青葉賞 2019 出走予定|想定騎手と推定オッズ|ウーリリなどが登場

クリック応援をよろしくお願いします!
 最強人気ブログランキング にほんブログ村 競馬ブログ 追い切り重視へ
リッキー
どうも、リッキーです。ご覧いただきありがとうございます。

青葉賞の出走予定馬情報をまとめています。
想定騎手と推定オッズに、有力馬考察に現時点での注目馬について書いています。

日本ダービーの前哨戦。
勝ち馬こそ出していないものの、2着3着にはよく突っ込んでくる主要レースとなりつつあります。
そろそろここから日本ダービーを制するような馬が現れるのではないでしょうか。
早くそうなれば、裏街道を進んでくる馬も現れてくるように思いますが…。

今年の登録馬をチェックします。

青葉賞の特別登録

馬名斤量想定
アドマイヤスコール56Mデム
アルママ56柴田大
ウーリリ56福永
カウディーリョ56石橋脩
キタサンバルカン56大野
サトノラディウス56三浦
セントウル56○○
タイセイモナーク56シュタルケ
ディバインフォース56松山
トーセンカンビーナ56藤岡佑
バラックパリンカ56和田
ピンシェル56吉田豊
ピースワンパラディ56戸崎
マコトジュズマル56○○
ランフォザローゼス56ルメール
リオンリオン56横山典

推定オッズ

馬名推オッズ
ランフォザローゼス2.9
ウーリリ4.5
サトノラディウス6.5
アドマイヤスコール8.8
リオンリオン10.9
トーセンカンビーナ15.7
キタサンバルカン19.1
アルママ24.7
カウディーリョ34.1
タイセイモナーク46.9
ピースワンパラディ78.8
ピンシェル126.2
マコトジュズマル134.2
バラックパリンカ181.1
ディバインフォース268.4
セントウル319.2

有力馬考察

ランフォザローゼス
≪牡3/鹿 藤沢和雄厩舎≫

【前走】京成杯 2着
【父】キングカメハメハ
【母父】ディープインパクト

良血馬の1頭。
母はラストグルーヴで、祖母にエアグルーヴで、父もキングカメハメハと、G1を勝つために生まれてきたと言っても過言ではありません。

新馬戦を勝ち上がると、500万条件の葉牡丹賞2着から京成杯へ進むと、そこでも2着と勝ちきれない競馬となりました。
賞金は持っているものの、日本ダービーへ出走するには厳しい状況。

東京での新馬戦を勝って、続く2戦はいずれも中山開催。
直線が短いのが苦手なのか、そもそも2000Mでも距離が短いのか勝ちきれません。

先行力があるので、広いコースじゃなくてもとは思いますが、どうも勝てない競馬が続きます。

今回は東京2400でのレースですので、コース適正と距離適性いずれも楽しみです。

あとはあまり器用ではないので、その点でも広いコースは有利になるのではないでしょうか。

今回はルメールを確保していますので、勝負度合いは高いはずです。
ガチ追いから本番ではお釣りなしになる可能性はあると思いますが、ここは必勝態勢で挑んでくると見ていいでしょう。

ウーリリ
≪牡3/鹿 友道康夫厩舎≫

【前走】毎日杯 2着
【父】ディープインパクト
【母父】フレンチデピュティ

母はウィキウィキで、マカヒキやウリウリの下。
ディープインパクト産駒ですので、早熟に近い形になるのかと思っていましたが、完成はもう少し後になりそうな気配を感じます。

前走は内で前が壁になったので、追い出しが遅れてしまいました。
スムーズに出ていれば勝てた可能性も感じるゴール前でした。

東京コースに変わる今回は楽しみです。

ただ、初の関東輸送。
コース替わりは楽しみなものの、ここまで右回りの2戦。
初の左回りという点も気になる部分があります。

ただ、兄弟を見ると、あまり関係なく走れると思いますので、問題ないのではないでしょうか。

サトノラディウス
≪牡3/鹿 国枝栄厩舎≫

【前走】弥生賞 6着
【父】ディープインパクト
【母父】Danehill Dancer

葉牡丹賞ではランフォザローゼスにクビ差まで残した。
続く梅花賞では武豊騎手騎乗で勝ち星を挙げると、続く弥生賞で6着という結果でした。

前走はスタートでよろけてしまい、ヴァンケドミンゴの進路を狭めてしまうなどスタートで後手を踏んだ形。
道中は徐々にポジションを下げてしまい、4コーナーの勝負どころはポジションを押し上げることができずに直線で食いしばって走るもののという形で、見せ場は全くなし。

2400Mの梅花賞で結果を残しているので、その点では今回の展開が向くはず。
しかし、最後に坂があるコースは向いていない可能性もあるので、もしかして京都専用機の可能性も感じます。
青葉賞ではなく、京都新聞杯の方が良かったのではないかとも思ってしまいます。

現時点での注目馬

2000M以上のレース、特に2200Mや2400Mで結果を残しているメンバーが多く、逆に2000M未満でしか結果を残していないメンバーが少なく感じます。

その点では、アルママ・ウーリリ・トーセンカンビーナ・ピースワンパラディの4頭だけが2000M以上で結果を残していないので、距離適性には疑問が残ります。

今年は距離適性が高いメンバーが揃った中で、現時点で注目しているのは【A】キタサンバルカンです。

前走は2着に甘んじてしまいましたが、長く良い脚を使えるのは前向きに評価したい。

今回は乗り替りとなりましたが、今回の騎手と前走までの騎手とではあまり差はないと考えます。
繊細な脚ではないと思いますので、そこまで乗り替りを気にしなくていいと思っています。

本番では厳しいと思いますが、青葉賞で考えれば楽しみが広がります。

LINE@はじめました

爆穴ブログのLINE@を開設しました。

正直、勢いで始めたので何をするのかはまだ決めていません。他の競馬ブロガーさんに比べるとコンテンツは乏しいのが現状です...。

それでもいいよという方、登録をお待ちしております!

下の画像をタップするか、QRコードを読み込んでご登録お待ちしております!

爆穴ブログLINE@登録画像

お役に立ちましたらシェアをお願いします

フォローする