フォローお待ちしております♪

Followしていただけるならこちらから

チャンピオンズカップ 2017 最終追い切り|ゴールドドリームに復調の兆し有り

2017/11/30/

スポンサーリンク

スポンサーリンク

当ブログのコンテンツは、競馬予想について取り扱っています。馬券の購入は自己責任でお願いします。競馬の予想に関する情報(主に追い切り)をお届けしていますが、まずは競馬を楽しむことに主体を置いています。分かりやすさを目指す為に、架空のキャラクターを登場させる場合がありますが、私も楽しみながら更新できるようにしています。

こんにちは!
爆穴ブログのリッキーです。

1週前の追い切りについては、以下のページをご覧ください。

チャンピオンズカップ 2017 1週前追い切り|サウンドトゥルーは引き続き好内容
こんにちは!爆穴ブログのリッキーです。12月3日に中京で実施されるチャンピオンズCの1週前追い切りの考察を行っていきます。映像配信のあった16頭をチェックしています。チャンピオンズC1週前追い切り考察評価は【S/A/A-B/B/B-C/C/D】の7段階評価です。評価について...

12月3日に実施されるチャンピオンズカップの最終追い切り考察です。
まずは水曜追い切り馬から更新し、出走馬が確定後に追記してお伝えいたします。

例年以上に混戦模様の今年のチャンピオンズカップ。
主役不在ながらも、交流重賞の勝ち馬が多数揃い、ハイレベルな1戦になることは間違いないでしょう。

新興勢力が勝つのか、それとも古豪が勝つのか。
それすらも分からない難しい1戦です。

それでは、追い切り考察を行っていきます。

チャンピオンズCの追い切り考察

評価は【S/A/A-B/B/B-C/C/D】の7段階評価です。
評価について、詳しくはこちらをご覧ください。

アウォーディー【B】

11月29日(水)栗東 CW(良)
【6F82.8-67.8-53.2-39.2-1F12.2】

2頭併せ内一杯クビ差程遅れ。
僚馬に遅れていることからも、見た目は地味な動き。
全体的には時計も出ていることからも、特に悪くはない範囲だとは思いますが、G1を意識すると物足りない印象です。

1週前も地味な動きでしたが、今回は時計がついてきている中での地味な動きですので判断迷いますが、近走の成績がパッとしませんので、切って勝負しても良さそうに思います。

アポロケンタッキー【B】

11月29日(水)栗東 坂路(良)
【53.2-37.6-24.5-12.6】

2頭併せ一杯併入。
僅かに先着はしているものの、僚馬が強めに追われた程度ですので、やや地味な印象です。
しかし、実戦さながらの負荷の掛け方ですので、調子が悪ければできませんので、その点では前向きに見れるポイントもあります。

前走時は、同じく減速ラップとなりましたが、全体54.5秒でした。
今年初めの頃は50.9秒で駆け抜けたりしていることもあったんですが、徐々に時計が出てこなくなっているのかなと感じます。
その点では、ドバイWCが影響している印象もあるのですが、狙いは恐らくチャンピオンズCと東京大賞典。

しかし、現状では、なかなかここを取れるほどの仕上がりではないのではないかと思います。
次走で狙えるなら狙ってみてもいいのかなという印象。
ただ、善戦は狙えるのではないかなと思いますので、しっかりと負荷を掛けた今回で変わってくれれば。

カフジテイク【B】

11月29日(水)栗東 坂路(良)
【52.3-38.0-25.3-12.7】

2頭併せ末強め併入。
馬なりの僚馬と併入は、少々地味に見えてしまいます。
ラップ自体も、【14.3-12.7-12.6-12.7】と、加速しきれていません。

ただ、加速ラップを刻んだMC南部杯では4着に敗れているので、そこまで重要視することではないと思います。
G1ですので、この程度の追い切りでは太刀打ちできないのではないかと思います。

