有馬記念 2017 出走予定|想定騎手と推定オッズに有力馬考察

こんにちは!
爆穴ブログのリッキーです。

12月24日に中山で実施の第62回有馬記念の出走予定馬情報をまとめました。
想定騎手や推定オッズに、有力馬考察を行っています。

いよいよ年末の大舞台。盛り上がらないはずがありません。
有馬記念ファン投票で1位のキタサンブラックの引退レース。
愛された馬が引退に指名した有馬記念。
勝って有終の美となるか。それともジャパンC同様に善戦で終わってしまうのか。

ちゃちゃ
注目はやはりキタサンブラック!!
こてつ
ジャパンCの勝ち馬シュヴァルグランも参戦!!
リッキー
メンバーが微妙という声もありますが、これはこれで楽しみです!!

今年最後のG1…ではないのがどうかなと思いますが、年末の大定番。
クリスマスのプレゼントをJRAから貰いましょう!ww

有馬記念の出走馬と出走馬のファン投票順位

馬名斤量想定推オッズファン投票
キタサンブラック57武豊2.11位
サトノクラウン57Rムーア13.53位
シュヴァルグラン57ボウマン4.25位
ミッキークイーン55浜中8.49位
ヤマカツエース57池添18.612位
レインボーライン57岩田20.513位
シャケトラ57福永48.215位
スワーヴリチャード55Mデムーロ4.516位
サウンズオブアース57Cデムーロ65.218位
ルージュバック55北村宏31.520位
クイーンズリング55Cルメール84.639位
カレンミロティック57川田256.354位
サクラアンプルール57蛯名52.445位
サトノクロニクル55戸崎144.280位
トーセンビクトリー55田辺455.981位
ブレスジャーニー55三浦41.675位

有力馬考察

キタサンブラック
≪牡5/鹿 清水久詞厩舎≫

【前走】ジャパンC 3着
【父】ブラックタイド
【母父】サクラバクシンオー

秋古馬3冠のうち、天皇賞秋を勝利。
ジャパンCは、最後の最後にシュヴァルグランとレイデオロに差されて3着とはなりましたが、4着のマカヒキには4馬身差を付ける内容で強さは見せた1戦でした。

天皇賞秋は極度の不良馬場。
そのコースを走ったことで、「疲労が蓄積しているのでは」「反動があるのではないか」と思われていましたが、結果としては、その辺の影響もあったかもしれません。
この記事を読んでいる方の中にも、そう思って評価を下げた方もいるのではないでしょうか。

キタサンブラックの追い切りで注目しておくべきなのは鶴首だと思っています。
普通の馬だと、変な力みや精神的にイライラしているなどの時に、首を丸めて走るような素振りを見せますが、キタサンブラックに関しては、鶴首で走る時は好調の表れと判断していいでしょう。
前走は、やや鶴首の具合は物足りないというと変ですが、いつも以上に首が伸びていたのが気になったのは気になりました。

今回の中間の追い切りから含めて、どのような走りをしているのかに注目するべきでしょう。

シュヴァルグラン
≪牡5/栗 友道康夫厩舎≫

【前走】ジャパンC 1着
【父】ハーツクライ
【母父】Machiavellian

前走のジャパンCで、念願だったG1を初制覇。
それがジャパンCという大舞台でしたので、関係者の皆さんの喜びも大きいと思います。
どの騎手が騎乗するのかという点も、ジャパンCでは話題になりました。
Mデムーロ騎手が想定されていましたが、直前に未定になり、ボウマン騎手が確定した時には、この馬の注目度は低かったと思います。

しかし、蓋を開けてみると圧巻の走り。
手綱さばきも見事で、スルスルと前を走るキタサンブラックを一完歩ずつ詰めて、最後は1馬身以上の差をつけました。

今回もボウマン騎手を確保。
G1の大舞台で活躍したコンビで挑めるのは前向きな評価をしていいでしょう。

ただし、過去の有馬記念のハーツクライ産駒の成績は今一つ。
≪0.1.7.8≫と、連対率12.5%は、他の有力馬が揃う中ではもう1つ足りない印象を受けます。
カレンミロティックやスワーヴリチャード同様に、マイナス要因を探すとなるとこの辺が挙げられます。

サトノクラウン
≪牡5/黒鹿 堀宣行厩舎≫

【前走】ジャパンC 10着
【父】Marju
【母父】Rossini

前走はジャパンCで10着。
天皇賞秋の反動が出たと言っても過言ではないと見ていいでしょう。
Mデムーロ騎手は、最後は追っていないかったので、反応がなかったのだと思います。

前走後は疲れが出たということで、前走からは坂路をキャンターで様子見程度。
もしかすると、回避まで見込んでいるのではないかと思います。
1週前追い切りでどのような動かし方をするのかは分かりませんが、一方で、鞍上にはRムーアを確保。
ある程度は勝算あっての選択だと思いますので、出走はしてくる見込みだとは思いますが、中間の動きでどの程度回復しているのかに注目したい。

スワーヴリチャード
≪牡3/栗 庄野靖志厩舎≫

【前走】アル共杯 1着
【父】ハーツクライ
【母父】Unbridled’s Song

今回の有馬記念の3歳馬の中では最有力視されているのではないでしょうか。
日本ダービーでは2着に入った逸材で、前走は初古馬との対戦でしたが、2着のソールインパクトに2馬身1/2の差を付けて完勝。
休み明けの1戦を完勝に持ち込めた地力の高さは本物でしょう。
レイデオロに3/4まで迫った馬ですので、3歳馬の中では注目しておかなければいけません。

