フォローお待ちしております♪

Followしていただけるならこちらから

ダイヤモンドステークス 2017 最終追い切り評価|アルバートは8割くらいのデキ!?

2017/2/16/

こんばんは!
爆穴ブログのリッキーです。

この記事では、ダイヤモンドステークスの追い切り情報を探している方が分かりやすいように、各馬の評価をしています。
是非、参考にしていただいて馬券に結び付けていただければと思います。

春一番が九州地方で吹いたそうです。
天皇賞春が行われるステップレースとしては、春らしいニュースが流れ、いよいよ春のG1戦線へ向けてのレースが行われるんだなと思いますね。
すでに桜の開花予想なども始まっていて、桜花賞なども意識する季節になってきました。

春は眠たくなる季節ですが、しっかりと目を見開いて馬券へと追い切りをチェックしていきます。

追い切り考察

評価は【S/A/B/C/D】の5段階評価です。評価についてはコチラをご覧ください。

アルバート【B-C】

2月15日(水)美浦 南W(良)
【5F71.1-55.6-40.8-1F13.0】

3頭併せ内1頭3馬身先着、1頭併入。僚馬はいずれも3歳馬で、中を走る500万下馬と併入という形になりました。

仕上がりはある程度のところで作られていると思います。
ただ、1度置いて行かれそうになるなど、最後に盛り返した形で、反応の悪さも目につきました。

一息入っていますが、恐らく次走以降で作られていくのではないでしょうか。

カフジプリンス【B】

2月15日(水)栗東 坂路(良)
【51.5-7.5-24.8-12.6】

2頭併せ強め併入。僚馬が馬なりの中、併入というのは少々不安も感じます。

それでも全体で51.5秒でしたので、軽快に飛ばしていたと言えるでしょう。
若干、左右に小刻みに振られているので、もう少ししっかりと真っ直ぐに走れるといいのではないかと思います。

前走では全体51.0秒でしたが、その時と仕上がりはあまり変わりないのかなと思います。
僚馬が動く馬なので、こんなところだろうとも思います。

サイモントルナーレ【B】

2月15日(水)美浦 南D(良)
【5F66.4-52.4-39.0-1F12.6】

単走馬なり。腕は動いていますが、馬なりの範疇でいいと思います。

口向きが悪く、首の位置が高いですね。
それでも最後に12.6秒出ているので心配する必要はないと思いますが、その点は気になります。

今年11歳になるので、良化を願うのは酷なのかもしれませんが、この時計でもさすがに厳しいのでは。

サムソンズプライド【C】

2月15日(水)美浦 南P(良)
【4F55.9-40.6-1F12.8】

2頭併せ外強め3馬身程遅れ。時計自体もパッとしていないので、状態はそこまで良くないのでは。

前走で思いのほかダメージを受けている可能性は感じます。
ちょっと心配になるくらい簡単に離されてしまっているので、その点が減点対象でしょう。

ジャングルクルーズ【B】

2月15日(水)美浦 南W(良)
【5F70.5-55.4-40.4-1F13.3】

2頭併せ馬なり併入。外ラチ一杯を走っての最後は13.3秒ならばある程度のところでは作られていると思います。

最後は馬体は合わせますが、ハナ差からクビ差程遅れているのは気になるポイントです。
前走から一息入っていますが、そこまで状態が良くなったとは思えません。

8歳馬なので成長を願うのは酷なのかもしれませんね。

ファタモルガーナ【A-B】

2月15日(水)栗東 坂路(良)
【53.0-38.7-25.4-12.9】

単走強め。時計自体は可もなく不可もなくと言えますが、最後はやや苦しくなってきたように見受けることができます。
それでも12秒台で耐えているので、状態が悪いとは言えないでしょう。

今年9歳となりましたが、2013年7月以来の時計をマークしていて、昨年のダイヤモンドSの時と比べても時計がいいのが特徴かもしれません。
プラス加速ラップで終えれたら【A】評価で良かったのですが、最後に時計を落としているので前走よりかは良いくらいで留めておくべきでしょう。