キングズガード【B】

11月29日(水)栗東 CW(良)
【6F83.0-67.6-53.0-38.5-1F12.2】

2頭併せ内馬なりクビ差程遅れ。
3馬身から4馬身後方を追走。直線入ると一旦は並びますが、直ぐに1馬身差が付いてしまいます。
そこから伸びてくるような素振りもありましたら、結局はクビ差から半馬身程の差まで迫ったところでゴールでした。

追い切りの内容を見れば、余裕は感じるものの、全体的にチグハグな印象は拭い去れません。
一旦は追いつきながら、直線向いて差が開いた理由も分かりませんが、現状ではある程度のところで整っていると見るのが妥当でしょう。
前走時と比べても、どこかが変わった印象はありませんが、良くなった印象もありません。

グレンツェント【B】

11月29日(水)美浦 南W(良)
【5F68.0-53.2-39.0-1F13.1】

3頭併せ内強め併入。
外を回った馬が大きく膨らんでいますが、グレンツェント自体はコース5分程を通過しているので、時計は参考程度です。

個人的には、もう少し首が上手に使えるとさらに良くなりそうな印象は受けましたが、概ね時計はしっかりと出ていますので、ある程度のところでは仕上がっているのかなと思います。
大外を回ってこの時計なら文句の付け所もないのですが、コース5分でこの時計であれば、最後は13秒を切っても良かったようにも思います。
それだけの走りをしていたので、この時計では少々物足りなさも感じる部分はあります。

ケイティブレイブ【B-C】

11月29日(水)栗東 坂路(良)
【55.7-39.9-25.0-12.4】

2頭併せ強め半馬身差先着。
踏み込みの強さを感じない走りでした。

【B】評価でも良かったのですが、前走は時計が52.1秒でしたが、今回は55.7秒。
途中、集中力を欠いているのかなと感じる場面もあり、心配材料も0ではないのかなと思います。
その為、今回は思い切って評価を下げています。

ジャパンCでシュヴァルグランを【B-C】評価にした程度のブログですので、その辺は参考程度にww

ゴールドドリーム【A-B】

11月29日(水)栗東 坂路(良)
【51.1-37.3-24.0-11.8】

単走強め。
1年前に全体50.8秒の時計をマークしていて、直近の1年ではそれに次ぐ時計を出しています。
その前年のチャンピオンズCでは12着と大敗。2人気でした。

今年は、加速ラップを刻んでいて、昨年は減速ラップでした。
その点では今年の方が良さそうという印象はあります。

前走のMCS南部杯、休養前の帝王賞の時と比べると、今回の方が仕上がりが断然いいでしょう。
走りに勢いも戻ってきましたので、フェブラリーSや3歳時の勢いを感じます。

このままだと東京大賞典への出走が厳しいので、勝負度合いはある程度高いはず。
今後、使いたいレースで使えないということも想定されますので、ある程度ここで仕上げてきているはず。
それが、今回の時計に繋がったのかなと見ています。

コパノリッキー【B】

11月29日(水)栗東 CW(良)
【5F69.4-52.4-37.5-1F12.1】

単走末強め。
伸びのある走りをしていて、1週前同様、仕上がりは良さそうです。

この馬の印象としては、少々荒削りっぽさがあったんですが、直近の追い切り映像はスムーズな走りをしています。
それが良い意味でも悪い意味でも捉えることができるので、悩みの種になりますが、全体的には雰囲気も良いですので、前向きに見たいと思います。

チャンピオンズCと相性が悪い馬ですが、仕上がりはある程度良いのではないかと思います。

サウンドトゥルー【B-C】

11月29日(水)美浦 坂路(良)
【54.7-40.3-26.5-13.1】

単走馬なり。
時計が出ていないように感じますが、馬場が荒れている時間帯ですので、特に気にする必要はないと思います。

ただ、好走を見せていたここ2走は、全体53秒台で駆け抜けていて、今回は54.7秒でした。
その点では、少々時計が見劣りしてしまう内容であったと思います。
馬場が荒れていたとは言え、せめて54秒台前半は欲しかったというのは感じる部分です。

