青葉賞 2017 最終追い切り評価|ベストアプローチらが良い動きを披露も…

クリック応援をよろしくお願いします!
 最強人気ブログランキング にほんブログ村 競馬ブログ 追い切り重視へ

春競馬を出遅れている方は必見!

衝撃な的中で毎週のように僕を楽しませてくれている『必中IMPACT』さん。
JRAのみならず、地方競馬(南関競馬)の予想も行っているので、同じく南関競馬の馬券を買うという方にオススメなんです。

『無料予想』を登録者全員に提供。

無料予想情報にプラスして、軸馬情報・要注意馬情報がまでも全員が無料で見ることができます。

お金を掛けずに情報を得ることができるコンテンツが多いのが、必中IMPACTの最大の特徴です。

今すぐ的中をくれ!という方にオススメですよ!

直近の的中結果の一部を記載しておきます。

2019年05月07日
船橋9R エメラルド特別
13,470円

2019年05月06日
船橋12R ザ・ナゲッツ 船橋ケイバスペシャル賞
43,600円

2019年05月05日
東京10R ブリリアントS
21,860円

2019年05月05日
新潟9R 4歳以上500万下
87,900円

2019年05月05日
京都5R 3歳未勝利
79,330円

2019年05月04日
京都12R 4歳以上1000万下
136,450円

2019年05月04日
東京7R 3歳500万下
122,470円

2019年05月04日
東京4R 3歳未勝利
62,670円

いずれも投資推奨金額での払い戻し金額です。

今週はどんな情報が飛び出すのかめちゃくちゃ楽しみです。
今週ももちろん期待しています。

【無料情報】
土日各4鞍の予想情報を見ることができます。
地方競馬も月曜~水曜日に開催されるものの中から最低2鞍提供。地方をやる方にこそ使って欲しい情報です。
『軸馬TARGET』では3連系の軸に出来る馬を公開しています。こちらは土日1鞍ずつ。

そして、無料で観れるのはまだまだ!
『リスクホース』は危険な人気馬を紹介しているものですが、名前が上がると買うのを躊躇うほど。

無料で観れる情報のボリュームがすごいのが最大の特徴なのが必中IMPACT

G1シーズン真っただ中の今試すのが賢明の判断。このままズルズルと負けるのはもう止めにしましょう。

無料の会員登録はこちら

こんにちは!
爆穴ブログのリッキーです。

この記事では、29日に実施される青葉賞の最終追い切り評価を行っています。
映像を観た上で感じたことなどをまとめています。
最後にお薦めの馬も記載していますので、最後までご覧いただければ幸いです。

日本ダービーへの最終切符を手に入れるためには、好仕上がりを施す必要があります。
そのため、好仕上がりを施すためにしっかりと成長を感じれるだけの追い切りを消化している馬を選ぶべきレースです。

その辺りに着目して見ていきました。

追い切り考察

評価は【S/A/A-B/B/B-C/C/D】の7段階評価です。
評価について、詳しくはこちらをご覧ください。

アドマイヤウイナー【B】

4月26日(水)栗東 CW(良)
【6F82.4-65.6-51.2-37.9-1F12.4】

3頭併せ外馬なり1頭半馬身遅れ、1頭1馬身半先着。
4コーナーでは前に出るも、外々を回った影響で、内の馬が先に抜け出してきました。
それを観ながら直線では駆け抜けていますので、半馬身遅れでも上々と言えるのではないでしょうか。
脚色はアドマイヤウイナーが良かったです。

仕上がりが甘いということは、中間の時計を見ても感じません。

しかし、上昇したという雰囲気は感じられず、いつも通りの追い切りで、ここを獲りに来たという印象はあまり強くは受けませんでした。

アドミラブル【B】

4月26日(水)栗東 坂路(良)
【53.2-39.4-26.2-13.0】

2頭併せ強め半馬身先着。
若干、頭の位置が高いように感じましたが、その他は特に何かが悪いということはないです。

時計が地味ではあるものの、前走が4月1日のレースですから、しっかりと負荷を掛けたというよりも、デキを如何にしてキープするかという点に着目しているのではないでしょうか。
メイチ感は漂いませんが、それでも前走の仕上がりをキープしたままでレースに挑めそうです。

イブキ【B】

4月26日(水)美浦 南W(良)
【5F66.5-51.8-37.8-1F12.6】

2頭併せ内末強め併入。
前々走の京成杯では【A】評価と好仕上がりだと思ったんですが結果は伴わず。

今回はしっかりと負荷を掛けられていますが、状態は前走と比べても特に変わらないと思います。
時計判断ですが、馬場差を考慮してもこのくらいは走れていますので、特段今回が良いということは言い切れません。

状態は平行線で、あとは地力でどうかというところでしょう。

サーレンブラント【B】

4月26日(水)美浦 南W(良)
【6F82.2-66.1-51.2-37.1-1F12.9】

2頭併せ内強め併入。
コース5分程を通っているので、時計は参考程度です。

実質的には半馬身程遅れたような内容となりました。
最後に僚馬が緩めたので追い付けたようなもので、緩められなければ半馬身差ついたままだったように思います。
もしくは、見方を変えると反応するまで長かったとも言えます。

