中日新聞杯 2017 最終追い切り評価|メートルダールが好内容を消化

こんにちは!
爆穴ブログのリッキーです。

12/9に中京で実施の第53回中日新聞杯の最終追い切り考察を中心に書いています。
出走予定馬情報を記載していませんでしたが、ミッキーロケット・マウントロブソン・メートルダールなどの有力馬が出走します。

今回は映像配信のあった馬の最終追い切りの考察を行いましたので、皆様の予想の参考にされてみてください。

追い切り考察

評価は【S/A/A-B/B/B-C/C/D】の7段階評価です。
評価について、詳しくはこちらをご覧ください。

ケントオー【C】

12月6日(水)栗東 坂路(良)
【52.3-38.4-25.5-12.8】

単走強め。
反応しているのかが微妙な印象です。
全体時計は出ているので、少しバテているのかなと感じる内容でした。

この中間は、加速ラップを刻めない追い切りが続いています。
今回はデキ落ちを感じる内容でした。

ショウナンバッハ【B】

12月6日(水)美浦 坂路(稍重)
【54.3-39.8-26.2-12.9】

単走一杯。
加速ラップを刻む意欲的な追い切りでした。
ただ、前走の方が全体時計が抜群に良いんですよ。
今回は全体時計が悪くなっているのが心配材料です。

状態的には特に悪くないと思いますが、良くなったとも感じません。
悪くない程度で見ておくべきではないかと判断していいでしょう。

スズカデヴィアス【B】

12月6日(水)栗東 坂路(良)
【54.4-39.0-25.1-12.4】

単走末強め。
徐々に進行方向に対し左へと流れているのが気になる部分です。

それ以外では、特に悪い部分は見当たりません。
現状では、前走程度のデキで出走できるのではないでしょうか。
前走は2着に好走していますので、今回も同じくらいで出走できる見込みです。

タイセイサミット【B-C】

12月6日(水)栗東 坂路(良)
【51.4-37.6-24.9-12.6】

2頭併せ一杯併入。
脚色は僅かにタイセイサミットの方が良かったですが、僚馬は馬なりで待っている状況でしたので、全体的には地味な動きでした。

休み明けの1戦ですので、やや状態が整っていない印象は受けます。
こういうラップの刻み方はいつも通りと言えばいつも通りですので、時計的には休み前とは変わらず。
映像からはここを使ってからさらに良くなりそうな雰囲気を感じます。

バンドワゴン【B-C】

12月6日(水)栗東 坂路(良)
【51.9-37.9-25.7-13.4】

単走強め。
追われてからの反応が今一つと言えるラップの刻み方をしています。
ただ、全体51.9秒で駆け抜けていますので、その点では最後にやや息が上がったもの。
負荷はしっかりと掛かっていると判断していいでしょう。

それでも、最後は1秒以上遅れるラップですので、休養明けですので、ここを使われてから更に良くなるのではないでしょうか。

フェルメッツァ【B】

12月6日(水)栗東 CW(良)
【6F81.9-66.6-52.6-39.7-1F12.5】

単走末強め。
最後に促されて時計は伸びているので、反応良くと判断していいでしょう。
全体時計も6F81.9秒であれば申し分ないもの。

ただ、前走も同じような時計を刻んでの惜敗。
状態的には前走を維持している程度で見ていいでしょう。
好走はできる見込みです。

フルーキー【B】

12月6日(水)栗東 坂路(良)
【52.0-37.9-25.0-12.8】

2頭併せ一杯併入。
追われてからもう1つ伸びてきませんでした。
僚馬は馬なりからやや動かされての内容でしたが、追いつくのがやっとという時計です。

ただし、全体時計は52秒なので、決して悪いということはないでしょう。
もう少し伸びてくれても良かったと感じますが、この馬の仕上がり的には申し分ないでしょう。

マウントロブソン【B-C】※

12月6日(水)美浦 南W(良)
【5F68.5-53.4-39.5-1F13.7】

2頭併せ内強め半馬身遅れ。
しっかりと伸びるよなフォームを見せていますが、徐々に僚馬に遅れる内容となりました。
見た目は地味です。

※前走の追い切りが靄で見えない内容でしたので、前走の情報がありません。
札幌記念と比べると、状態的には落ちる。
評価し辛い部分がありますが、恐らくデキ落ちではないかと推測します。

マキシマムドパリ【B】

12月6日(水)栗東 坂路(良)
【54.1-38.7-24.4-11.8】

単走馬なり。
少々追われているような走りをしていますが、馬なりの範疇としておきます。

しっかりとした脚捌きで好感は持てます。
時計もついてきていますので、状態は前走を維持していると判断していいでしょう。
好走に期待したいです。

ミッキーロケット【B】

12月6日(水)栗東 坂路(良)
【52.4-38.3-25.2-12.7】

2頭併せ強め1馬身先着。
僚馬のレコンダイトは一杯に追われていますが、1馬身先着しているのは好感が持てます。

前走はG1天皇賞秋でしたが、その時に比べても特段変わった印象はありません。
さすがにメンバーが強力だったので、その点で厳しかった印象です。
前走の不良馬場を走った疲れなどは無さそうに見えます。
パワフルな動きは引き続きです。