7歳の暮れということで、急に弱化することもありますので、そろそろ危ない時期に入ってきた可能性は感じます。
また、前走で仕上げ過ぎた(とは感じることはないですが)可能性は否めなくもないのかなと思います。

1週前は凄くいい動きをしていたんですが、JBCクラシックで注目お薦め馬に挙げていましたが、今回はその分がマイナスでいいのではないでしょうか。

テイエムジンソク【B】

11月29日(水)栗東 坂路(良)
【54.5-39.1-24.9-12.5】

2頭併せ強め併入。
脚色はテイエムジンソクの方が僅かに良かったですが、併入表記もハナ差程遅れています。

前走はCWを選択。
1週前もCWを選択していますが、今回は最終リハに坂路を選択しました。
坂路を使って本番に向かうのは、ここ1年ではないことだと思います。
1月5日の初夢Sが少々微妙なところですが、その点では追い切りパターンを変更してきています。

CWのままでよかったのではないかと思うだけに、この追い切りパターンが吉と出るか凶と出るかは、走ってみないと分かりません。
この馬は通常、日曜日に坂路を使うので、その点では疑問も感じます。

それでも、全体的には良好です。
可能であれば加速ラップが欲しかったのですが、1週間前などと比べても、遜色ないところでキープできているのではないでしょうか。
ただ、G1を勝つだけの雰囲気があったかというと、少々微妙な気も。

ノンコノユメ【B-C】

11月29日(水)美浦 南W(良)
【5F69.5-54.3-39.8-1F14.0】

単走末強め。
末強めとは書いたものの、全体的には馬なりの範疇とも言えます。微妙なところでした。

ただ、時計が地味ですね。
コース7分程を通っているので、それなりの時計が出ても良かったです。

前走は南Wで3頭併せを敢行。
外目を回り全体5F68.8秒-1F13.3秒で併入という内容でした。

その時と比べても、今回の時計は地味です。
内容も地味ではありましたが、復調のきっかけとなった前走ではありますが、G1でいきなり輝けるかは少々疑問です。

ミツバ【B】

11月29日(水)栗東 坂路(良)
【55.3-40.3-26.5-12.8】

単走強め。
しっかりとしたかき込みと踏み込みがあり、雰囲気は良かったと思います。

概ね前走程度の走りができるのではないかと見ています。
加速ラップとはいきませんでしたが、特には問題はないと見ています。
JBCクラシック3着の頃と変わりなく来ているでしょう。

メイショウスミトモ【B-C】

11月29日(水)栗東 坂路(良)
【53.8-38.9-25.2-12.8】

単走強め。
体が進行方向に対し右側を向いたままの走り。直進性に難あり。

シリウスSの時は、ある程度真っ直ぐに前を向いて走れているので、今回は少々酷くなったような気がします。
一息入れたことで、ちょっと気が抜けているのかなという印象は受けます。

モルトベーネ【A-B】

11月29日(水)栗東 坂路(良)
【51.4-37.2-24.3-12.3】

単走強め。
一生懸命に走れているものの、やや首の位置が高いのが気になりました。

勝負気配は感じる時計です。
全体51.4秒は前走のみやこSの出走時の51.9秒と比べても差はほとんどありませんが、ラップの刻み方は今回の方がいいでしょう。
上昇気配としておきますが、一線級が揃った中での走りになりますので、どこまで通用するかでしょう。

ローズプリンスダム【B】

11月29日(水)美浦 坂路(良)
【52.5-39.0-26.4-13.9】

3頭併せ1頭併入、1頭1馬身程先着。
こちらも勝負気配漂う追い切りでした。

ただし、レパードSから休養に入り、前走のみやこSでは最後は13秒台の時計を連発でデキ落ちを感じる内容でした。
今回も中間を含めて13秒台、しかも後半しか出せていません。
レパードS以前は、12秒台や13秒などもありますが、せめて前半で終えて欲しいところです。