ただ、こちらもハーツクライ産駒。
シュヴァルグランの考察でも書いたように、血統的な裏付けは少々不安視したい。

また、同じ3歳馬のブレスジャーニーも長期休養明け2戦を使われ照準を有馬に合わせてきました。
前走以上に良化に期待が出来る為、3歳馬同士の熾烈な争いにも注目したい1戦です。

見どころと現時点での注目馬のご紹介

有馬記念は、斤量の軽い3歳馬が活躍することも多いレース。
ジャパンCは牝馬が活躍することが多いなら、有馬記念は牡馬が活躍することが多いレースとも言えます。

昨年のサトノダイヤモンドを始め、12年ゴールドシップ・11年オルフェーヴル・10年ヴィクトワールピサと、3歳馬の活躍が目立ちます。
その点では、有力馬考察で挙げたスワーヴリチャードとブレスジャーニーにも期待したいレースです。

1着2着3着4着以下勝率連対率複勝率
3歳4322312.50%21.90%28.10%
4歳352317.30%19.50%24.40%
5歳313347.30%9.80%17.10%
6歳001200.00%0.00%4.80%
7歳011100.00%8.30%16.70%
8歳~00150.00%0.00%16.70%

こうなると、3歳馬の中から見つけたくもなります。
その点では、3歳馬のサトノクロニクル・スワーヴリチャード・ブレスジャーニーの3頭には注目しておかなければなりません。

しかし、現時点で注目している1頭は、4歳以上の馬から選びたいと思います。

その馬は、ミッキークイーンです。
今年は、宝塚記念3着、エリ女で3着と、G1でも活躍。
昨年の有馬記念では5着に入る活躍も見せましたが、今年は昨年の上位馬のうち、サトノダイヤモンドとゴールドアクターが不在。
2着だったキタサンブラックと、4着のヤマカツエースは顕在ですが、ヤマカツエースは、今年後半はやや不振気味。

宝塚記念とエリ女を見て感じるのは、長い距離の方が向いているという点も含めて考えておきたいポイントです。
有馬記念は直線は短いものの、距離は2500Mで、長距離の適正が必要になってきます。
その点では、ミッキークイーンの出番と考えていいでしょう。

そのミッキークイーン、12月7日に栗東坂路に入り、【53.3-38.6-25.3-12.6】と、順調に追い切りを消化しています。
前走からゆとりあるローテーションですので、ここでも期待が持てるのではないかと見ています。
2週前の追い切りの段階ですが、負荷も掛けられていますので、順調に来ていると見ています。
1週前、そして最終リハの様子を勘定して、最終的なオススメ馬を決めたいと思いますが、最後に11秒台の猛時計を出して来たら、勝負度合いも高いのではないかと考えていいでしょう。

以上、有馬記念の出走予定馬情報でした。

稼ぎたいという夢を掴む

吉成周蔵氏が発起人となり、これまでバラバラだった「うまコラボ」「Hit Make」「競馬の殿堂」のサービスを統合。
競馬ファンが夢を掴む場所を作りたいという思いに賛同したサイトが堂々集結して生まれたのが「うまとみらいと」です。

タダで会員登録を行う方はココから

本登録に必要なものはメールアドレスのみ。
メールマガジンはいつでも解除することができます。

うまコラボは多数のWEBサイト、そしてWEB広告でも取り上げられていたのでご存知の方も多いはず。
超大手ウェブサイト(Ya○oo!Japan)の広告にも出稿していましたので、サイトの安全性は折り紙付き。審査が厳しいのが今の広告業界ですから。

競馬の殿堂は、完全無料を貫くことで会員との間に信頼関係を築くことを念頭に運営。
Hit Makeは、城戸氏が穴一筋15年で運営されてきたサイトで、これまでも多くの会員に笑顔と多くの配当を提供してきました。

話題になるほどまでに成長した「うまとみらいと」の一体何が凄いのか?

その1つは、完全無料から使うことができるという点。

例えば「うまコラボ」は、うまとみらいとに無料登録するだけで、各開催競馬場の午前中レース+その週の無料対象重賞1つの指数が見放題。

「競馬の殿堂」は、的中率90%オーバーを誇り、「Hit Make」では穴馬探しもお手の物。

会員数10万人以上の圧倒的な会員数を誇る「うまとみらいと」だからこそできる、これまで積み上げてきた実績、そして信頼。
多くの会員様に賛同していただけることは誇りでもあります。

皆さんの疑問に思っているかもしれません。どうやって稼いでいるのかということです。
何も悪いことはしていません(笑)

ちゃんと有料サービスもあります。
月額定額のものや買い切りのもの、有料の部分がないと運営はできませんから。
しかし、有料サービスへの念押しがなくても、有料会員数も右肩上がりで伸びています。

それは、無料で満足できなくなった会員が多いということ。
裏返せば、無料会員だけで得られる利益だけでは満足できなくなったという証拠ではないでしょうか。

今始めなければ、きっとあなたは後悔する。

もちろん、うまとみらいとを知らないのであれば、後悔しようもないでしょう。
しかし、今、この瞬間、知ってしまった、うまとみらいとの存在を。

あなたの知らない競馬の世界、少しだけ勇気を出して広げてみませんか?

的中・利益の全てが詰まった情報がこのうまとみらいとにはあります。
競馬に未来への可能性を感じたい方は、今すぐ無料の会員登録をするところから始めましょう。

ちなみに、今週の無料対象レースは『菊花賞』
今登録すれば、今週末の指数公開に間に合う。だから今登録するのをお薦めします。

無料会員登録はコチラから

本登録に必要なものはメールアドレスのみ。メールマガジンはいつでも解除することができます。
仮登録メールが送られてくるので、本登録を済ませてご利用いただけます。

スポンサードリンク

お役に立ちましたらシェアをお願いします

フォローする

スポンサードリンク
スポンサードリンク