メートルダール【A-B】

12月6日(水)美浦 南W(良)
【5F68.2-53.2-39.8-1F13.2】

2頭併せ内強め大差先着。
恐らくは5馬身から6馬身程は突き放しているのではないかと見ています。

今週の美浦Wは時計が出難い中で、最後13.2秒で走れているのは好感が持てます。
動きもスムーズで、状態としては及第点のレベルにはあるでしょう。

一息入れたことで、状態は良くなっていると判断出来ます。
この動きであれば、休み明けの1戦でも問題なく出走できそうです。
好走に期待したいです。

レコンダイト【B】

12月6日(水)栗東 坂路(良)
【52.4-38.4-25.2-12.8】

2頭併せ一杯1馬身遅れ。
僚馬ミッキーロケットに1馬身付けられる内容も、いつもこのくらいの時計で終えるので、特に悪いという部分はないです。

ただ、やはり地味に見えてしまいますので、現状では上昇気配とは感じません。

ロードヴァンドール【B】

12月6日(水)栗東 坂路(良)
【54.8-38.5-24.6-12.3】

2頭併せ馬なり半馬身程先着。
僚馬は一杯に追われる中で、馬なりで半馬身先着出来たのは好感が持てます。
ただ、時計の根拠はやや乏しいかなと感じました。
もう少し時計が出ている印象でしたが、全体54.8秒はボチボチといったところです。

最後は12.3秒-12.3秒で停滞ラップ。
馬なりで12.3秒をキープ出来ているのであれば状態は良さそうですが、加速ラップを刻んでくる馬なので、不安なポイントの方が大きいです。

それでも、前走程度には走れるのではないかと見ています。
その前走が天皇賞秋で、あの不良馬場に苦戦した印象ですが、札幌記念では6着になりました。
状態はここまでそこまで変わりなく来ていると見ていますので、G1では通用しないもののG3であれば前進は可能でしょう。

中日新聞杯の追い切り考察まとめとオススメ馬

以上、13頭の追い切りをチェックしていきました。
今回の追い切りを見た印象としては、全体的にはG3レベルの作りで、ここをなんとしても勝ちに来た陣営というのは、映像を観た限りではなさそうに感じます。

ただ、上昇気配を示したメートルダールは、僚馬を置き去りにする内容を消化しており、派手なパフォーマンスを披露しました。
今週は時計が掛かる美浦南Wを、前走と同じ時計で走れているのも状態の良さを感じさせます。

その他では、マキシマムドパリは【B】評価ながら、状態の良さを感じさせるだけの動きを披露してくれていました。

あとは、人気のないところでは、フェルメッツァの動きもよかったと感じます。

今回の追い切りでは、上記の3頭をオススメして終わりたいと思います。


  • メートルダール
  • マキシマムドパリ
  • フェルメッツァ

稼ぎたいという夢を掴む

吉成周蔵氏が発起人となり、これまでバラバラだった「うまコラボ」「Hit Make」「競馬の殿堂」のサービスを統合。
競馬ファンが夢を掴む場所を作りたいという思いに賛同したサイトが堂々集結して生まれたのが「うまとみらいと」です。

タダで会員登録を行う方はココから

本登録に必要なものはメールアドレスのみ。
メールマガジンはいつでも解除することができます。

うまコラボは多数のWEBサイト、そしてWEB広告でも取り上げられていたのでご存知の方も多いはず。
超大手ウェブサイト(Ya○oo!Japan)の広告にも出稿していましたので、サイトの安全性は折り紙付き。審査が厳しいのが今の広告業界ですから。

競馬の殿堂は、完全無料を貫くことで会員との間に信頼関係を築くことを念頭に運営。
Hit Makeは、城戸氏が穴一筋15年で運営されてきたサイトで、これまでも多くの会員に笑顔と多くの配当を提供してきました。

話題になるほどまでに成長した「うまとみらいと」の一体何が凄いのか?

その1つは、完全無料から使うことができるという点。

例えば「うまコラボ」は、うまとみらいとに無料登録するだけで、各開催競馬場の午前中レース+その週の無料対象重賞1つの指数が見放題。

「競馬の殿堂」は、的中率90%オーバーを誇り、「Hit Make」では穴馬探しもお手の物。

会員数10万人以上の圧倒的な会員数を誇る「うまとみらいと」だからこそできる、これまで積み上げてきた実績、そして信頼。
多くの会員様に賛同していただけることは誇りでもあります。

皆さんの疑問に思っているかもしれません。どうやって稼いでいるのかということです。
何も悪いことはしていません(笑)

ちゃんと有料サービスもあります。
月額定額のものや買い切りのもの、有料の部分がないと運営はできませんから。
しかし、有料サービスへの念押しがなくても、有料会員数も右肩上がりで伸びています。

それは、無料で満足できなくなった会員が多いということ。
裏返せば、無料会員だけで得られる利益だけでは満足できなくなったという証拠ではないでしょうか。

今始めなければ、きっとあなたは後悔する。

もちろん、うまとみらいとを知らないのであれば、後悔しようもないでしょう。
しかし、今、この瞬間、知ってしまった、うまとみらいとの存在を。

あなたの知らない競馬の世界、少しだけ勇気を出して広げてみませんか?

的中・利益の全てが詰まった情報がこのうまとみらいとにはあります。
競馬に未来への可能性を感じたい方は、今すぐ無料の会員登録をするところから始めましょう。

ちなみに、今週の無料対象レースは『菊花賞』
今登録すれば、今週末の指数公開に間に合う。だから今登録するのをお薦めします。

無料会員登録はコチラから

本登録に必要なものはメールアドレスのみ。メールマガジンはいつでも解除することができます。
仮登録メールが送られてくるので、本登録を済ませてご利用いただけます。

スポンサードリンク

お役に立ちましたらシェアをお願いします

フォローする

スポンサードリンク
スポンサードリンク