春の頃の勢いは、今は感じません。

ロンドンタウン【B】

11月29日(水)栗東 CW(良)
【6F83.6-66.8-51.4-37.6-1F11.9】

単走末強め。
馬なりで走っている時は、頭が高くなったり低くなったりで、リズムが悪い印象がありましたが、最後に追われるとスムーズに走れています。

エルムSの時と比べても、特に問題なく来ているのではないでしょうか。
韓国遠征がありましたので、少々心配な点もありましたが、特に遠征の疲れなどは考慮しなくてもいいのかなと思います。

馬なりで走っていた時に首の位置が高いのですが、1週前も高かったです。
これが悪い時に出るのか、それとも良い時も出るのかは、ここでの結果次第とも言えそうです。
今後のこの馬の癖を見抜くためにも、結果はしっかりと確認しておきたいです。

チャンピオンズCの最終追い切りまとめとお薦め馬

以上、16頭のチェックを終了しました。

今回の追い切りで上昇気配を見せていたのは、ゴールドドリームモルトベーネの2頭でした。

ゴールドドリームは、良い頃の走りに近い雰囲気を感じるので、状態が戻ってきた印象です。
当然、ここでも面白いのではないかと思います。

さて、今回の追い切り評価をご覧の通り、なかなかの混戦模様だと見ています。
前走、JBCクラシックで活躍したサウンドトゥルーとケイティブレイブは、ややデキ落ちを感じる内容でした。

ハイレベルなメンバーが揃ったレースで勝ち切れたのは大きな収穫で、特に優勝したサウンドトゥルーは、前走以上のローテーションで挑めるので、勝負度合いも高いのだろうと思っていたのですが、内容を見るとそうでもないのかなと思うところがありました。

ただ、【B】評価の中で、意外と好印象だったのがコパノリッキーです。
このレースで、過去に惨敗しているので、適正がない可能性はありますが、ここまでは順調に来ていると思います。
スプリントを走らせたことで、スピード感溢れる走りをしていたのが印象的でした。
前走が余計ではないかと思っていましたが、上手い具合にここまで持ってきたと思います。

その他では、ミツバロンドンタウンと言ったメンバーは好感を持っています。

以下、お薦め馬のまとめです。


  • ゴールドドリーム
  • コパノリッキー
  • ロンドンタウン
  • ミツバ

【外厩情報を網羅した予想】貴重な情報が見れるのはここだけ!!

2月12日(月)東京11RクイーンC的中!

━━━━━━━━━
【ダイヤモンドアリーナ】
開催地:東京11R
提供レース:クイーンC
提供券種:3連単(60点)

結果:6-2-9【3連単:711.5倍】

払い戻し
※投票上限金額⇒【569,200円】獲得!!
━━━━━━━━━

■中山金杯(G3)
1着セダブリランテス
3着ストレンジクォーク(10人気)
■フェアリーS(G3)
1着プリモシーン
3着レッドベルローズ(7人気)
■シンザン記念
1着アーモンドアイ
これは、2018年お正月競馬で外厩調整され、馬券になった馬の一部です。

※中山金杯 的中実績※

-----------------------
【提供買い目】
3連単フォーメーション(6点)
1着:6
2着:1.11
3着:1.3.7.11
【レース結果】
1着:6セダブリランテス
2着:1エインブライト
3着:11ストレンジクォーク(10人気)
3連単:181.7倍的中
※【726,800円】獲得
-----------------------

穴馬の入線で目を引いたのは、 中山金杯の
3着ストレンジクォーク(10人気)
フェアリーSの
3着レッドベルローズ(7人気)
現代競馬は外厩情報なしでは予想できません。

デイリースポーツ本誌で唯一の女性記者だった「竹下かおり氏」を総監督に置くレープロでは、これまでの情報に加えて外厩情報も網羅した上で最終買い目を提供しています。

レープロの結論と最終買い目はコチラ⇒

今週も外厩で調整されている馬が多くいますが上位人気馬ですと、
ーーーーーーーーーー
■ダイヤモンドS(G2)
フェイムゲームなど
■京都牝馬S(G3)
ソルヴェイグ
ワンスインナムーン
ミスエルテなど
■フェブラリーステークス(G1)
ゴールドドリーム
レッツゴードンキなど
■小倉大賞典(G3)
ウインガナドル
クインズミラーグロ
クラリティスカイなど
ーーーーーーーーーー

この他に、穴馬の外厩調整馬もいます。
この中でも、馬券に絡むであろう勝負気配があるのはどの馬なのか?

