葵ステークス 2019 最終追い切り考察|タマモメイトウが上々の動きを披露

クリック応援をよろしくお願いします!
 最強人気ブログランキング にほんブログ村 競馬ブログ 追い切り重視へ

どうも、リッキーです。
ご覧いただきありがとうございます。

この記事では、葵ステークスの最終追い切り考察を行っています。
現時点で注目の馬についても記載していますので、もしよろしければご覧ください。

注目馬などは、葵ステークスの出走予定馬情報に記載しておりますので、そちらもご覧いただければ幸いです。

それでは早速ですが、追い切りをチェックしていきます。

追い切り考察

評価は【S/A/A-B/B/B-C/C/D】の7段階評価です。
評価について、詳しくはこちらをご覧ください。

アウィルアウェイ【B】

5月22日(水)栗東 坂路(良)
【54.2-38.7-24.9-12.1】

単走末強め。

残り1ハロンは追われていますが、それまではゆったりと我慢させるような形の内容となりました。
その我慢が出来ているのかは微妙なところで、少々掛かり気味になっていたような形となりました。

ただ、ガッと勢いだけで走らせるとテンションが上がってしまう馬などもいますので、最後にガス抜きをさせてあげた程度の内容になったのだと思います。

状態的には前走程度で走れる見込みです。

アスターペガサス【B】

5月22日(水)栗東 坂路(良)
【53.4-37.8-24.4-12.4】

単走強め。

首の動きが少々物足りないので、力一杯に走っているイメージ。
もちろん、追われているので力一杯になるのは仕方がないのですが、やや動きが小さいのが難点か。

デキは前走程度には整っていると思います。
前走以上はないと判断しています。

アズマヘリテージ【B-C】

5月22日(水)栗東 坂路(良)
【51.3-37.3-25.0-12.7】

単走強め。

前脚側が少し物足りない形になりました。
もう少し力強くかき込めるといいと思いました。

坂路の内側を走るのは、レースから遠い馬など調整程度に走る場合。
今回のコース取りは内ラチに沿って走っています。
その点もやや気になります。

時計自体は短距離馬っぽい形。
その点では、レース選択としては楽しみ。

ただ、順調に使われているので上積みは感じず。
脚の踏み込みを見ると、デキは押した可能性も。

ウィンターリリー【B】

5月22日(水)美浦 南W(重)
【4F54.2-39.8-1F13.7】

単走馬なり。

馬場が綺麗な時間帯でしたが、コース7分から8分を通ってこの時計はどうなのか…。
馬なりなので許容範囲ともいえるし、馬なりにしてももう少し時計を刻めてもとは思いました。

