【CBC賞2016出走予定馬】想定騎手と推定オッズ

おはようございます、リッキーです^^ ご覧いただきありがとうございます。

この記事では、CBC賞の想定騎手入りの出走予定馬と推定オッズの掲載です。

ハンデ戦のサマースプリントの2戦目。今年は13頭と少頭数でのレースですが、それでもどの馬にもチャンスがあるようなメンバー構成となっています。

スポンサーリンク

出走予定馬

左から馬名・斤量・想定騎手・推定オッズ

  • エイシンブルズアイ 57.0 石橋 2.3
  • サクラアドニス 53.0 小坂 141.2
  • サドンストーム 56.0 Cルメール 9.3
  • ジョディーズロマン 48.0 酒井 284.6
  • シンデレラボーイ 54.0 川田 20.3
  • スノードラゴン 58.5 大野 4.1
  • ベルカント 55.5 藤岡康 4.0
  • ベルルミエール 53.0 太宰 22.9
  • メイショウライナー 54.0 秋山 70.6
  • ラインスピリット 55.0 森一 42.9
  • ラヴァーズポイント 50.0 — 33.2
  • レッドファルクス 56.0 Mデムーロ 10.9
  • ワキノブレイブ 56.0 浜中 17.6

有力馬考察

エイシンブルズアイ

前走は高松宮記念で5着。父Belgravia、母父Siphon。

2走前のオーシャンSで重賞初制覇を迎えると、続く高松宮記念で5着と善戦を見せた。

1600mでの活躍もある1頭だが、古馬になってからは1200mでしか勝ち切れていない点を見ると、1200mがベストと言えそう。

今回も想定では石橋騎手が騎乗予定。オーシャンSを制したコンビが、引き続き中京1200mへ挑む。

ベルカント

前走はAQスプリントで12着。父サクラバクシンオー、母父ボストンハーバー。

前走のAQスプリントはドバイで行われたG1で度外視可能。

昨年はアイビスSDと北九州記念のシリーズ2勝を挙げ、サマースプリントのランキングトップとなった。

こちらも連対しているのはいずれも1400m以下で、スピードが自慢の1頭。

ただし、今回は乗り慣れた武豊騎手ではなく、藤岡康騎手とのコンビを想定。初乗りでどこまで。

スノードラゴン

前走は交流重賞の北海道SCで3着。父アドマイヤコジーン、母父タヤスツヨシ。

14年のスプリンターズSを制した1頭。その年の3月に行われた高松宮記念で2着に入るなど、スピード自慢の1頭。

ここ2走は地方への参戦となっているが、いずれも斤量59kgを背負ってのレースであったこと。そしてダートでのレースだったことを考えれば度外視可能だろう。

今回も58.5kgのハンデを背負う事になっているが、59kgを背負って力のいるダートを快走していることからも、自慢のスピードは落ちてはいないと言える。

高松宮記念2着の実績があるコースならば、ここで復活重賞制覇があっても驚きはない。

無料予想で224%の回収!

今週も日曜重賞は1開催
まだ迷ってる方はココ見ればOK!

好調予想さんが無料で予想プレゼント!

\ 1分で登録完了! /

無料の会員登録はこちらから

エントリーは↑からメールアドレス登録のみの簡単登録!

おすすめはワイド買い目と合わせての使い方!
先週もこの無料情報ワイド2/2で完全的中◎

土曜札幌10R
大倉山特別
ワイド2.3倍
1点4000円的中!
5000円投資
→9200円獲得◎
回収率184%

実際の買い目↓

日曜札幌7R
3歳以上1勝C
ワイド5.6倍
1点2000円的中!
5000円投資
→11200円獲得◎
回収率224%

実際の買い目↓

ワイドで軍資金稼いで重賞チャレンジというイメージができますね!

クイーンSは昨年も穴馬絡んで一筋縄ではいかないレース
なのでぜひ公開中のワイド買い目の新潟6Rで軍資金稼ぎを狙いましょう!

\ 1分で登録完了! /

無料の会員登録はこちらから

エントリーは↑からメールアドレス登録のみの簡単登録!

スポンサーリンク

SNSでのシェアにご協力お願いします!

フォローしてください!