ただ、最後の1ハロンの時計が12.9秒は、美浦を意識すると出ていると言えるでしょう。
そのため、一概に悪いというこはないと思います。

前走や前々走の内容からは、ここをメイチで作らなければ難しいかなと思いますが、見解的には難しいで終わるのかなと思います。

ダノンキングダム【A-B】

4月26日(水)栗東 坂路(良)
【54.6-40.1-26.1-12.8】

単走馬なり。
単走扱いですが、渋滞している時間帯のため終始併せ調教をしているような形になりました。

残り1ハロン手前のところで、進路を大きく変更しています。
これは斜行したのかどうかまでは判りません。
斜行したのであればマイナスポイントです。
若干、口向きの悪さを感じる部分もあり、雰囲気は決して良いと言うことはないです。

ただ、加速ラップを刻む時計を消化
ソエ明けの1戦になりますので、どうかなと思いましたが、3月末頃から時計は出しているのでしっかりと仕上げられてきていると思います。

大きく進路を変更した部分がとても気になりますが、状態面では問題ないと思います。
じっくりと仕上げられてきていますので問題ないでしょう。

トリコロールブルー【B】

4月26日(水)栗東 CW(良)
【6F85.5-69.3-53.6-39.7-1F12.3】

単走馬なり。
時計はボチボチと言ったところですね。
可もなく不可もなくと言った印象を受けます。

考察が短いですが、特に悪いということはありません。

ベストアプローチ【B】

4月26日(水)栗東 CW(良)
【6F84.4-68.2-52.8-38.3-1F12.2】

2頭併せ内馬なり併入。
時計は優秀だと思います。
ただ、僚馬が外一杯のところを走りましたが、こちらは7分程を回っていますのである程度は参考程度に見ておきたいポイントです。

集中して走れているので問題はない仕上がりではないでしょうか。
特に悪いポイントは見つかりません。

ただ、前走は今回よりも外を回って、ラストは11.8秒でした。
より伸びているのは前走出走時で、それを考えると上昇している雰囲気は感じません。

ポポカテペトル【C】

4月26日(水)栗東 坂路(良)
【55.1-40.3-26.6-13.6】

2頭併せ馬なり4馬身程先着。
僚馬がとてもだらしのない追い切りをしてしまったので、単走のような形になってしまいました。

時計は地味ですね。
馬なりではありますが、もう少し走ってくれないと評価することができません。

調整方法にも疑問が残ります。
4月5日(水)に時計を出した追い切りを坂路で消化しているんですが、てっきりその週のレースに使われたのかと思っていました。
しかし、前走は3月11日のゆきやなぎ賞でした。
それから坂路に2回入っていますが、坂路では減速ラップを刻む内容で、不安しか感じない追い切りとなってしまいました。

マイネルスフェーン【B】

4月26日(水)美浦 坂路(良)
【54.2-39.6-26.1-13.1】

3頭併せ馬なり半馬身先着。
しっかりとした脚の搔き込みで、自分から進んでいこうとする追い切りを消化しています。
単に引っ張ったら掛かりそうな気配もないことはないですが、それでも十分な走りをしていました。

前走時は【C】評価とデキ落ちと判断するも3着に走られてしまい読み間違えました。
あまり時計は気にしなくていい1頭だと思います。

ただ、時計を見ても上昇とは言い切れない追い切りで、一息入っていますので、その影響を色濃く表しているのかなと思います。
戻るのが遅くなっていますが、外厩でしっかりと乗り込まれているのかなと思いますので、あまり影響がないと言えば無さそう。
外厩になると映像がないのでさっぱりわかりません。

雰囲気としては、ここを使われてからさらに良くなりそうな気配を感じます。

青葉賞の追い切りまとめ

以上、9頭の追い切りをチェックしていきました。

感想としては、ここからダービーを獲る馬は出てこないのかなと思いました。
9頭中9頭共に地味な動きばかりで、目を引く馬がいませんでした。

ダービーを制覇するような馬となると、追い切りから迫力があり、一目で凄い馬というのは伝わってきます。
脚捌きやフォームなどを見て、これはという馬がいるものですが、今回の9頭は地味の一言。

そのため、青葉賞自体も難しいレースになりそうです。

もう少し作り込んでくる馬もいると思ったんですが、マイナス面が出てきてしまっていたりしていて、なかなか一概にこの馬がお薦めとは言い切れない部分を感じます。

ただ、この9頭を見る限りでは、ベストアプローチ・ダノンキングダム・イブキ・アドミラブルの4頭が注目馬として推薦できる範囲の追い切りを行っていました。

ダノンキングダムは、一応は上昇気配としていますが、雰囲気は悪かったのは悪かったので、下手に人気するのであれば切って勝負するのもいいかもしれません。
あとは枠順などが出ましたら、金曜日の夜に予想を公開したいと思います。
以上、青葉賞の最終追い切り評価をお伝えしました。
[blogcard url=”https://bakuana.xyz/aobasyou-2017-yosou/”][/blogcard]

LINE@はじめました

爆穴ブログのLINE@を開設しました。

正直、勢いで始めたので何をするのかはまだ決めていません。他の競馬ブロガーさんに比べるとコンテンツは乏しいのが現状です...。

それでもいいよという方、登録をお待ちしております!

下の画像をタップするか、QRコードを読み込んでご登録お待ちしております!

爆穴ブログLINE@登録画像
スポンサーリンク

お役に立ちましたらシェアをお願いします

フォローする

スポンサーリンク