動き自体は悪くなく、少し上へ飛び跳ねるような形。
大飛びタイプと言えるかもしれませんが、推進力には疑問も。

悪い部分はないと言えますが、デキは平行線。

エイティーンガール【B】

5月22日(水)栗東 坂路(良)
【56.4-40.2-25.6-12.4】

単走馬なり。

道中で2頭併せの馬をパスしていますので、実質的には3頭併せのような形になりました。

全体時計を見て分かる通り、テンはゆったりとした入っていきました。

前走の方が仕上がり良かったようにも思いますが、デキは平行線としています。

ケイアイサクソニー【C】

5月22日(水)栗東 CW(良)
【4F53.5-39.0-1F12.3】

2頭併せ外強めクビ差遅れ。

外ラチ沿いを走っていますので、この時計は上々でしょう。

ただ、1馬身前を走っていますが、最後は馬なりの僚馬に交わされる内容となりました。

5月11日のレースから参戦。
その為、中間はありませんので、ここの内容が全て。

間隔が詰まっていますので、デキは前走未満。
さすがに前走がピークに感じる内容でした。

ジャカランダシティ【B】

5月22日(水)栗東 坂路(良)
【55.4-40.4-25.6-12.6】

2頭併せ馬なり3馬身先着。

一杯に追われた僚馬を馬なりで先着できたのは見た目は良かった。
ただし、この時計でこの着差であれば、僚馬が走らなかったと見るべきでしょう。

チップを高く巻き上げて走れていますので、踏み込みの力強さはあるのだと感じます。

デキは前走程度に仕上がっていると思います。

今回とは関係ないですが、走りを見るとダートも面白そうかなと思いました。これは別の所感ですが。

タマモメイトウ【B】

5月22日(水)栗東 P(良)
【5F67.3-50.4-36.3-1F12.2】

単走末一杯。

少し掛かるような素振りを見せながらという形になりましたが、概ねデキは良かったと思いました。

一発鞭が入ってから追われていますが、しっかりと動けていて、近走の好調さを感じる内容でした。
デキは前走程度とは思いましたが、仕上がりは良かったです。
前向きに評価したい1頭です。

ディアンドル【B】

5月22日(水)栗東 坂路(良)
【56.3-40.3-25.4-12.4】

単走馬なり。

中間に時計を刻んだのが1本だけで、これをどう評価するか。

前走時も同じような形でレースに出走していますので、問題はないと思いますが、どこか物足りなさを感じる部分はあります。

正直、考察する部分の材料が乏しく、これ以上言葉を出せません。
デキは前走程度に見ていいと思います。

ディープダイバー【B】

5月22日(水)栗東 坂路(良)
【53.4-38.1-24.6-12.0】

2頭併せ強め半馬身先着。

時計的にはもう少ししっかりと時計が出ていても良かったと思いました。
動きに対して、時計がやや物足りないと感じます。

ここ2戦を2連勝と、状態の良さは今回の仕上がりからも伝わります。

時計の刻み方だけが少し物足りなさを感じますが、デキは前走程度には仕上がっているでしょう。

ドゴール【B】

5月22日(水)美浦 南W(重)
【5F65.7-51.4-38.2-1F12.9】

2頭併せ外末強め併入。

脚色はドゴールの方が良かったです。
僚馬は直線入って追われる中で、残り1ハロンのところで追われるとしっかりと伸びていきました。

ただ、そこからの伸び脚は微妙で、追われた瞬間はガッと推進力があったものの結局は併入まで。
脚色は良かったのですが、その点が少し微妙に映りました。

ホープフルサイン【B】

5月22日(水)美浦 坂路(重)
【55.9-40.6-25.4-12.1】

単走強め。

外に2頭併せの馬が走っていたので、配慮してコースの真ん中を走っていました。

デキは前走程度だと見ています。
もう少しメリハリがある動きを見せてくれると評価しやすかったです。

マリアズハート【B-C】

5月22日(水)美浦 南W(重)
【4F55.2-40.3-1F13.8】

単走馬なり。

ここまで2戦2勝と素質を感じる1頭ですが、直線で日本ダービーに出走するエメラルファイトなどにパスされてる形。

他の馬に配慮して、コース4分から5分程を通過していますので、時計は参考程度。
それでこの時計ですので、時計の根拠は足りないです。

少しデキは落ちたのでは。
中間の気配も、時計を見る限りではあまりよろしくなさそうです。

メイショウケイメイ【B-C】

5月22日(水)栗東 坂路(良)
【55.0-38.8-24.6-12.0】

単走強め。

首が立ってしまい、動きがこじんまりとしています。

馬場が荒れている時間帯なので、時計は許容範囲。

前走が前走だけにさすがにお釣りがなさそうな部分も。
中間は吉澤ステーブルWEST内にあるアップヒルに滞在しての調整。

吉澤SWと同じ敷地内にありながらも、別の施設として考えるといいのかな。

デキとしては前走程度。
どちらかというと、疲労が見え隠れしているようにも感じられ、前走以上ということはないと判断しています。

葵Sの追い切りまとめ

今回の追い切りで上昇気配とした馬は不在でした。
重賞ではあるものの、この時期の重賞ということもあり、どこも仕上げが甘いという感じを受けました。

ただ、今回は外厩調整が多いので、あまり見えてこないというところもあります。
追い切り考察の限界という感じがしますね(-_-;)

オススメ馬としては以下の馬を挙げておきます。

  • タマモメイトウ
  • ディアンドル
  • ディープダイバー
  • エイティーンガール