬は前走から巻き返しを狙うあの馬

それでは現時点で注目している馬について記載しておきます。

その馬は、前走は負けてしまったものの、新馬戦の再現に期待したい【B】シャドウです。
前走は見せ場なく沈んだものの、相手関係を考えるともう少し出来たのではないかと思います。
新馬戦を振り返った時に感じるものがありますので、ここは直感的に期待したい1頭に推薦しておきます。

前走は最内スタートで徐々に位置取りを下げていき、一時は最後方追走となった時間帯もあった。
これで乗り方は分かったはず。
3戦連続手綱を握る予定になっていますので、キレる脚がないことは分かった前走ですので、流れに乗って前でレースが出来れば一変しそう。
人気はないかもしれませんが楽しみな馬です。