【中日新聞杯2016予想】最終追い切りタイム考察から2頭を推奨!

こんばんは、リッキーです。ご覧いただきありがとうございます。

この記事では中日新聞杯の最終追い切りと5段階評価、そして最終予想まで行っています。

リニューアル以降は高齢馬が活躍するレースへとなっていますが、今年も内枠に高齢馬が固まるなど荒れそうな雰囲気漂うレースとなっています。

もっとも、ハンデ戦で行われるレースで、リニューアル以降は1番人気が未勝利など波乱の結果となる事も想定できます。

しっかり中間・最終の追い切りをチェックしてから予想を行っていきたいと思います。

追い切り考察

評価は【S/A/B/C/D】の5段階評価です。評価についてはコチラをご覧ください。

アルバートドック【B】

3月9日(水)栗東 CW(良)【6F82.2-66.2-51.5-37.7-1F12.3】

2頭併せ内強め1馬身先着。時計的には申し分ないかなと思いますし、動きも決して悪くない動きだと思います。ただ、僚馬がシュウジだったんですけど、その方と頻りに話しながらの追い切りだったんですよね。予定の動きではなかったのかなんなのか、その点は非常に気になるものでした。

アングライフェン【B】

3月9日(水)栗東 坂路(良)【51.4-37.3-24.3-12.3】

単走強め。単走ではあるものの、渋滞している時間で最後の方には1頭交わすような追い切りとなりました。時計が出易い馬場を考慮しても立派な時計ですね。ただ、もう少し首が上手に使えればいいなと思いました。前走の勢いそのままに出走できるのではないかなと思います。

クルーガー【A】

3月9日(水)栗東 坂路(良)【54.0-38.1-24.1-11.7】

2頭併せ強め1馬身半先着。最後に11.7秒は好タイム。1週前にもビシビシと追われていて、その前も追われていて3週続けてしっかりと追われた内容。単純比較は出来ないものの、時計を観ても今回の方が中間の動きを含めてしっかりと動けていると言えそうで、今回は前走よりさらに良い状態で出走できるのではないかとみています。

ケツァルテナンゴ【B】

3月9日(水)栗東 坂路(良)【53.9-39.3-25.3-12.2】

単走末強め。ラストだけ促された内容。1週前は全体的にスピード調教を行っており、今週は終い重点での追い切りでした。走っている姿も好感が持てますし、前走同様の力で出走できるのではないかとみています。好走に期待したいです。

サトノアポロ【B】

3月9日(水)美浦 坂路(稍重)【53.5-39.6-26.6-13.6】

2頭併馬なり併入。ベロを出した状態で走っていて、遊んでいるような集中力を欠いている走りでした。時計ももう少し伸びていいように感じますが、一応は併入に持ち込んだのはプラス材料。8歳馬で長期の休み明けから2戦目。さすがに全盛期のような走りは難しいのでは。

サトノノブレス【A】

3月9日(水)栗東 CW(良)【6F85.4-68.9-54.3-40.0-1F11.9】

2頭併せ内末一杯3馬身程先着。一言、良い。追われてからの反応、加速感、いずれも理想的な動きじゃないかなと思います。トップハンデが気にはなりますが、状態はここにきてかなり上がってきていると思います。好走に期待したいです。

ショウナンバッハ【B】

3月9日(水)美浦 南W(良)【4F54.9-39.6-1F13.2】

単走末一杯。外ラチを一杯のところを回ってきていますから、時計はこんなものでしょう。それでも追われてからの脚捌きなどは好感の持てる仕上がりです。直線半ばには3頭併せを行っている馬達を外からスッと抜いていきました。若干、コース外を見たりと集中力に難ありにも見えますが、迫力ある追い切りで良かったと思います。前走A-B評価でしたが、今回は据え置きで。

デウスウルト【B】

3月9日(水)栗東 坂路(良)【52.8-39.0-25.8-13.2】

単走馬なり。軽めの調整程度の内容でした。それでも全体は52.8秒でまとめていますので、決して状態が悪いということはないのだと思います。ただ、近走の成績ではどこまで。

バウンスシャッセ【B】

3月9日(水)美浦 南W(良)【4F54.5-40.4-1F13.3】

3頭併せ中馬なり1頭併入1頭3馬身程先着。状態は悪いという事もないと思います。前走程度の走りには期待が出来ると思います。ただ、前走もそこまで走りそうにないかなのB評価で優勝してしまったので、私からすればこの馬の走り時が難しいです。

