競馬予想一覧

土曜日日曜日を中心に行われるJRA中央競馬。その中でも特に重賞レースを中心に予想をお届けしていましたが、2017年7月以降は、予想の提供は行わないことにしました。

皐月賞 2019 予想|最終見解と考察|馬連とワイドの2点勝負!

いよいよ本日に迫った、2019年の皐月賞の予想をお届けしています。恐らくこの記事を読んでいる方も迷っているんだろうなと思いますww今年はとても難しいレースですが、その反面、ワクワクします。『サートゥルナーリアを信じるのか、信じないのか。』『サートゥルナーリアが敗れる展開とはどんな時なのか。』今週初めから色々なことを考えてきましたが、本当に楽しみです。

大阪杯 2019 予想|最終見解と結論|馬連とワイドの2点勝負馬券

31日に行われる大阪杯の最終見解と予想を中心に書いています。芝2000Mの中距離G1である大阪杯。春の古馬G1初戦ということもあり、追い切りではここで完璧に仕上げてきた馬は不在という見方をしました。秋で言うところの天秋の存在です。1頭目はブラストワンピース。有馬記念に続くG1・2勝目に期待。

ドバイターフ ドバイシーマクラシック 2019 予想|馬券発売される4レースのみ

ドバイWCをはじめ、ターフ・シーマクラシック・ゴールデンシャヒーンの日本で馬券が発売される4レースの予想を行いました。所詮お遊び馬券ですが、馬連とワイドの2点勝負を行っていきたいと思います。日本馬のレイデオロには期待したいところですが、スワーヴリチャードがちゃっかり勝つかも。

シンザン記念 2019 予想・最終追い切り評価|新年1発目の勝負馬券

1月6日のシンザン記念の予想と追い切り考察を同時に行っています。初めに断りますが、今回は単複勝負としています。今回はドナウデルタただ1頭だけでした。追い切り考察はあまりぱっとする馬は少なかったです。今年もよろしくお願いいたします。馬券が的中できるように。

ホープフルS2018予想|最終追い切り評価を考慮して2頭の馬連とワイド勝負

12月28日に実施されるホープフルSの最終追い切り見解から最終予想までを1記事で書いていきます。追い切り考察は数頭だけ。予想は今回はブレイキングドーンとキングリスティアとしました。馬連とワイドの2点勝負を行います。サートゥルナーリアは追い切りは良かったですが、今回は夢を追う。

チャンピオンズカップ2018予想|最終見解は追い切り上位のアノ馬!

G1チャンピオンズCの最終見解と予想をまとめましたのでご覧下さい。さて、チャンピオンズCの追い切りはルヴァンスレーヴなど3頭の追い切りは濃霧のため視界不良で映像とタイム無し。追い切り派からすると厳しいレースとなったのは間違いないでしょう。特にルヴァンスレーヴの映像がないのは予想を難しくさせていると感じます。

東京スポーツ杯2歳S 2018 最終見解と予想|馬連・ワイド|動き良かったあの馬から

東京スポーツ杯2歳Sの最終見解を掲載しておきます。追い切りで動きの良かった馬の状態をチェックして、今回も馬連とワイドまで絞って予想します。1頭目は追い切り【A】評価のヴァンギャルドから。Cデムーロの手腕に期待したい。2頭目も最終リハで動いた馬から。

JBC🏇 2018 予想|クラシック・スプリント・レディスの三競走まとめて見解

JBCクラシック・JBCスプリント・JBCレディスクラシックの三重賞の予想を行いました。それぞれ馬連とワイドの勝負を行っていますので、ご覧いただけたら幸いです。マテラスカイにチャンスがありそうなスプリントはそれでも堅いか。配当的にはクラシックが面白いと思う。

天皇賞秋 2018 予想|馬連とワイド|動き良かったマカヒキともう1頭

天皇賞秋の予想を公開したいと思います。今回も馬連とワイドの2頭で勝負をしますので、参考にされる方は参考までに。追い切りで3頭目にオススメしていたサクラアンプルールですが、東京2000Mでは避けたい8枠。内枠から選ぶ方がいいと思うので、今回はさすがにパスします。

秋華賞 2018 最終見解と予想|アーモンドアイは堅いと思うがヒモ荒れを意識して

秋華賞の予想も、馬連とワイドの2点勝負です。1頭目はアーモンドアイを選択しました。あの追い切りを見せられたらさすがに買わないという選択はないです。2頭目は穴をねらってゴージャスランチ。ローズSの4着馬が10人気は美味しい気もするけれど、追い切りは上々でした。