中京記念2016出走予定馬|想定騎手と推定オッズ

こんにちは、リッキーです^^ ご覧いただきありがとうございます。

この記事では、中京記念の想定騎手入りの出走予定馬と推定オッズについて見ていきたいと思います。

出走予定馬

左から馬名・斤量・想定騎手・推定オッズ

  • アルマディヴァン 53.0 幸 30.8
  • ガリバルディ 55.0 福永 12.2
  • カレンケカリーナ 53.0 鮫島駿 54.7
  • ケントオー 56.0 和田 8.5
  • サカジロロイヤル 54.0 国分優 649.3
  • スマートオリオン 57.5 武幸 22.5
  • タガノエスプレッソ 55.0 Mデムーロ 7.4
  • タガノエトワール 53.0 酒井 53.6
  • ダッシングブレイズ 56.0 Cルメール 3.2
  • ダノンリバティ 56.0 武豊 6.9
  • ダローネガ 55.0 藤岡康 48.7
  • ダンスアミーガ 53.0 デュプレ 83.2
  • トウショウドラフタ 54.0 田辺 4.8
  • ピークトラム 56.0 小牧 8.1
  • マイネルアウラート 56.0 松山 17.4
  • ワキノブレイブ 56.0 Dホワイト 148.9

除外対象

  • カオスモス 56.0 松若 90.6
  • ウインガニオン 52.0 高倉 116.9

有力馬考察

ダッシングブレイズ

前走は京王杯SCで4着。父Kitten’s Joy、母父Honour and Glory。

前走は距離を短くしてのレース選択も、功を奏さなかった。忙しさだけが目に付き、距離は1600m以上がやはりベストだろう。

今回は適距離に戻ったことで、本来のレース運びができるのはプラス材料。

さらに前走は距離が短いところを経験しているので、行き脚の良さもプラスされれば楽に中団につけられるだろう。

初コンビとなるルメール騎手との相性に期待。

トウショウドラフタ

前走はNHKマイルCで5着。父アンライバルド、母父ジョイドロバリー。

今年のファルコンSを制し重賞馬の仲間入りを果たし挑んだ前走NHKマイルCでは、最後はよく追い込んだものの届かずの5着という結果に。

ベストの適距離は1400m寄りで、1600mも守備範囲ではあるもののという風にも見えるかもしれないが、前走もスムーズに走れていれば馬券内はあったかもしれないと見ることができたレースで、1600mも適距離と言えるのではないだろうか。

ただ、血統的には2000m前後が良さそうで、長い距離も見てみたい1頭。

ダノンリバティ

前走はマイラーズCで12着。父キングカメハメハ、母父エリシオ。

昨年の今頃はダートに転向して構想を見せていたが、今年から舞台を芝に戻した。

前走は大きく着は落としたものの、有力馬が休養に入っているこの時期のG3レベルであれば一発あっても驚きはない。

ただ、芝でもダートでも、G3レベルで頭打ち感も漂っており、秋も見据えているのであれば更に成長が欲しいところ。