ヒストリカル【B】

3月9日(水)栗東 坂路(良)【51.4-37.7-24.6-12.5】

2頭併せ末強め半馬身程先着。右に寄れそうかなと思ったんですが、なんとか最後まで真っ直ぐに走れました。全体時計が51.4秒と好タイムをマーク。51.4秒はここ半年で1番いい時計でした。この半年の範囲で2番目に良い時はチャレンジCの1週前と最終追い切りの時計でした。それを考えると、チャレンジC時に近い仕上がり具合なのかなと思います。僚馬とも並んで突き放すときの走りは良かったと思います。

ファントムライト【B】

3月9日(水)栗東 坂路(良)【52.5-38.1-25.0-12.6】

2頭併せ末強め3馬身程先着。時計は出ていますので問題ないと思います。僚馬が馬なりでも調整程度の走りだったので、着差は無視して良さそうです。しっかりと負荷を掛けられていますので問題ないでしょう。この馬もここ1年近くで2番目に速い時計を出しています。状態は比較的いいでしょう。

ブライトエンブレム【C】

3月9日(水)美浦 南W(良)【5F67.3-51.7-38.3-1F13.5】

3頭併せ中末一杯1頭1馬身遅れ、1頭併入。時計的にはそこまで前走と変わりないのですが、時計が比較的出易いことを考慮するとちょっと心配になる時計。しかも動画を観ていて気付いたのは、ショウナンバッハのところで書いた「直線半ばには3頭併せを行っている馬達を外からスッと抜いていきました。」というのは、このブライトエンブレムたちのことでした。1頭併入と書いていますが、勢いで言えば負けている印象。1週前は良かったと思う時計だったんですけど、最終をみて今回は見送りたい1頭です。

ヤマニンボワラクテ【B】

3月9日(水)栗東 坂路(良)【55.1-39.9-25.2-12.0】

単走末一杯。最後はしっかりと走らせてという感じでした。それでも全体時計は55.1秒なので、入りがゆっくりだったかなと思います。これだと最後12秒を切ってくれると良かったかなと思いました。それでもキープは出来ていると思います。

ライズトゥフェイム【A-B】

3月9日(水)美浦 南W(良)【5F68.6-54.1-40.1-1F13.1】

3頭併せ内馬なり1頭半馬身1頭クビ差遅れ。状態は決して悪くないと思うんですが、見た目が地味でしたね。ただ、内側を馬なりで走っていた馬は交わしているので、決してこの馬の調子が悪いという事は無いと思います。前走はC評価でしたけど、今回もやや持ち直したかなくらいに見ておくべきでしょう。

レコンダイト【B-C】

3月9日(水)栗東 坂路(良)【51.5-37.8-24.7-12.5】

2頭併せ強め1馬身遅れ。時計自体は気にするものではないと思いますが、僚馬が馬なりの時には強めに追われて、僚馬が最後にスッと追われるとついていけない内容でした。時計が出ているとは言え、さすがにこの内容では厳しいのでは。

ロンギングダンサー【B】

3月9日(水)美浦 南P(良)【6F85.1-68.7-53.5-39.1-1F12.3】

3頭併せ外馬なり1頭半馬身1頭1馬身先着。残り1Fで軽く促されるとスーッと綺麗な加速を見せました。状態は可もなく不可もなくと言った具合じゃないでしょうか。重賞では今一つ何かが足りないかなという印象なんですけど、今回の追い切りでも上昇したという気配は感じませんでした。

追い切り考察

それでは予想を行っていきたいと思います。

今回の追い切りをチェックして良かったなと思ったのがクルーガー・サトノノブレスの2頭、ライズトゥフェイムは若干の上積みありと判断しました。

ただ、前走でA評価をつけて今回はその調子をキープしていると感じる馬や、前走勝った時の追い切り時計を見比べて遜色ない仕上がりだと判断できる馬が多かったですね。

順番に観た時、これはこの馬で決まりかなと思っていたんですが、次の動画を見ると「おぉ!これも良い!あ、こっちも良い!」という状態で、結構難しいレースになりそうだなと感じました。