フェイムゲーム【C】

2月15日(水)美浦 南W(良)
【5F70.8-55.3-39.9-1F13.3】

2頭併せ内強め併入。伸びそうで伸びきれず、併入扱いもハナさ程は遅れているかもしれません。
直線では馬体を併せるも、徐々に引き離されているような手応えでした。

それでも最後に盛り返したと言える内容でもありますが、動きを見るとやや時計が物足りないという見方もできます。
もしかすると、今回は休み明けから動ける状態ではない可能性は高いかもしれません。

評価はジャパンCからということになるので、当然落ちてしまうのですが、それでも下げ幅が大きいかなという感じもします。
【D】評価を付けるほどではないのですが。

フェスティヴイェル【B】

2月15日(水)美浦 南W(良)
【6F85.6-69.4-55.0-40.5-1F13.6】

2頭併せ内強め1馬身遅れ。遅れてはいますが、元々調整だけのような形かと思います。
馬体を併せることもなく後ろから抜かされています。

前走から間もないということもありますので、そのようになったのだと思います。
特筆すべきポイントはありません。

プレストウィック【A-B】

2月15日(水)美浦 南W(良)
【6F81.1-65.2-51.7-38.9-1F13.0】

2頭併せ内一杯併入。4馬身程離れたところから、最後の直線では2馬身差を縮める内容で好感は持てます。
本番さながらの鞭の入り方をしています。
負荷を掛けても問題ないほどの状態の良さの裏返しでもあるので、好感は持てますね。

ただし、僚馬は終始馬なりで、最後は手綱を引いたり緩めたりと、プレストウィックを待つような形にもなりました。

仕上がりはいつもながらという見方もできますが、前走から時計は伸びていて今回の方が全体時計も最後の時計もいいのは事実です。
6歳馬となりましたが、もしかすると今が良い時の可能性も。

プロレタリアト【B】

2月15日(水)美浦 坂路(良)
【52.9-39.3-26.2-13.2】

3頭併せ中一杯1頭4馬身遅れ、1頭1馬身程遅れ。相手が動いたとも言えますが、一杯に追われている中で差が付き過ぎました。

2月5日に全体51.9秒の時計を出す追い切りをやっているんですが、恐らく見落としがなければ坂路自己ベストで、2月8日の52.9秒も自己2位の記録。
2月に入って激しい追い切りを消化していますが、最終の動きを見る限りオーバーワークの可能性も。

その点は不安は感じますが、時計を出す追い切りは決して悪いことではないので、プラスマイナス0くらいで考えたいと思います。

ムスカテール【C】

2月15日(水)栗東 坂路(良)
【56.0-39.8-26.1-13.0】

単走強め。全体時計を見る限りでは、そこまで動かされたという感じはないんですが、しっかりと腕が動ているので強め表記です。

特筆すべきポイントはありませんが、次を狙っているのかなという感じの走りですね。
さすがに厳しいのではないでしょうか。

ラブラドライト【B】

2月15日(水)栗東 CW(良)
【6F85.9-69.8-54.4-39.9-1F12.2】

単走強め。最後はしっかりと負荷を掛けられましたが、リズムの悪さが目立つ内容となりました。
最後は時計は出ているんですが、それでも頭を高く上げてみたり、かと思えば急に沈み込んだりと、首の上げ下げ以外にも引っ掛かるような素振りを見せたりと、一言で言えば中途半端な走りになってしまいました。

今回の斤量は魅力ですので、それでも最後12.2秒であればと感じますが、相手関係が強化されているので微妙かもしれません。

ダイヤモンドSの追い切り考察とオススメ馬

映像配信のあった12頭をチェックしていきました。
長距離のハンデ戦というのは意識しなければなりませんが、上昇気配を見せた馬が少ないというのが本音です。

ただし、有力馬が上昇気配を見せずに、伏兵馬が上昇気配を見せているというのは荒れるレースとなる要因の一つです。
有力馬の仕上がりが甘いというのは、それだけ伏兵馬でも通用するということ。

その点では、今回上昇気配を見せていたファタモルガーナプレストウィックの二頭には注目したいと思っています。

ファタモルガーナは推定オッズではオッズ1桁を示していますが、仕上がりはとても良さそうですね。

プレストウィックに関しても、前走ステイヤーズSで4着というのは実力の1つだと言える内容かなと思いますが、G2では足りないというのはアル共杯とステイヤーズSで証明してしまった格好となりました。
まずは重賞をと思っているはずで、ハンデ戦のここで重賞取りを考えているはずです。
それは追い切りにも表れているなと思いますので、勝負度合いは高そうですね。
ここで買って、次は買わないという選択も必要かもしれません。