レープロの結論と最終買い目はコチラ⇒

-追い切り情報
-

こちらも読まれています

1
お小遣いの範囲で競馬をやっているなら、そのお小遣いを増やすためにやるべきたった1つのこと

爆穴ブログ管理人のリッキーも使ってます。ポイントサイトを使ってポイントをキャッシュバック。自己アフィリエイトで数万円ならスグに稼げます。節約に興味がある方、自己アフィリエイトに興味がある方には、ぜひ。

オススメの競馬ゲームアプリランキング‼

ダービースタリオンマスターズ

『ダビマス』の愛称でお馴染み!
シリーズ累計900万本の『ダービースタリオン』のスマートフォンアプリ。

リッキーは、3DS版「ダビスタGOLD」も楽しみましたが、3DS版では廃止されていた『ブリーダーズカップ』がダビマスでは復活!

ゲームを簡単に説明すると、『プレイヤーがオーナーブリーダーとなり、競走馬を生産・育成し、レースに出走して重賞タイトルや賞金を獲得して、最強馬を作る競走馬育成シミュレーションゲーム』です。
ホント、超簡単にですけど。

実名のG1レースや名馬の登場はもちろん、臨場感あふれるレース展開も健在です。
やはり血統に詳しくなれる手がかりになるのが競馬育成ゲームです。
ダビスタから血統を勉強を始めたという方も多くいると聞きます。

スキマ時間でもサクサク遊べるテンポ感で、ちょっとした移動時間の暇つぶしでも楽しめちゃう。
だから、ゲームをする時間がない...と躊躇うことはありません。

あなたのスマホで、競馬にまつわる全てのことが理解できる!?

ダービーインパクト

「ヴァルキリーコネクト」や「ダークサマナー」などを手掛けるエイチームが作成した競馬育成シミュレーションゲーム『ダービーインパクト』
こちらは『ダビパク』の愛称でお馴染みです。
リリースから2週間で40万ダウンロードを突破と、話題性も豊富なアプリ。

現在、初コラボイベントを開催中!(2018年2月9日(金)12:59まで)
あの『島耕作』が馬主となって競馬界を躍進!ライバル会社の日本ダービー制覇を阻止するというイベントミッションが行われています。
イベント攻略でSSランク繁殖牝馬『スカーレットブーケ』やSSランク限定種牡馬『ソムサンズクライ』(根性SS・スピードS+・スタミナS+・気性S+)を手に入れることができます。

期間中(2018年2月9日(金)12:59まで)にログインいただいたオーナー様全員に、1回限定でSランク再現幼駒ダイワスカーレット、ドリームチャンス種抽選券×10をプレゼント。ぜひお受け取りください。

フル3Dグラフィックでレースシーンを再現。また、騎手・馬・競馬場・レース全て実名を使用している点も違和感なく楽しめます。

5分に1度開催されるVSレースで、全国のユーザーさんと楽しめるのが最大のウリです。
イベントの数も多いので、飽きが来ないのが良いですね。

あと、初心者にはもってこいです。他アプリのマイナスな部分は書きづらいですが、『ダビマス』に比べると難易度が低く、非課金勢にも優しく作られています。
初心者プレゼントもありますので、最初から楽しめるのが良いところです。
勿論、上を目指すのであれば、課金はある程度必要になりますけど...。どのアプリも同じですね。笑

課金をバンバンということであれば『ダビマス』、課金はしたくないのであれば『ダビパク』という始め方でもいいかもしれません。

著作権表記:©弘兼憲史/講談社