【中日新聞杯2016出走予定馬】騎乗予定騎手と推定オッズ

おはようございます、リッキーです^^ ご覧いただきありがとうございます。

この記事では中日新聞杯の出走予定馬と騎乗予定騎手と推定オッズの掲載を行っています。

G1ウィークでもなく、特にこれと言った前哨戦というわけでもないですが、ハンデ戦ということで穴党派はこれはこれで楽しみと感じます。

特に大きな力差があるわけでもないメンバーが揃ったことで、楽しみなレースとなったとも言えるのではないでしょうか。

出走予定馬

左から馬名・斤量・予定騎手・推定オッズ

  • アドマイヤフライト 56.0 藤岡康 72.8
  • アルバートドック 57.0 – 2.9
  • アングライフェン 55.0 吉田隼 15.1
  • クルーガー 55.0 – 9.9
  • ケツァルテナンゴ 56.0 Aシュタルケ 16.1
  • サトノアポロ 56.0 蛯名 352.7
  • サトノノブレス 58.0 川田 4.5
  • ショウナンバッハ 55.0 池添 14.5
  • デウスウルト 55.0 幸 103.6
  • バウンスシャッセ 55.5 田辺 18.6
  • ヒストリカル 57.0 田中勝 9.4
  • ファントムライト 55.0 戸崎 27.7
  • メイショウカンパク 52.0 鮫島駿 332.0
  • メドウラーク 55.0 バルジュー 132.8
  • ヤマニンボワラクテ 55.0 藤懸 20.6
  • ライズトゥフェイム 56.0 石川 64.1
  • レコンダイト 55.0 武豊 66.0
  • ロンギングダンサー 53.0 横山和 91.0

除外対象

  • リメインサイレント 52.0 – 546.4
  • ブライトエンブレム 57.0 Cルメール 6.0

有力馬考察

アルバートドック

前走は小倉大賞典で1着。父ディープインパクト、母父Unusual Heat。

昨年は注目度の高い1頭も、勝ち切れないもどかしいレースが続き春のクラシックには未出走。結局、菊花賞には出走するも12着と大敗。

川田騎手へと変わりアンドロメダS3着、リゲルS3着と惜しい結果続き迎えた前走、嬉しい重賞初優勝を飾る事ができました。

ここまでの出走コースを見ると、阪神と京都に偏っており、前走は小倉と全て右回りコースでのレースばかり。14戦目にして初の左回りコースとなりますが、これまで走ったことが無いだけにこればかりは未知数。不安材料と言えばその辺りか。

サトノノブレス

前走は日経新春杯で3着。父ディープインパクト、母父トニービン。

今回も斤量58kgと見込まれている中での出走。さう年は不調だったものの、年末の金鯱賞で3着と前走の日経新春杯で3着と復調気配を漂わせている。

その前走は先行して流れに乗る中、メイショウウズシオが3コーナーで動いた中で難しいレースとなりましたが、なんとか3着は死守した格好。1・2着馬は後方にいた馬で、先行勢は3着のこの馬と4着のダコール程度と前にいた馬は苦しい流れ。

最後は後方勢の勢いに負けましたが、この馬自身もしっかりと伸びていたのは収穫。ここでも実力は1枚上手。

バウンスシャッセ

前走は愛知杯で1着。父ゼンノロブロイ、母父Halling。

中山牝馬Sへと同時登録も、こちらへの出走という情報もありますが、負担重量を考えればこちらで牡馬にチャレンジして本番のVMに挑むローテを選択しそう。

前走の愛知杯は後方待機策が決まった形。オツウが積極的に出て行く中で、レースはやや縦長の展開となりました。2コーナーを過ぎても前が変わる展開でしたが、そのこともあってか先行勢は総崩れ。展開の利はあったことは間違いなく、その点では今回も展開が味方して末脚が生きる展開となれば浮上の公算は大きい。

中山牝馬Sを選択する可能性もあるものの、どちらに出走してもチャンスは十分にある1頭とみていいでしょう。

クルーガー

前走は初富士Sで1着。父キングカメハメハ、母父Dikatat。

昨年の1月に行われた京成杯では3着に入った実力馬。その後骨折などがあり順調とは言えないまでも、復帰後は順調に勝ち星を積み重ねてきた。デビュー戦と未勝利戦はダートを使われた1頭も、芝に挑戦したエリカ賞ではベルーフの2着。続く京成杯ではベルーフの3着と、ベルーフと同等の力は備えているといっても間違っていないでしょう。

