青葉賞 2018 最終追い切り評価|オブセッションは遅れる内容で厳しいか

こんにちは、リッキーです。
いつもご覧いただきありがとうございます。

この記事では、青葉賞の最終追い切りについて記載しています。
前走の追い切り映像やタイムの比較を行って評価を行っています。
もしよろしければ最後までご覧下さい。

日本ダービーへの最終切符。
それだけに、毎年仕上がり高い馬が多い印象です。
今年はどの馬が仕上がりが良いのか見ていきます。

青葉賞の最終追い切り考察

評価は【S/A/A-B/B/B-C/C/D】の7段階評価です。
評価について、詳しくはこちらをご覧ください。

エタリオウ【B】

4月25日(水)栗東 坂路(不良)
【55.4-40.2-26.2-13.3】

2頭併せ強め半馬身程遅れ。
馬なりの相手に苦戦したのが印象的でした。
口元も真っ白になっていて、ハミ受けが悪いのでしょうか。

時計判断では特には悪くはない。
前走程度の力は出せるものと判断しています。
遅れたのは地味ですが、こういった馬場が単に合わなかっただけとも言えるので、一旦は前走維持評価で様子見です。

オブセッション【B】

4月25日(水)美浦 南W(重)
【5F67.1-51.6-38.3-1F12.8】

3頭併せ内一杯半馬身程遅れ。
ゴーフォザサミット(青葉賞)とファストアプローチ(NHKMC)との追い切りでした。
ゴール後も1ハロン程度は追われているので、上記以上の距離は追われています。

ただ、馬なり相手の僚馬2頭に遅れたのは少々地味な内容でした。
前走時の追い切り評価記事が更新できませんでしたが、改めて映像をチェックしてみると、前走は集中力に難がありそうなものは感じましたし、首の位置が高いのも印象的でした。

今回の映像と比較すると、集中力は戻ってきていると感じましたが、勝負所で置いていかれるのは疑問です。
デキは前走程度では。

カフジバンガード【B】

4月25日(水)栗東 坂路(不良)
【55.1-39.5-25.2-12.2】

単走強め。
淡々と走れているので、状態は悪いということはないと見ています。

ラストの12.2秒は評価できる部分はありますが、全体時計は若干地味なものとなりました。
今週は時計が掛かる馬場でしたが、できれば53秒台後半から54秒台前半は欲しかったです。

前走はスプリングSでしたが、デキは上昇気配の【A-B】評価としていました。
全体のオススメ馬4頭中4頭目に名前を出していましたが、結果は6着となりました。
デキはその【A-B】評価とした前走を維持はしていると判断しています。

ただし、それ以上の上昇というのは、前走からの中間の時計を見ている限りでも感じません。
最終リハも淡々と走っていて、雰囲気は前走の方が良かったのも事実です。

総合的に考えて、前走程度のデキでしょう。

ゴーフォザサミット【B】

4月25日(水)美浦 南W(重)
【5F67.5-52.0-38.5-1F12.6】

3頭併せ中馬なり1頭併入、1頭半馬身差先着。
先着したのはオブセッションですので、能力は高そうです。

反応も良かったですので、問題は特になさそうに感じました。
デキは前走のスプリングSでの7着の時と変わりなく来ていると判断していますが、今回の方が反応が良かっただけに悩むポイントです。

