朝日杯フューチュリティステークス2018出走予定馬|グランアレグリアら16頭が登録!

1日1回の応援クリックにご協力お願いします.+゚*。:゚+オネ(●´ω`)人(´ω`○)ガィ.+゚*。:゚+

にほんブログ村 競馬ブログへ  

リッキーです。
朝日杯FSの登録馬情報をまとめています。

さて、阪神JF週はまともな更新ができずにすいませんでした。
気を取り直して朝日杯FSは力を入れて頑張っていきますので、またよろしくお願いします。

さて、阪神1600Mで実施される2歳G1。
登録は16頭ですが、タニノミッションは阪神JFに回ったので1頭回避で15頭になります。

注目はサウジRCを制したグランアレグリア
新馬戦では2馬身以上の差を付けてダノンファンタジーを圧勝。

ただし、3戦3勝のアドマイヤマーズファンタジストが経験値の差を活かせるか。
粒ぞろいのメンバーですが、それでも来年以降も楽しみなメンバーが顔を揃えました。

それではまずは登録馬からチェックしていきます。

朝日杯FSの登録馬

馬名斤量想定
アスターペガサス55福永
アドマイヤマーズ55Mデム
イッツクール55松田
エメラルファイト55ビュイック
グランアレグリア54ルメール
クリノガウディー55藤岡佑
ケイデンスコール55Cデム
コパノマーティン55坂井
ソルトイブキ55四位
タニノミッション54○○
ディープダイバー55川田
ドゴール55津村
ニホンピロヘンソン55浜中
ヒラソール55岩田
ファンタジスト55武豊
マイネルサーパス55丹内

阪神JF7着のタニノミッションは回避見込み。

朝日杯FSの推定オッズ

朝日杯FSの推定オッズは以下の通り。

阪神JFを制したダノンファンタジーを新馬戦で千切っているグランアレグリアが1人気に支持される見込み。
1倍台の可能性も十分にあるだけに、馬券での取捨には気を付けたい。

馬名推オッズ
グランアレグリア1.9
アドマイヤマーズ3.5
ファンタジスト4.8
ケイデンスコール9.5
ドゴール31.0
ディープダイバー48.3
マイネルサーパス50.7
エメラルファイト59.2
アスターペガサス81.9
ニホンピロヘンソン92.6
クリノガウディー129.2
イッツクール203.7
コパノマーティン208.4
ソルトイブキ611.3
ヒラソール1834.1

有力馬考察

グランアレグリア
≪牝2/鹿 藤沢和雄厩舎≫

【前走】サウジアラビアRC 1着
【父】ディープインパクト
【母父】Tapit

名門藤沢厩舎の期待の1頭。
阪神JFで優勝したダノンファンタジーを、新馬戦で捻じ伏せているだけに期待。

鞍上には今年絶好調のルメールが引き続き騎乗予定。
ここ2週間ほど不調を感じさせるが大舞台で強いのがルメール騎手の素晴らしいところだけに期待したい。

いずれのレースでも先行力を活かした競馬をしての勝利。
センスある走りを見せており、2歳馬としての完成度は高い。

ただし、2歳でここまで活躍していると怖いのは早熟駄馬化してしまうこと。
枯れるのも速いのが特徴で、このレースまで持つかどうか。
まだ2戦しかしていないので消耗度は低いはず。

新鮮な状態を保って出走できるかが鍵となりそう。

アドマイヤマーズ
≪牡2/栗 友道康夫厩舎≫

【前走】デイリー杯2歳S 1着
【父】ダイワメジャー
【母父】Medicean

ここまで3戦3勝と無敗の1頭。
グランアレグリアと違うのは、ここまで3戦走って未勝利であるという点で、2歳馬では大事な経験値が違います。

ただし、不安な点で挙げると以下のポイントがあります。

  • 多頭数が初めて
  • これまでの2着メンバーが軒並み凡走

この2つは致命的に足りていない証明でもあると考えられます。

特に前走の2着馬メイショウショウブが、阪神JFで6着と善戦まででした。
5着までは接戦だったにも関わらず、6着のメイショウショウブは5着馬に対して2馬身遅れています。

ここで強気に買うには少し厳しい印象。
相手候補筆頭まででは。

ファンタジスト
≪牡2/黒鹿 梅田智之厩舎≫

【前走】京王杯2歳S 1着
【父】ロードカナロア
【母父】ディープインパクト

今年の3歳馬路線で活躍馬を輩出し続けたロードカナロア産駒の期待の1頭。
阪神JFではディープインパクト産駒のダノンファンタジーが勝利を収めましたが、ロードカナロアの時代が来ている流れを考えると、ここでも頑張って欲しいところ。
ディープインパクトばかりだとつまらないですから。

今回は距離延長の一戦。
ここまでデビューから、12、12、1400Mと、一度も1600Mを試していない。
その点では、他の馬と比べるとやや不安な部分が大きい。

しかし、前走の走りを見る限りだと、そこまで問題は無さそうにも映る。

前走は1枠1番からのスタートで、道中は4番手から3番手を追走するレース運び。
楽な競馬ができたことは否定できず、上積みという点では厳しいか。
内々を走れたのは前走のレースだけでは悪くはないものの、今回を考えるとどうか。

楽な競馬をしてきたのは間違いないので、苦しくなった時にどうなのか。
あとは内枠が欲しいはずで、できれば同じような競馬をしてくるグランアレグリアには外枠からロスのある競馬をと願っているはず。

こちらも引き続き武豊騎手が騎乗予定。
有力馬ともなると、軒並み新馬戦から騎乗している騎手が跨るのですが、当然ですが前向きな評価を与えたい。

現時点での注目馬

人気上位馬が堅いのではないかと感じる今年の朝日杯FS。
グランアレグリアの相手探しなのか、それともその他3頭のアドマイヤマーズ・ファンタジスト・ケイデンスコールの3頭のどれかが逆転できるかに期待するのか。

伏兵馬ということであれば、個人的には【A】ドゴールに期待したい。

ここまでデビューから2戦共に上がり3ハロン最速をマークして上がっています。
注目度の低い1頭になっていますが、ちゃんとしっかりと末が使えるのは阪神1600Mを考えると前向きに考えたい。

上位4頭以外では、上記の【A】ドゴールに期待しています。