アルゼンチン共和国杯 2018 出走予定馬|想定騎手と推定オッズ|ジャパンCの前哨戦

どうも、リッキーです。

ジャパンCの前哨戦であるアル共杯が今週末にありますので、登録馬をチェックしていきます。
想定騎手や推定オッズの掲載も行っています。

中心は宝塚記念で9着だったものの、今年の日経新春杯を優勝しているパフォーマプロミス。
宝塚記念3着のノーブルマーズと人気を分け合いそうですが、この辺りが人気の中心となりそうか。

天秋直後の為、有力馬らしい有力馬はいませんが、それでも楽しみなメンバーが揃いました。
早速、登録馬を見ていきます。

アル共杯の登録馬

馬名斤量想定推オッズ
アクションスター51○○348.9
アルバート58.5田辺5.1
ウインテンダネス56松岡16.6
ヴォージュ55藤岡康87.5
エンジニア54北村宏54.9
ガンコ57三浦5.5
ジナンボー49○○12.9
トウシンモンステラ51柴田大248.7
トレジャーマップ49○○428.6
ノーブルマーズ56高倉4.6
パフォーマプロミス56オドノヒュー3.4
ヘリファルテ53石川裕35.2
ホウオウドリーム54○○80.4
マコトガラハッド51○○168.7
ムイトオブリガード55四位8.6
ルックトゥワイス54北村友19

アル共杯の有力馬

パフォーマプロミス
≪牡6/栗 藤原英昭厩舎≫

【前走】宝塚記念 9着
【父】ステイゴールド
【母父】タニノギムレット

前走の宝塚記念では4人気と比較的上位人気に選ばれるも、結果としては9着と大敗。
勝ち馬のミッキーロケットから1秒も遅れたので、まさに大敗と言っても仕方がない成績です。

外厩でしっかりと仕上げられてきている中で、どこまで立て直されているのか。
休み明けは苦にしないタイプだけに、仕上がり次第では前走は無視していいはず。

ノーブルマーズ
≪牡5/栗 宮本博厩舎≫

【前走】宝塚記念 3着
【父】ジャングルポケット
【母父】Silver Hawk

前走は12人気という低評価ながら3着に突っ込んできた。
前走は58kgを背負う中で、今回は56kgならば楽になる。

宝塚記念から中18週という中で、休み明けがどうなるか。
高倉騎手とのコンビでずっと乗られていますが、前走があったのでさすがにG2では気負いはないか。

しかし、この馬の休み明けの成績が安定しないので、もしかすると次走を狙いに来ている可能性も。
賞金的には大きな舞台が厳しくもなるので勝負度合いは高くなりそうだが…。
キレ勝負になると厳しくなるので、そのような展開にならないことも条件の1つ。

ガンコ
≪牡5/青鹿 松元茂樹厩舎≫

【前走】オールカマー 7着
【父】ナカヤマフェスタ
【母父】シングスピール

今年は日経新春杯で3着、日経賞で1着とG2で成績を残してきた。
天春では14着に敗れたものの特殊なG1ならば無視していい。

しかし、夏場を休養して秋はオールカマーから登場も結果は7着。
休み明けはまずまずの成績ですが、駄目な時はとことん駄目なので二戦目も厳しいか。
ただ、三戦目は立て直してくるので、その場合でも次走は狙い目。

出走予定馬まとめと現時点での注目馬

有力所で順調に来ているのは、アルバートが京都大賞典で3着という休み明けでの成績。
ガンコは上記の通りで、ムイトオブリガードは前走使われていますが準OPを勝ってというものでした。

現時点で個人的に注目しているのは【D】ウインテンダネス。

伏兵馬の扱いですが、前走は休み明けを使われた成績。
前走の追い切りの動きは良かったので、今回も同様の動きを見せていれば状態は整ってくるのでは。
使われた上積み分を考えれば、ここも楽しみです。