時計は今回の方が良いのですが、大きく変化したとは感じませんでした。
デキはキープしている程度で。デキ落ちはないです。

サトノソルタス【B】

4月25日(水)美浦 南W(重)
【5F70.7-53.9-39.1-1F12.4】

2頭併せ馬なりアタマ差程先着。
強めに追われる僚馬に対し、馬なりで先着出来たのは好感が持てます。

前走『共同通信杯』2着の実績はだてはないことを追い切りでも証明してくれました。

南Wでの調整が続きますが、デキはある程度保てていそうです。
前走から上昇気配とは言い難いですが、前走程度の走りには期待が持てます。

スーパーフェザー【B】

4月25日(水)栗東 坂路(不良)
【55.5-40.2-26.0-13.0】

2頭併せ強めクビ差程先着。
僚馬は強めで、スーパーフェザーは馬なりの範疇と言えば範疇。
しかし、一応、強め表記としておきます。

時計はボチボチ出ているのですが、上々とは言い難いものでした。
ただ、加速ラップを刻んでいた前走までの追い切りをみると、物足りないものを感じます。
全体時計は、この馬にしてみれば決して悪くはないのですが、この時計での内容を考えると、どこかでもうちょっと時計を伸ばして欲しかった。

スズカテイオー【B】

4月25日(水)栗東 坂路(不良)
【53.4-39.4-26.1-13.3】

単走末強め。
馬なりの範疇と言えば馬なりの範疇。

全体時計は前走に比べると今回の方が良いのですが、最後は減速ラップとなっています。
特に可もなく不可もなくの範囲で、上昇しているとは言い難い内容です。

ダノンマジェスティ【B】

4月25日(水)栗東 坂路(不良)
【52.2-38.5-25.9-13.4】

2頭併せ馬なりクビ差程先着。
強めに追われる僚馬に対し、馬なりで先着出来たのは好感が持てます。

ただし、最後は1秒近くラップを落とす内容でした。
前走と変わりないとは言え、ラップを落としすぎたようにも感じます。

仕上がり的には前走維持程度で、きさらぎ賞に比べると若干デキは落ちているようにも感じます。
前走は能力だけで勝てた印象も受けますが、仕上がりで言えば前走程度です。
上昇とまでは言い切れない内容と見ていいでしょう。

テトラルキア【B】

4月25日(水)美浦 南W(重)
【5F68.7-54.2-40.3-1F13.1】

2頭併せ内強め併入。
脚色はテトラルキアの方がありましたが、残り50M程で並んでからクビ差程抜けるかと思いましたが、結局併入止まりとなりました。

ダートを2走しての芝レースへの出走。
適正の問題も考えなくてはいけませんが、仕上がり的には前走程度と考えていいでしょう。
キレはありそうな走りでしたので、芝の適正があれば面白いと言えば面白そうだが…。

トラストケンシン【B-C】

4月25日(水)美浦 坂路(不良)
【57.5-40.7-26.2-12.7】

2頭併せ馬なり併入。
併入と書きましたが、ハナ差程度で遅れたようにも見受けられます。

真っ直ぐに走れなかったのは減点。
前走は3頭併せで真っ直ぐに走れていましたので、今回の追い切りは地味に見えます。
デキは前走の方が良かったのでは。

マイネルサリューエ【前走濃霧により評価不可】

4月25日(水)美浦 南W(重)
【5F69.0-53.4-39.0-1F13.0】

2頭併せ外強め1馬身程先着。
仕上がり的には特に悪くはない範囲だと見ています。

ダート馬だと思いますので、仕上がりはいいとは思いますが、芝で走れるかどうか。
芝を走れると思うのであれば、悪くはない追い切りだったと思いますので、楽しみも広がります。

