ダイヤモンドステークス 2017 出走予定|想定騎手と推定オッズに有力馬考察

こんにちは!
爆穴ブログのリッキーです。
いつもご覧いただきありがとうございます。

この記事では、ダイヤモンドステークスの出走登録馬17頭と、有力馬考察を行っています。
今現在注目している馬の掲載も行っていますので、お時間がありましたら最後までご覧いただければ幸いです。

リベンジに燃えるフェイムゲームや今年9歳になったファタモルガーナなど、若馬にもまだ負けないと頑張ります。
カフジプリンセスやキングルアウなど、注目の若馬もいますので、しっかりと狙っていきたいですね。

ダイヤモンドステークスの出走予定17頭

馬名斤量想定推オッズ
アルバート58.0Rムーア2.3
カフジプリンス54.0川田4.8
キングルアウ51.0吉田豊185.3
サイモントルナーレ48.0藤田菜203.9
サムソンズプライド54.0田辺14.3
ジャングルクルーズ56.0四位16.7
トウシンモンステラ53.0297.4
トーセンレーヴ57.0Sフォーリー56.9
ファタモルガーナ56.0蛯名5.8
フェイムゲーム58.0北村宏8.1
フェスティヴイェル53.0529.8
プレストウィック54.0戸崎22.5
プロレタリアト51.0杉原128.8
ヘイローフォンテン48.01098.3
ムスカテール56.0中谷104.8
ラブラドライト51.0酒井56.2

除外対象

馬名斤量想定推オッズ
フジマサエンペラー51.0田中勝456.7

有力馬考察

アルバート
≪牡6/栗 堀宣行厩舎≫

【前走】有馬記念 7着
【父】アドマイヤドン
【母父】ダンスインザダーク

昨年秋はアル共杯で2着に入ると、続くステイヤーズSを優勝しました。
2500Mと3600Mのレースで優勝しているので、今回は一番期待がかかります。

ただ、今回はトップハンデを背負うことになり、簡単にはいかないのではないか?と見ています。
斤量58kgを背負って3400Mは少々厳しい印象です。
ステイヤーズSで2着だったファタモルガーナは、今回の斤量が56kgで、その差は2kgとなりました。

ただ、長距離は特としている馬なので、特性が活きるスタミナ勝負となれば、58kgもクリアしてしまう可能性は高いでしょう。
アルバートにしてみれば、このメンバーであれば58kgはあってもないようなものかもしれません。

ただ、ヘグって4着の可能性も無くはないかなという印象を感じます。

カフジプリンス
≪牡4/栗 矢作芳人厩舎≫

【前走】日経新春杯 5着
【父】ハーツクライ
【母父】シンボリクリスエス

期待された菊花賞では、3人気と人気を集めたものの8着という結果となりました。
2600Mのレースで1勝1敗、3000Mのレースで1敗と、距離の壁がありそうな印象も。

ただ、父ハーツクライ産駒の特徴として、長距離戦や持久戦に強いというのがあります。
実例を出すと、ハーツクライ産駒の2500M以上の距離では【14・16・10・84】で、勝率11.3%・連対率24.2%・複勝率32.3%という数字を残しています。
(データは2014年~2016年上半期まで)

また、ハーツクライ産駒のダイヤモンドSの近10年のデータを見ても、【3・2・0・3】で、勝率37.5%・連対/複勝率62.5%と好成績を残しています。
単勝回収値も136円、複勝回収値も113円で、どちらもプラスになっています。

血統背景でも好走は出来そうです。

斤量も、54kgは手頃感あるものとなりましたので、ここは重賞勝利を収めたいところでしょう。

ファタモルガーナ
≪せん9/鹿 荒川義之厩舎≫

【前走】ステイヤーズS 2着
【父】ディープインパクト
【母父】エリシオ

昨年のダイヤモンドSでは3着の実績があり、昨年末のステイヤーズSでは2着に入りました。
3000M以上のレースで実績を残しているので、マラソンレースでの活躍が目立ちます。

ディープインパクト産駒は早熟傾向にあると言われていますが、牡馬ではそんなこともなく、8歳暮れで活躍できたのは好感が持てます。
昨年1年間で、4走しか使われていないのも好感ポイントで、消耗度はメンバーの中でも少ないと見ています。

ただ、最後の勝ち星は12年の条件戦で、長らく勝ち鞍から遠ざかっています。
その点では、1着で狙うよりかは、2列目以降で狙った方がいいという見方もできますね。
“勝てない馬”は、何をしても勝てないことはよくあることです。

現時点の注目馬

それでは、リッキーが現時点で注目している馬とその理由です。

現時点で注目しているのはフェイムゲームです。
前走のジャパンCでは最下位に、上半期ラストの宝塚記念でも最下位とG1では全く通用していませんが、ダイヤモンドSは昨年2着の実績で、14年・15年と連覇しています。

注目したいのはアル共杯の5着。
セン馬となって初めてのレースでしたが、5着に残れたのは評価したいポイントです。

通常、セン馬となると、2走くらいは凡走することが多いのですが、いきなりの好走を見せました。
続くジャパンカップは、能力差での敗戦と、2走ボケも考えられます。

休み明けは走る点も加味しても、オッズ10倍台が付くのであれば、積極的に狙ってもいいのではないかと見ています。

2018年もいよいよ残りわずか。
今年こそは競馬でプラスを望んでいませんでしたか?

『平成最後の』という言葉を最近よく目にするようになりました。
いよいよ来年の春には平成の世の中が終わり、新しい年号へと突入していきます。

今年の秋は、勿論ですが、平成最後の秋となります。

さて、突然ですが、あなたは2018年の初めに何を心に決めましたか?

競馬を愛する人は、もちろん『金運上昇』ではないでしょうか。

多くの悩みの殆どは『対人関係』か『金銭問題』です。

競馬をやる人は、初詣では言わずとも、その年初めの競馬に参加するタイミングで『初競馬』と言って験を担ぎます。
今年は勝てるように頑張ろうと思うものです。

さて、2018年の馬券の回収はどうなっていますか?

春先から好調だった人や、夏競馬で大きく負けを作ってしまった人。
夏競馬までは負け続きだったけれど、夏競馬で一気に負けを取り戻した人。
2018年はとにかく安定して勝てている人。

あなたはどのタイプですか?

今年こそはと思って競馬を始めても負けている人は、これまでの買い方や参考情報を変更して馬券を買うことも念頭に秋競馬に挑んだ方がいいです。

そこでご紹介したいのは『うまとみらいと』です。

\ 『金曜競馬CLUB』でもお馴染み! /

無料のお申し込みはこちら

※登録に必要なものはメールアドレスのみ

『うまとみらいと』の最大の特徴は、無料登録すると3つのサイトのサービスを利用できるという点です。

そんなお得なことってありますか?

そもそも『うまとみらいと』は、「競馬の殿堂」・「うまコラボ」・「HIT MAKE」の3つのサイトを吉成周蔵氏が統合して生まれたものです。

『うまとみらいと』に登録すれば、3つのサービスを一気に利用できるということになります。アカウントを作成すれば、3つのサイトを横断できると考えるといいでしょう。

この3つの中で、この文章を読んでいるあなたに1番にオススメしたいのが、指数攻略サイトの『うまコラボ』です。

指数を使って出走馬の力関係を明確に提示してくれますので、力関係はよく分からないレースでも、誰でも簡単に力関係が分かります。

もちろん、指数を使えば馬券が当たるのであれば、みんながみんな指数を利用しています。そう簡単にいかないのが競馬の面白いところでもあります。

しかし、予想のとっかかりがあるのとないのとでは、断然とっかかりがある方が良いです。予想の軸を決めることができるので、時短にも繋がりますから。

うまとみらいとに登録すると、うまコラボ以外にも、競馬の殿堂やヒットメイクを利用することができます。

『競馬の殿堂』は、完全無料主義を貫き、会員との信頼関係を第一に考える鈴木健一氏が作成したコンテンツサイトです。

うまコラボをオススメしていますが、指数が自分には合わないと思ってからでも、他のコンテンツが豊富だから損をした感じは受けないはずです。

登録に掛かる時間は2分も必要ありません。メールアドレスを用意して登録すると、すぐに自動折り返しのメールが登録したアドレス宛に届きます。そこに記載のURLをクリックすると本登録が完了、各コンテンツを利用できるようになります。

簡単登録で3つの統合されたコンテンツを利用できる。
『うまとみらいと』は、これまでの常識を覆す、とっておきの競馬情報サイトです。

この後の無料公開対象レースは以下の通りです。

■11/18(日) 京都11R マイルチャンピオンシップ(G1)
■11/25(日) 東京11R ジャパンカップ(G1)

今登録すれば、G1レースの指数を無料で見れるので、あなたの馬券に大きく影響するはず。

もちろん、毎週午前中のレースは無料登録でご覧いただけるので、これを使って午前中に資金を増やして重賞でデカく勝負することも可能です!

あなたもうまとみらいとに登録して、うまコラボの指数を使い倒してください。

\ 100%本気の情報をあなたに /

無料のお申し込みはこちら

※無料でご利用になれます

スポンサードリンク