チャンピオンズカップ2018サイン|CMはJCと同じ。プレゼンターは高畑充希。

リッキーです。
ご覧いただきありがとうございます。

12月2日のチャンピオンズカップのサインについて考察しています。

CMはジャパンCと同じものが利用されていました。

プレゼンターはCMキャラクターの高畑充希さん。
2018年皐月賞以来の単独プレゼンターとなります。

ポスターはなし。
昨年は砂のドレスを纏う土屋太鳳さんでしたが、今年はポスターそのものがありませんでした。

その他、ヘッドライン情報などから見つけていきたいところ。

チャンピオンズCのCMは同じものが利用されている

「HOT HOLIDAYS!2018」~チャンピオンズカップ編~

チャンピオンズCのCMはジャパンカップと同様のものが利用されていました。

今年の高松宮記念と大阪杯(#20どこ行った?)も同じものが利用されていて、桜花賞と皐月賞(#21勝負服)も同じものが利用されていました。

手抜きと言えば手抜きですが、今回のジャパンCとチャンピオンズCの為にわざわざ布石を打っておいたとも感じることができます。

今回のサブタイトルは『#33おんなじ』です。
CMもおんなじですが、結果もおんなじだとすると…。

ジャパンCの馬番組み合わせ『1-8-11』の可能性と、『ルメール騎手-川田騎手-Mデム騎手』の可能性もあります。

もっと単純に、ルメール騎手が優勝して、ジャパンCとおんなじとなる可能性は高いです。

CMサイン馬番『1-8-11』
『ルメール騎手-川田騎手-Mデム騎手』
※川田騎手の騎乗馬は不明
単純にルメール騎手が優勝する

プレゼンターは高畑充希さん

今年のチャンピオンズCのプレゼンターは、CMキャラクターの高畑充希さんが登場します。

高畑 充希(たかはた みつき、1991年12月14日 – )は、日本の女優、歌手。歌手活動は一部の参加作品を除き、みつきまたは「高畑充希」名義。
大阪府東大阪市出身。所属事務所はホリプロ。所属レコード会社はワーナーミュージック・ジャパン。2014年10月、公式ファンクラブ「MIKKAI」がスタート。

Wikipedia

単独プレゼンターは、2017年のエリ女・2018年皐月賞に続く3回目。
その為、プレゼンター絡みでのサインはないと考えていいのではないでしょうか。

特にこれといった共通点は見当たりませんでした。

ただ、おんなじというCM絡みを見るに、なにかしらのサインが出ていてもおかしくはないでしょう。
もう少し再考の余地はありそうです。

ヘッドラインは『闘魂の激突、砂界の頂点。』

今年のチャンピオンズCのヘッドラインが更新されていました。

『闘魂の激突、砂界の頂点。』

闘魂と言えば、思い出すのはやはりアントニオ猪木氏の燃える闘魂ですね。
プロレスの現役自体は知らずとも、パチンコやパチスロで知っている方も多いのではないでしょうか。
闘魂三銃士も有名です。武藤敬司さん、蝶野正洋さん、橋本真也さんによるユニットです。

あまりパチンコは打たないのですが、半年前くらいでしょうか。時間を潰す為に久々に打ったのが小当たりで球を増やすタイプのCRアントニオ猪木でした。
今は演出が崩壊していますね。何がアツいのか全然分かりませんでした。

話を戻して。

闘魂と言えばメイショウトウコンという馬もいました。
地方交流重賞ではあったものの、ブリーダーズゴールドCなどを優勝。
08年のジャパンカップダートで惜しくも2着という結果でした。
優勝したカネヒキリとはタイム差なしという接戦でした。
レースのことは正直忘れてしまいましたが、映像を久々に見て、懐かしい馬が揃ってるなと思いました。

闘魂の激突というところにヒントがありそうですが、全くピンと来ません。

下の、砂界の頂点というのも気になります。
砂界とは言えば、近い言葉では角界というものがあります。
大相撲です。

先日の九州場所では、小結の貴景勝が優勝。
13勝2敗で決しましたが、もしかするとこちらの方が大事なのかも。

13番ミツバ、2番ルヴァンスレーヴの組み合わせは狙ってみるのも面白い。