その他、【B-C】評価ではありますが、アルバートはそれでも仕上がりはある程度のところで作られていると思うので走れるとは思いますが、隙は大きいかなと思います。

カフジプリンスは【B】評価ですが、前走の走りから考えればここでも通用しそうです。
それだけの追い切りは消化しているとみていいでしょう。

以上の4頭をオススメ馬として紹介しておきます。

予想は、17日午後22時頃に公開予定です。
それまでは、フェブラリーステークスの追い切り記事などをご覧にてお待ちいただければと思います。

フェブラリーステークス 2017 最終追い切り評価|ゴールド圧巻の走りを披露!
こんばんは!爆穴ブログのリッキーです。フェブラリーステークスの追い切り情報を集めたいと思っている方向けに一生懸命書かせていただきました。是非、参考にされる方は参考にしていただき、馬券に繋げていただければ幸いでございます。今年のフェブラリーステーク...

≪17日22時30分更新≫
今、一生懸命に予想記事を書いています!
だけど、もう少々お待ちください!!

これまでの悩みを解消!
『コラボ@指数』は簡単に的中へと近づける神ツールだった!

今週の無料公開対象レースは『第157回天皇賞(春)』。
血統理論×スピード指数×統計データ×適正指数を組み合わせたコラボ@指数で、
長距離適正の高い馬をあぶり出す。

あなたも天皇賞春の指数をチェックしましょう!!

さて、これまでのデータは、漠然と切る馬は見つけられても勝つ馬を見つけるのは大変な作業でした。
結局、消去法で残ったのは、有力視されている馬ばかりということも多々ありました。
データ競馬の限界、そう考えることもありました。

そんな常識を覆す、全く新しい異次元の競馬データが公開されましたのでご紹介します。
まだ使ったことがない方は、オススメのサイトですのでご利用されてください。

直近の成績も安定して的中しています。
あなたはこれほどまで的中を叩き出していますか?

直近の成績でも、これだけの数字を叩き出しています。
指数上位6頭に注目するだけで、あなたの馬券は大きく変わっていくことでしょう。

今スグ無料登録をされる方はコチラ

この『うまコラボ』を使うことで、あなたは以下のことが可能になります。


1.予想する必要はないのでその時の感情に左右されない
2.1レースの買い目を、たった1分で出すことができる
3.点数は36点~60点(3連単の場合)
4.3連単が3回に1回的中させる事ができる
5.その結果、猛烈なスピードで競馬収支が上がる


10回に1回的中すれば良い方と言われてる三連単が、手間なく少点数で3回に1回的中。
3連単が3回に1回的中というのは凄いことです。

「当たらない・・・イライラする・・・。」
そんなこれまでの競馬は一瞬で過去の話になります。
これまで感じていた悩みから解放されることでしょう。

<うまコラボの利用方法>
すべての方、登録無料をお済ませ下さい。
■無料会員:各競馬場の前半戦6Rまで指数見放題+北条ブログにて対象重賞指数公開
今週は『天皇賞春』の指数を無料でご覧いただけます。
■有料会員:各競馬場の12Rまでの指数見放題(有料へ申込の方のみ)

無料会員でも、1日のうち数レース分の指数が見れます。
これは本当におトクです!見ないという選択肢を選ぶことはモッタイナイ!!

以下のリンクからお進みいただき、メールアドレスを登録して下さい。仮登録メールが送られてきますので、メール内記載のURLをクリックすると、無料会員登録が完了します。

あなたも指数という強い武器を手に入れて、馬券成績を向上させましょう。

今週の無料公開対象レースは『第157回天皇賞(春)』。
血統理論×スピード指数×統計データ×適正指数を組み合わせたコラボ@指数で、
長距離適正の高い馬をあぶり出す。

あなたも天皇賞春の指数をチェックしましょう!!

今スグ無料登録をされる方はコチラ

-追い切り情報
-