フォローお待ちしております♪

Followしていただけるならこちらから

アルゼンチン共和国杯 2017 出走予定|想定騎手と推定オッズに有力馬考察まで

2017/10/30/

当ブログのコンテンツは、競馬予想について取り扱っています。馬券の購入は自己責任でお願いします。競馬の予想に関する情報(主に追い切り)をお届けしていますが、まずは競馬を楽しむことに主体を置いています。分かりやすさを目指す為に、架空のキャラクターを登場させる場合がありますが、私も楽しみながら更新できるようにしています。

こんにちは!
爆穴ブログのリッキーです。

11月5日に東京で実施の第55回アルゼンチン共和国杯の想定騎手入りの出走予定馬です。
伝統の1戦で、ジャパンCの前哨戦です。
推定オッズや有力馬考察、最後に注目馬の記載を行っています。

注目は3歳馬のスワーヴリチャードとセダブリランテスの2頭。
その2頭に対し、迎え撃つ古馬勢ではアルバートなどが注目されています。

早速、メンバーをチェックしていきます。

出走予定馬

馬名 斤量 想定 推オッズ
アルバート 58.5 シュタルケ 3.4
カムフィー 52 勝浦 236.5
カレンミロティック 57 池添 21.6
サラトガスピリット 53 内田 188.4
シホウ 53 ○○ 85.6
スワーヴリチャード 56 Mデムーロ 2.6
セダブリランテス 54 戸崎 6.4
ソールインパクト 53 福永 19.4
タッチングスピーチ 54 ○○ 35.6
デニムアンドルビー 54 田辺 13.8
トウシンモンステラ 53 ○○ 198.9
トルークマクト 53 江田照 166.7
ハッピーモーメント 54 津村 32.6
ヒットザターゲット 57 三浦 52.6
プレストウィック 55 Vシュミノー 8.1
マイネルサージュ 54 柴田大 136.5
レコンダイト 55 北村友 26.8

有力馬考察

スワーヴリチャード
≪牡3/栗 庄野靖志厩舎≫

【前走】日本ダービー 2着
【父】ハーツクライ
【母父】Unbridled's Song

日本ダービー2着から休養に入ります。
しかし、なかなか状態が上がってこない中で、秋はアル共杯から始動することになりました。
大分ずれ込んでの復帰戦となりました。

今回のメンバーの中でも、実績は上位。
共同通信杯を優勝し、日本ダービーでは2着の実績は大きいです。

あとは、どの程度体が戻ってきているのかに注目するべきです。
秋始動戦で、ここまで順調に来ていませんので、このレースが勝負度合いは高いということはないでしょう。

セダブリランテス
≪牡3/鹿 手塚貴久厩舎≫

【前走】ラジNIK賞 1着
【父】ディープブリランテ
【母父】ブライアンズタイム

デビューから無傷の3連勝。
記憶にないのですが、デビューから4戦目でアル共杯というのも珍しいような気がします。

前走後はセントライト記念を目指す予定でしたが、右前脚挫跖の為回避。
菊花賞も難しいことから、目標を切り替えてきました。

アル共杯といきなり周りが強くなったと思いきや、G1が行われない日でも1戦ですのでメンバーには恵まれた印象です。
強力なライバルと言えば、同世代のスワーヴリチャード程度です。

あとは、こちらも仕上がりがどの程度まで整っているのかには注意が必要です。
骨折などの重症ではないものの、はっきりとした怪我明けの1戦ですので、どの程度の作りを目指しているのかはチェックが必要です。

アルバート
≪牡6/栗 堀宣行厩舎≫

【前走】オールカマー 7着
【父】アドマイヤドン
【母父】ダンスインザダーク

今回のメンバーの中では古馬筆頭という形になります。
勿論、カレンミロティックやヒットザターゲットなどの古馬勢がいますので、筆頭という言葉を使うのは違うかもしれませんが、とにかく今回の古馬メンバーの弱化が凄いです。

そんな中で、ダイヤモンドSを今年制し、天皇賞春で5着とG1でも好走している古馬はアルバートのみ。

前走のオールカマーは、この馬にしてみればまだ距離が短いとも言える距離でした。
昨年はここを2着からステイヤーズSを連覇。
今年は同一重賞3連覇の期待が掛かっているだけに、本番は次走だと見ていますが、古馬の中では注目していなければならない1頭です。

現時点での注目馬

それでは、現時点での注目馬を記載して終わりたいと思います。

現時点で注目しておきたいのは、レコンダイトです。

目黒記念では掲示板が一杯でしたが、前走は秋の始動戦の京都大賞典で5着の結果でした。
思った以上に好走しての5着でした。
今回は、前走使われたことでさらに良化が望める1戦。

あとは、馬場がどの程度回復してくるのかが限りを握りそう。
良馬場であれば、近走は確実に伸びてくるので、展開と天候の2つの条件が必要になるでしょう。

以上、アル共杯の出走予定馬情報のまとめでした。

多くの競馬予想サイトが重賞の中山記念や阪急杯の無料予想を提供する中、ターフビジョンは、なぜ阪神の特別戦である≪すみれステークス≫を無料提供すると決めたのか。

その理由は簡単で明白。
ターフビジョンを使って、実際に当たる喜びを体験していただきたいからです。

注目を浴びる為にグレードの高いレースを無料対象レースに指定する。
例えば極端な話、G1週にそのG1レースを無料対象レースにすると会員数は簡単に増やせます。

しかし、どの陣営もG1を目指して馬を作っていますので、どの馬も勝負度合いが高く、どの馬も勝てる見込みがあります。

その点で言えば、穴っぽいところを選択して名前を書いていれば、例えダメでも攻めた姿勢もアピールできます。
言い訳は後付けでなんとでも書けます。

競馬予想コンテンツを提供する上で、必要なのは利用者が儲かること。その1点のみ。
多くの情報サイトや新聞は、日経新春杯ばかりに注目しています。
しかし、自信のあるレースでターフビジョンの凄さを実感して下さい。

たったそれだけのことですが、他のサイトはそれを行いません。
会員様になっていただくということは、自信のあるレースを選択しなければなりません。

2月25日(日)≪東京9R≫すみれステークスの3連複無料勝負馬券の予想提供の詳細は以下をご覧ください。

無料でお申し込みされる方はコチラから

-出走予定馬
-