中京記念と函館2歳Sの予想|どちらも馬連とワイドの2点ずつ勝負

どうも、リッキーです。
いつもは予想まで行わないのですが、時間ができましたので簡素に予想を公開しておきます。

2つの重賞を1つの記事にまとめていますので見づらいかもしれません。ご容赦ください。

“基本的に”追い切り考察で述べた見解通りです。

中京記念の追い切り↓↓

サマーマイルシリーズの大事な1戦目となる中京記念。その中京記念の最終追い切り考察を行っていきたいと思います。週初めに出走予定馬情報を出すことができませんでしたが、最終リハをしっかりとチェックしていきます。注目はVM2着の実績が光るプリモシーンでしょう。ダービー卿CT2着から立て続けに重賞で連に絡みました。当然ここでも中心になるでしょう。

函館2歳Sの追い切り↓↓

函館2歳Sの最終追い切り考察を行いましたのでご覧ください。今回、有力馬と目される馬は、デキ落ちということはないと感じました。ただし、上昇気配を示したのは比較的伏兵馬と目される馬達で、穴馬の激走、伏兵馬の活躍というのも十分に考慮して選びたいと感じる追い切りでした。

この2つをご覧になった上で予想をご覧いただけるとスムーズに分かると思います。まだの方は立ち戻ってご覧いただければ幸いです。

予想だけでOKという方は、そのまま読み進めていただいて構いませんww

中京記念の見解

中京開催の最終週ということで、今週の馬場状況でのレース開催で一気に外を回る馬が有利になっているという見立てをしています。

内を走る馬は、馬場が悪いところを走るためタフさを求められると考えていいでしょう。

当日の天気は曇りですが、どこまで回復するのかが鍵となりそうです。

さて、追い切り的には3歳馬の2頭が面白いという追い切り考察でした。比較的若い馬が力任せの競馬をしてくる可能性は高いですし、斤量も恵まれていますので楽しみです。

ただし、中京記念はなぜか3歳馬が来ないことでも有名と言えば有名。母数が足りないので、たまたまた来ていないだけとも捉えることができます。

人気しているプリモシーンですが、天栄仕上げでなぜか栗東留学を経験させての本番です。天栄→栗東→中京という謎の采配を見せました。

美浦の南W閉鎖の影響なのかもしれませんが、これを万全の状態で挑めると考えるのか、余計な輸送で調子を狂わせたと考えるべきか。

追い切りは順調そのもので、素直に上昇気配としておきました。

斤量55.5kgは、牝馬ということを考えると容易い斤量ではありません。実質的なトップハンデとなる今回は、地力以上に調子の良さなどが求められますが、その点では問題ないでしょう。厳しいことには変わりありませんが。

最終見解

追い切りで動けていた4頭から素直に2頭を選びます。

1頭目は外差し競馬になれば有利に立ち回れるはずのカテドラルとしました。

前走から久々となりますが、順調にここまで来ていると判断しています。

外国人騎手で成績を残している点がどうしても気になりますが、日本のトップジョッキーである川田騎手の手腕に期待することにします。

2頭目は、同じく3歳馬をご紹介することにしました。グルーヴィットを選びました。

今回は、上位人気の2頭を選択することにしました。

人気のプリモシーンはパンパンの良馬場でこその馬ですから、今回は厳しいのでは。陣営としても今回の天気は残念に思っていることでしょう。

函館2歳Sの見解

レース見解については、函館2歳Sの出走予定馬情報の記事にて公開していますので、そちらを読んでいただければと思いますww

難解なレースが始まります。夏場の2歳重賞です。そのスタートを飾るのが函館2歳ステークスです。1戦1勝馬が多数を占めているので、どういった走りをするのかなどは具体的に見えてきません。出走予定馬情報の他に、僕が思う函館2歳Sの考え方についても書かせていただきました。少しでも予想の参考になれば嬉しく思います。

2歳戦の攻略法ではないですが、夏の早い時期から早秋の頃までは、単純に調子の良い馬を選ぶのが正しい戦略だと思っています。血統面で注目度の高い馬でも、追い切りがパッとせず凡走する馬というのも沢山います。

逆に、これじゃ無理だろwwって思って軽視して普通に圧勝する良血馬などもいますけどねww血統って大事なんだなと思うところはありますww

話を函館2歳Sの戻しますww

さて、追い切りで注目しているのは3頭でした。

今回は、好調馬と不調馬が分かれていたかなと思っています。判り易かったと言ってしまって外したら恥ずかしいのですが、そういう風に見受けられました。

ということで、ここは追い切り考察ブログらしく、好調馬の3頭の中から選びます。

3頭の中で面白そうなゴッドスターが大外に入りましたので、ここは勝負の消し。穴馬を含めた2頭で今回は勝負します。

1頭目はパフェムリ、2頭目はイーサンティラノにしました。

面白いことになりそうだなと思っていますので、穴馬を選びました。まだまだ実力が見えてこない時期の重賞ですので、波乱に期待したいと思います。