ミッキーポジション【B】

4月25日(水)美浦 南W(重)
【5F69.6-54.7-40.7-1F13.4】

2頭併せ馬なり併入。
脚色はミッキーポジションの方が良かったです。
強めに追われる僚馬に対し、涼しい顔をして先着しているのは好感が持てます。

前走は坂路でしたが、今回は南Wを選択しています。
こちらの方が勝負度合いはあるようにも感じますが、変わらない範囲でのものではないかと見ています。

こちらもダート馬。
デキは前走程度だと判断していますので、芝への適正次第でしょう。

モンテグロッソ【前走濃霧により評価不可】

4月25日(水)美浦 南W(重)
【4F54.5-39.5-1F12.6】

3頭併せ中馬なり併入。
仕上がり的には特に悪くはないと感じます。

前走の時計がないのでなんとも言えませんが、内容的には悪くないと見ています。
馬なりで2頭と併入していますし、脚色はモンテグロッソの方が良かったです。

デキ落ちということはないとは思います。

ユウセイフラッシュ【前走濃霧により評価不可】

4月25日(水)美浦 南W(重)
【5F71.0-55.2-40.7-1F13.4】

単走強め。
馬なりの範疇と言えば馬なりの範疇です。
こちらも前走の時計がありませんので、評価ができない1頭です。

走りのフォームを見ていると、首の位置がやや高く、もう少し首が上手に使えていると良かったかなと感じます。
デキは今一つと見ることもできますが、概ね整っているのでは。

青葉賞の追い切り評価のまとめとオススメ馬

以上、映像配信のあった馬の追い切りをチェックしました。

今回の追い切りで上昇気配を示した馬はいませんでした。
日本ダービーへの最後の挑戦権とも言えるレースですので、勝負度合いが高い馬がいると思っていたのですが、内容的には前走止まりという馬が多かったです。

ただ、上昇馬はいないまでも、最終リハ評価【B】の馬の中でサトノソルタス・ゴーフォザサミットの2頭は、雰囲気は良かったです。

この2頭を素直にオススメして、青葉賞の追い切り評価を終わりたいと思います。

  • サトノソルタス
  • ゴーフォザサミット

ふじおの軸馬・穴馬スタジアム〜有馬記念編〜

どうも不死身のリーマン競馬魂ふじおです。
寒くなってきましたね。だけど、もうスグ年末の総決算有馬記念!

鬼嫁のお怒りモードも総決算に。。恐ろしい。。
クリスマスプレゼントにお年玉に...お金がトンデイク...。

さて有馬記念重要視するのはこちら。

●JCの走破タイムに注目!!
●中山の実績ある馬に警戒!!

ふじお軸馬◎:キセキ ファン投票第6位
この秋急成長ですね!特にJCの走りは圧巻でした。

理由:JCでアーモンドAの圧巻レコードから+0.3で走破!!
右回りの実績もありますし、川田騎手の捌きにも期待!

ふじお軸馬◯:サトノダイヤモンド ファン投票第5位
理由:引退レースで陣営もメイチの仕上げか!?
JCも従来のレコードよりも速いタイムで走破!
あとはサトノD嫁が好きなんです笑 嫁には逆らえない。。

【ふじお注目穴馬!】
ふじお穴馬◎:パフォーマプロミス
今年の日経新春杯制覇、さらに前走アルゼンチン共和国杯制覇でリズム◎。
C.デムーロ騎手騎乗予定なのも楽しみですね!

ふじお穴馬◯:シュヴァルグラン
こちらは大穴ではありませんが配当妙味を狙って。
JCの走破タイムも◎、そして待ってました主戦ボウマン騎手!!

───────────────────────────────────

有馬記念穴馬の入線も多く荒れ模様も考えられます!

そこで軸馬がはっきりしているサイトがあったら良いと思いませんか!?

私は自分で挙げた軸馬・穴馬を照らし合せて、確かめています。

ここ信頼できるんですよ〜笑

競馬学会】の大きな特徴は、買い目小点数かつ的確で狙い目がわかりやすいこと!

例として先日のラピスラズリSをご覧ください。

フォーメーションで1着1頭軸固定のわずか12点で的中させています!

推奨通り買えば500円なので回収率は圧巻の1318%!!

一着は4番人気ダイメイフジ。
私も穴馬で注目していました!!

たとえ人気でもラピスラズリSは、3着の6番人気リョーノテソーロを
堂々とヒモに絡めて万馬券を獲得しています。穴馬でも入線予想するのは流石すぎます!

こんな感じで基本少点数で一頭軸で的中させてくるんです!

上記の軸馬・穴馬と競馬学会がマッチすれば的中可能性UPかも!?

\ 簡単1分で登録完了! /

無料登録はココから!

競馬学会を信じるのだ!

スポンサーリンク

お役に立ちましたらシェアをお願いします

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク