ダービー卿チャレンジトロフィー 2019 出走予定|想定騎手と推定オッズ

クリック応援をよろしくお願いします!
 最強人気ブログランキング にほんブログ村 競馬ブログ 追い切り重視へ

どうも、リッキーです。
ご覧いただきありがとうございます。

土曜日の中山メインであるダービー卿CTの出走予定馬情報をまとめました。
想定騎手や推定オッズも同時に掲載しております。

まだ目標は先となりそうですが、上半期は安田記念を狙っている陣営が叩きとして使うレース。
マイラーズCなどもありますが、G2では厳しいけれど、G3のハンデ戦ならどうにかならないかという陣営の出走などもありますので、これはこれで楽しい前哨戦です。

それでは登録メンバーをチェックしていきたいと思います。

ダービー卿CTの登録馬チェック

馬名斤量想定
エイシンティンクル53和田
カツジ57松山
ギベオン57.5蛯名
ジョーストリクトリ56柴田善
ダイアトニック54北村友
ダイワキャグニー57石橋脩
ドーヴァー56田辺
ハクサンルドルフ55内田博
ヒーズインラブ56.5ミナリク
フィアーノロマーノ55川田
プリモシーン55福永
マイスタイル56横山典
マルターズアポジー57武士沢
ヤングマンパワー56○○
ロードクエスト57三浦

抽選

馬名斤量想定
キャプテンペリー55大野
ショウナンライズ54吉田豊

除外対象

馬名斤量想定
ウインファビラス52松岡
キョウヘイ55勝浦
ミュゼエイリアン55○○
ゴールドサーベラス54○○
ストーミーシー54杉原

推定オッズ

馬名推オッズ
ギベオン3.5
プリモシーン4.3
ダイワキャグニー5.8
カツジ7.5
ロードクエスト10.9
マイスタイル12.1
フィアーノロマーノ14.9
ドーヴァー19.9
ダイアトニック27.8
ヒーズインラブ38.6
ジョーストリクトリ44.4
エイシンティンクル59.6
マルターズアポジー80.6
キャプテンペリー124.9
ハクサンルドルフ157.2
ショウナンライズ225.4
ヤングマンパワー232.6

有力馬考察

ギベオン
≪牡4/鹿 藤原英昭厩舎≫

【前走】金鯱賞 6着
【父】ディープインパクト
【母父】Ghostzapper

注目の4歳世代ではあるものの、金鯱賞ではダノンプレミアムから1.1秒差と離されています。
NHKマイルCでは2着とG1連対実績があるものの、適距離を悩んでいる印象は受けます。

トップハンデを背負うので、昨年の12月の中日新聞杯の勝利とNHKマイルCの2着が評価されているものと思います。

前走は6着でしたが、逃げたタニノフランけるが10着と沈んでいます。3番手を進んでムイトオブリガードが7着ですので、前々を走る馬は厳しいレースだったと判断していいでしょう。

好走歴のあるマイルにチャレンジ。
安田記念に目標を切り替えてきた証とも思えますが、NHKマイルCと同舞台ですので、まずはここを試金石とみて走ってくるでしょう。

プリモシーン
≪牝4/青鹿 木村哲也厩舎≫

【前走】ターコイズS 8着
【父】ディープインパクト
【母父】Fastnet Rock

フェアリーS・関谷記念と、マイル重賞で2勝を挙げています。
フェアリーSは中山マイルですので期待したい部分はありますが、前走はターコイズSで8着と精彩を欠いた形。

乗り替りが発生していて、今回は福永騎手が騎乗予定。
G1勝利の勢いで土曜日連続重賞騎乗機会で勝利を収められるか。

前走は前が詰まったので、その点では度外視してもとは思う。
こちらも強い4歳世代。これからが楽しみな1頭ですので、ここは通過点としておきたいところでしょう。

1週前は時計判断しかできませんが、引き続き具合は良さそうです。
最終リハの動きをチェックして、しっかりと見極めたいと思います。

ダイワキャグニー
≪牡5/黒鹿 菊沢隆徳厩舎≫

【前走】東風S 3着
【父】キングカメハメハ
【母父】サンデーサイレンス

重賞での好走歴はあるものの、今だ重賞未勝利となっています。
前走はリステッドで3着と、堅実に走るものの相手なりにというよりも、自分のペースや展開が合わないと厳しい馬です。
OPで3勝しているので、そろそろ重賞勝利が欲しいところでしょう。

こちらも適距離に迷いがある印象で、できれば1800Mの重賞でという部分はあるのかもしれませんが、その距離は重賞も疎らなので仕方がないのかもしれません。
適距離じゃない実力馬にあっさりと交わされてしまうので、その点では1600Mか2000Mかに活路を見出したいところでしょう。

1週前の段階では軽めの調整まで。
今週の最終リハ次第と言えるでしょうから、しっかりと確認していきたいと思います。

予想参考情報と現時点での注目馬

まだ本番が先になるため、ここから始動するものの試走程度で状態をここから上げていきたい陣営と、賞金加算をしたいメンバーとG3を勝ちに行きたいメンバーとで温度差があるレース。

また、それに相まってハンデ戦ということで、自力の高い斤量を背負わされたメンバーが沈むこともあるのがこのレースの特徴です。

人気着別度数勝率連対率複勝率
1番人気2- 2- 0- 6/ 1020.0%40.0%40.0%
2番人気0- 1- 3- 6/ 100.0%10.0%40.0%
3番人気1- 0- 0- 9/ 1010.0%10.0%10.0%
4番人気2- 3- 0- 5/ 1020.0%50.0%50.0%
5番人気3- 0- 1- 6/ 1030.0%30.0%40.0%
6番人気0- 1- 1- 8/ 100.0%10.0%20.0%
7番人気1- 1- 1- 7/ 1010.0%20.0%30.0%
8番人気1- 0- 1- 8/ 1010.0%10.0%20.0%
9番人気0- 1- 2- 7/ 100.0%10.0%30.0%
10番人気0- 1- 0- 9/ 100.0%10.0%10.0%
11番人気0- 0- 0- 10/ 100.0%0.0%0.0%
12番人気0- 0- 1- 9/ 100.0%0.0%10.0%
13番人気0- 0- 0- 10/ 100.0%0.0%0.0%
14番人気0- 0- 0- 10/ 100.0%0.0%0.0%
15番人気0- 0- 0- 10/ 100.0%0.0%0.0%
16番人気0- 0- 0- 9/ 90.0%0.0%0.0%
17番人気0- 0- 0- 1/ 10.0%0.0%0.0%
18番人気0- 0- 0- 1/ 10.0%0.0%0.0%

ご覧の通り、上位人気の馬があまり走れていません。
一方で、4人気5人気辺りの、本命ではないものの伏兵馬と目されているメンバーが好走するケースが多いのが特徴です。

ただ、大穴が走っているということもなく、現状では、下位の人気馬の好走は少なくなっています。

この辺りはハンデ戦を意識して組み立てなければいけないものの、人気をどう扱うのかというのは注意しなければなりません。

さて、そんな中で現時点で注目しているのは、【B】ダイアトニックです。

ここまで勢いに乗って好走を続ける1頭。
今回のメンバーでは伏兵馬の扱いまでとなりそうですが、前走は強い形で勝利を収めた。
少頭数の中で多頭数のレースでどうなのかは見えてきませんが、器用さは兼ね備えている。
期待の4歳馬で、成長著しく、侮れない。

以上、ダービー卿CTの出走予定馬情報でした。