前走の初富士Sでは終始外々を走る中でのレース運び。残り1Fだけレースを行ったような形となり、上り最速タイの時計で先に抜け出したキャンベルジュニアにアタマ差の接戦をものにしました。

末脚は確実に伸びてくるこの馬は舞台が中山から中京に変わる点はプラス材料。左回りへの対応など不安点はありますが、末が生きる展開となればこちらもチャンスは十分にあると言えるでしょう。

ブライトエンブレム

前走は中山金杯で6着。父ネオユニヴァース、母父ウォーエンブレム。

現時点で除外対象の1頭も、出てくればここでは実力上位。中山金杯では久々も影響してか最後は伸びなかったものの、前走叩かれたことで良化していると思います。

2頭回避しなければいけないだけに現時点では出走はあまりに不透明ですが、出てくることが出来ればここでも楽しみな1頭でしょう。

注目馬

現時点で注目しているのはヤマニンボワラクテ。

前走はAJCCで5着も、差は勝ち馬ディサイファと0.3秒差。2着スーパームーンと最後叩き合いとなりましたが、僅かに遅れた程度の0.1秒差。

AJCCの3着馬と4着馬がそれぞれ次走で大敗している点は気がかりですが、ヤマニンボワラクテには注目しておきたい1頭だと思っています。

予想を更新しました

中日新聞杯の予想を更新しました。

なかなか難しいレースとなりそうですが、いつものように馬連とワイドの2点で勝負しています。

↓ ↓ ↓

中日新聞杯の予想はコチラのページをご覧ください。

稼ぎたいという夢を掴む

吉成周蔵氏が発起人となり、これまでバラバラだった「うまコラボ」「Hit Make」「競馬の殿堂」のサービスを統合。
競馬ファンが夢を掴む場所を作りたいという思いに賛同したサイトが堂々集結して生まれたのが「うまとみらいと」です。

タダで会員登録を行う方はココから

本登録に必要なものはメールアドレスのみ。
メールマガジンはいつでも解除することができます。

うまコラボは多数のWEBサイト、そしてWEB広告でも取り上げられていたのでご存知の方も多いはず。
超大手ウェブサイト(Ya○oo!Japan)の広告にも出稿していましたので、サイトの安全性は折り紙付き。審査が厳しいのが今の広告業界ですから。

競馬の殿堂は、完全無料を貫くことで会員との間に信頼関係を築くことを念頭に運営。
Hit Makeは、城戸氏が穴一筋15年で運営されてきたサイトで、これまでも多くの会員に笑顔と多くの配当を提供してきました。

話題になるほどまでに成長した「うまとみらいと」の一体何が凄いのか?

その1つは、完全無料から使うことができるという点。

例えば「うまコラボ」は、うまとみらいとに無料登録するだけで、各開催競馬場の午前中レース+その週の無料対象重賞1つの指数が見放題。

「競馬の殿堂」は、的中率90%オーバーを誇り、「Hit Make」では穴馬探しもお手の物。

会員数10万人以上の圧倒的な会員数を誇る「うまとみらいと」だからこそできる、これまで積み上げてきた実績、そして信頼。
多くの会員様に賛同していただけることは誇りでもあります。

皆さんの疑問に思っているかもしれません。どうやって稼いでいるのかということです。
何も悪いことはしていません(笑)

ちゃんと有料サービスもあります。
月額定額のものや買い切りのもの、有料の部分がないと運営はできませんから。
しかし、有料サービスへの念押しがなくても、有料会員数も右肩上がりで伸びています。

それは、無料で満足できなくなった会員が多いということ。
裏返せば、無料会員だけで得られる利益だけでは満足できなくなったという証拠ではないでしょうか。

今始めなければ、きっとあなたは後悔する。

もちろん、うまとみらいとを知らないのであれば、後悔しようもないでしょう。
しかし、今、この瞬間、知ってしまった、うまとみらいとの存在を。

あなたの知らない競馬の世界、少しだけ勇気を出して広げてみませんか?

的中・利益の全てが詰まった情報がこのうまとみらいとにはあります。
競馬に未来への可能性を感じたい方は、今すぐ無料の会員登録をするところから始めましょう。

ちなみに、今週の無料対象レースは『菊花賞』
今登録すれば、今週末の指数公開に間に合う。だから今登録するのをお薦めします。

無料会員登録はコチラから

本登録に必要なものはメールアドレスのみ。メールマガジンはいつでも解除することができます。
仮登録メールが送られてくるので、本登録を済ませてご利用いただけます。

スポンサードリンク

お役に立ちましたらシェアをお願いします

フォローする

スポンサードリンク
スポンサードリンク