ディープインパクト産駒は3000m以上は未勝利?!菊花賞の血統傾向2015

こんにちは、いつもご覧いただきありがとうございます。

さて、今週末に行われる菊花賞の血統について調べると、ディープインパクト産駒の意外な特徴が浮かび上がってきました。

ディープインパクトと言えば、言わずと知れた3冠馬。皐月賞・日本ダービー・菊花賞と圧巻の走りを見せての優勝でした。

しかし、その産駒である馬を見ていくと、実は3000m以上の長距離レースで、まだ1頭も勝ち馬が出ていません

ディープインパクト産駒の距離別成績

平場・特別と問わずにディープインパクト産駒の純粋な距離別の成績を見ていきたいと思います。

ディープインパクト産駒の距離別成績

対象としたのは、芝で行われたレースに出走した年齢を問わないディープインパクト産駒、6355頭(出走した回数)です。

上記の画像を見ていただければ分かる通り、根幹・非根幹距離問わず一定レベルで走っているにも関わらず、距離2500m以上となると勝率・連対率がガタッと落ち込み、距離3000m以上となると未勝利となっています。

まだ一度もディープインパクト産駒が3000m以上のレースで優勝していない。

菊花賞が行われる3000mは、他に阪神大賞典と万葉Sがありますが、菊花賞では13年サトノノブレスが2着に入ったのが最高順位で、阪神大賞典に関しては今年デニムアンドルビーが2着に入ったのが最高順位となっています。

今年のディープインパクト産駒はアルバートドックサトノラーゼンリアルスティールの3頭。

特にサトノラーゼンとリアルスティールは人気が集まりそうですが、血統傾向から言えば、3000m以上のレースではアタマでは買いにくいと言えるのではないでしょうか。

勿論、これから先、もっとも今週行われる菊花賞でも勝てないのかと言われると、過去は2着には来ているので、いつ勝ってもおかしくないもののというレベルだと思います。

しかし、現状はこの距離は未勝利である点は、やはり頭のどこかに叩き込んでおく必要はあるのではないかなと思います。

稼ぎたいという夢を掴む

吉成周蔵氏が発起人となり、これまでバラバラだった「うまコラボ」「Hit Make」「競馬の殿堂」のサービスを統合。
競馬ファンが夢を掴む場所を作りたいという思いに賛同したサイトが堂々集結して生まれたのが「うまとみらいと」です。

タダで会員登録を行う方はココから

本登録に必要なものはメールアドレスのみ。
メールマガジンはいつでも解除することができます。

うまコラボは多数のWEBサイト、そしてWEB広告でも取り上げられていたのでご存知の方も多いはず。
超大手ウェブサイト(Ya○oo!Japan)の広告にも出稿していましたので、サイトの安全性は折り紙付き。審査が厳しいのが今の広告業界ですから。

競馬の殿堂は、完全無料を貫くことで会員との間に信頼関係を築くことを念頭に運営。
Hit Makeは、城戸氏が穴一筋15年で運営されてきたサイトで、これまでも多くの会員に笑顔と多くの配当を提供してきました。

話題になるほどまでに成長した「うまとみらいと」の一体何が凄いのか?

その1つは、完全無料から使うことができるという点。

例えば「うまコラボ」は、うまとみらいとに無料登録するだけで、各開催競馬場の午前中レース+その週の無料対象重賞1つの指数が見放題。

「競馬の殿堂」は、的中率90%オーバーを誇り、「Hit Make」では穴馬探しもお手の物。

会員数10万人以上の圧倒的な会員数を誇る「うまとみらいと」だからこそできる、これまで積み上げてきた実績、そして信頼。
多くの会員様に賛同していただけることは誇りでもあります。

皆さんの疑問に思っているかもしれません。どうやって稼いでいるのかということです。
何も悪いことはしていません(笑)

ちゃんと有料サービスもあります。
月額定額のものや買い切りのもの、有料の部分がないと運営はできませんから。
しかし、有料サービスへの念押しがなくても、有料会員数も右肩上がりで伸びています。

それは、無料で満足できなくなった会員が多いということ。
裏返せば、無料会員だけで得られる利益だけでは満足できなくなったという証拠ではないでしょうか。

今始めなければ、きっとあなたは後悔する。

もちろん、うまとみらいとを知らないのであれば、後悔しようもないでしょう。
しかし、今、この瞬間、知ってしまった、うまとみらいとの存在を。

あなたの知らない競馬の世界、少しだけ勇気を出して広げてみませんか?

的中・利益の全てが詰まった情報がこのうまとみらいとにはあります。
競馬に未来への可能性を感じたい方は、今すぐ無料の会員登録をするところから始めましょう。

ちなみに、今週の無料対象レースは『菊花賞』
今登録すれば、今週末の指数公開に間に合う。だから今登録するのをお薦めします。

無料会員登録はコチラから

本登録に必要なものはメールアドレスのみ。メールマガジンはいつでも解除することができます。
仮登録メールが送られてくるので、本登録を済ませてご利用いただけます。

スポンサードリンク

お役に立ちましたらシェアをお願いします

フォローする

スポンサードリンク
スポンサードリンク