注意したいのは栗東の時計

さて、上記の時計を見て気になる事があるかと思います。

それは、栗東の時計が異常に速いということ。

先週も速かったのですが、今週もかなり速いですね。

なので、時計に惑わされるとかなり難しいかなと思います。

逆に美浦南Wは多少時計が掛かっていても、ラストが13.5秒くらいであれば十分な追い切りだと判断してもいいんじゃないかなと思っています。

予想

それでは今回も馬連とワイドの2点で勝負したいと思います。

1頭目はサトノノブレス

サトノノブレスを1頭目に選択したいと思います。

動き自体はかなり良かったと思いますし、雰囲気もとても良く感じました。

人気サイドの1頭となっていますけど、追い切りを見れば仕方がないのかなと思いますね。

2頭目はアングライフェン

こちらは人気がないのであればでアングライフェンを2頭目に選択しました。

正直、今回のレースは追い切りで言えばかなり接戦レースとなると思います。特に1頭目に挙げたサトノノブレスは、私からはかなり走れるのではとみていますが、その他はダメな馬はダメですけど、良い馬は基本的に好仕上がりでした。

そこに加えてハンデ戦。どの馬が来てもおかしくないのがハンデ戦ですので、ならば好勝負出来そうなメンバーの中で、人気が比較的ないアングライフェンから入るのがオッズ的妙味がありそうです。

最後のまとめ

サトノノブレスとアングライフェンの馬連とワイドで!

想定馬連オッズは73倍前後、同ワイドオッズは16倍前後で見ています。

枠を見たら3枠の2頭なので、枠連の方が面白いならそっちに切り替えても面白そうですね。馬連の方が付くかなと思うんですが、枠連が売れてなかったらそっちに切り替えても良さそう。

稼ぎたいという夢を掴む

吉成周蔵氏が発起人となり、これまでバラバラだった「うまコラボ」「Hit Make」「競馬の殿堂」のサービスを統合。
競馬ファンが夢を掴む場所を作りたいという思いに賛同したサイトが堂々集結して生まれたのが「うまとみらいと」です。

タダで会員登録を行う方はココから

本登録に必要なものはメールアドレスのみ。
メールマガジンはいつでも解除することができます。

うまコラボは多数のWEBサイト、そしてWEB広告でも取り上げられていたのでご存知の方も多いはず。
超大手ウェブサイト(Ya○oo!Japan)の広告にも出稿していましたので、サイトの安全性は折り紙付き。審査が厳しいのが今の広告業界ですから。

競馬の殿堂は、完全無料を貫くことで会員との間に信頼関係を築くことを念頭に運営。
Hit Makeは、城戸氏が穴一筋15年で運営されてきたサイトで、これまでも多くの会員に笑顔と多くの配当を提供してきました。

話題になるほどまでに成長した「うまとみらいと」の一体何が凄いのか?

その1つは、完全無料から使うことができるという点。

例えば「うまコラボ」は、うまとみらいとに無料登録するだけで、各開催競馬場の午前中レース+その週の無料対象重賞1つの指数が見放題。

「競馬の殿堂」は、的中率90%オーバーを誇り、「Hit Make」では穴馬探しもお手の物。

会員数10万人以上の圧倒的な会員数を誇る「うまとみらいと」だからこそできる、これまで積み上げてきた実績、そして信頼。
多くの会員様に賛同していただけることは誇りでもあります。

皆さんの疑問に思っているかもしれません。どうやって稼いでいるのかということです。
何も悪いことはしていません(笑)

ちゃんと有料サービスもあります。
月額定額のものや買い切りのもの、有料の部分がないと運営はできませんから。
しかし、有料サービスへの念押しがなくても、有料会員数も右肩上がりで伸びています。

それは、無料で満足できなくなった会員が多いということ。
裏返せば、無料会員だけで得られる利益だけでは満足できなくなったという証拠ではないでしょうか。

今始めなければ、きっとあなたは後悔する。

もちろん、うまとみらいとを知らないのであれば、後悔しようもないでしょう。
しかし、今、この瞬間、知ってしまった、うまとみらいとの存在を。

あなたの知らない競馬の世界、少しだけ勇気を出して広げてみませんか?

的中・利益の全てが詰まった情報がこのうまとみらいとにはあります。
競馬に未来への可能性を感じたい方は、今すぐ無料の会員登録をするところから始めましょう。

ちなみに、今週の無料対象レースは『菊花賞』
今登録すれば、今週末の指数公開に間に合う。だから今登録するのをお薦めします。

無料会員登録はコチラから

本登録に必要なものはメールアドレスのみ。メールマガジンはいつでも解除することができます。
仮登録メールが送られてくるので、本登録を済ませてご利用いただけます。

スポンサードリンク

お役に立ちましたらシェアをお願いします

フォローする

スポンサードリンク
スポンサードリンク