葵ステークス 2019 出走予定|想定騎手と推定オッズ|ディアンドルらが登場

リッキー
どうも、リッキーです。ご覧いただきありがとうございます。

土曜日メインの葵ステークスの出走予定馬をチェックしています。
想定騎手と推定オッズも同時に掲載して、最後に現時点での注目馬を紹介していますので、最後までご覧ください。

葵Sは3歳馬による1200Mの重賞です。
短距離路線はNHKマイルCが目標しかありませんので、もう少し短距離路線を拡充してもいいかもしれません。

ここから、未来のスプリンターの王者が現れるのか楽しみです。

まずは登録馬をチェックしています。

出走予定馬

馬名斤量想定
アウィルアウェイ55川田
アスターペガサス57福永
アズマヘリテージ54○○
ジャカランダシティ56アヴドゥラ
ディアンドル55藤岡佑
ディープダイバー57藤岡康
ドゴール56津村
ニホンピロヘンソン56藤井
メイショウケイメイ55古川

抽選(7/14)

馬名斤量想定
アイラブテーラー54岡田
ウィンターリリー54国分恭
エイティーンガール54池添
ケイアイサクソニー56○○
ココフィーユ54岩田康
ジャスティン56川又
ショウナンタイガ56柴山
セプタリアン56北村友
タマモメイトウ56吉田隼
ファイトフォーラヴ56武豊
ホープフルサイン56
マリアズハート54菱田
ラミエル54鮫島駿
ローゼンクリーガー54和田

除外対象

馬名斤量想定
ルマーカーブル56○○
カシノティーダ54高倉

推定オッズ

馬名推定
ディアンドル3.2
アウィルアウェイ4.5
ディープダイバー6.7
ココフィーユ9.5
アスターペガサス11.0
ローゼンクリーガー13.3
ドゴール16.9
ファイトフォーラヴ22.8
セプタリアン24.2
メイショウケイメイ32.2
ショウナンタイガ42.0
アズマヘリテージ85.6
ケイアイサクソニー105.1
エイティーンガール141.5
ニホンピロヘンソン170.3
マリアズハート191.3
ラミエル192.3
ジャスティン192.8
アイラブテーラー193.2
ウィンターリリー196.8
ホープフルサイン197.8
タマモメイトウ203.9
ジャカランダシティ208.5

有力馬考察

アウィルアウェイ
≪牝3/鹿 高野友和厩舎≫

【前走】桜花賞 10着
【父】ジャスタウェイ
【母父】キングカメハメハ

京王杯2歳Sで2着の実績があります。
ダリア賞(OP)勝ちを収めているので、能力は高いと判断していいでしょう。

桜花賞では距離がどうしても長かったとも言えるほど最後は怪しかったです。
その点では、今回の1200Mの距離は楽しみです。

兄は東京新聞杯を制したインディチャンプ。
アウィルアウェイは父がジャスタウェイということで、距離が短いところが本当に合うのかどうなのか。

父方に似れば成長は遅いはずなので、ここからが楽しくなるところではないでしょうか。
もう少し成長に時間が掛かるようであれば、まだ3歳春は厳しいかもしれません。

ディアンドル
≪牝3/黒鹿 奥村豊厩舎≫

【前走】マーガレットS 1着
【父】ルーラーシップ
【母父】スペシャルウィーク

ここまで5戦いずれも連対という堅実タイプ。
デビューから一貫して1200Mを走っていますので、距離適性は高いはず。

ここまで4勝を挙げていますが、全て右回りでの実績です。
唯一の2着が左回りですので、もしかしたら苦手意識があるのかもしれません。

今回は右回りの京都開催。
京都の実績があるコースではないですが、右回りが問題なければ大丈夫なはず。

ディープダイバー
≪牡3/黒鹿 大久保龍志厩舎≫

【前走】橘S 1着
【父】ブラックタイド
【母父】Raven’s Pass

橘Sでは、最後は33.5秒の脚を繰り出して、桜花賞で8着だったジュランビルに対してクビ差先着。
3着馬は3馬身半の差がありましたので、上位2頭は能力が違うと考えるといいかもしれません。

ここまでデビューから11戦とレース自体は多いのですが、ここまで≪3.4.2.2≫という結果ですが、全て掲示板に入っていきます。
相手なりに走れるので、その点ではこのくらいならば問題ないのでは。

11戦中10戦が右回り。
右回りが得意なのか、たまたまそうなったのかはわかりませんが、考えられていると思います。
ここは得意な右回りなので楽しみです。

まとめ

葵Sは1200Mの重賞で、この距離でこそ輝くメンバーも多いです。
昨年は2着同着で、3連単138,780円と124,940円とそこそこ荒れました。

さて、今回の注目馬は【A】ショウナンタイガです。

ファルコンSで4着の実績を残しています。
雪うさぎ賞では、マイネルアルケミーやタマモメイトウらを差し押さえてクビ差を抑えての勝利。
4着馬とは1馬身半の差を付けていましたので、その点では上位3頭が強かったと思います。

3着のタマモメイトウは次戦ゆきつばき賞を勝っており、レースレベルは高かったと見ていいでしょう。
注目している馬の紹介を終えて、葵Sの出走予定馬情報を終わりたいと思います。