アンタレスステークス 2019 出走予定|想定騎手と推定オッズ|グリムらが登場

どうも、リッキーです。
ご覧いただきありがとうございます。

春のG1であるフェブラリーSが終わり、残すは地方交流G1のみ。
上半期の大舞台である帝王賞へ向けても大事な1戦となりそうです。

船橋のかしわ記念は豪華メンバーが揃いますが、こちらは手薄なメンバー。
仕方がないのかもしれませんが、手薄ならではの難しさを感じるレースです。

週半ばの追い切り考察をしっかりと行い、的中目指していきたいと思います。

アンタレスSの出走予定馬

馬名斤量想定
アナザートゥルース56大野
ウェスタールンド56北村友
オルナ56酒井学
グリム57浜中
クロスケ56○○
コパノチャーリー56○○
テーオーエナジー58藤岡康
ドライヴナイト56小坂
トラキチシャチョウ56○○
ナムラアラシ56
ピオネロ56萩野極
ヒラボクラターシュ57四位
マイネルオフィール56○○
メイショウスミトモ57小牧
リーゼントロック56坂井瑠
ロンドンタウン56吉田隼

除外対象

馬名斤量想定
カゼノコ58小崎
コスモカナディアン56○○
ミッシングリンク54松若
ハーベストムーン56○○
ザイディックメア56和田
ヒロブレイブ56鮫島良

推定オッズ

馬名推オッズ
グリム2.2
ウェスタールンド4.7
テーオーエナジー6.8
ヒラボクラターシュ8.6
ロンドンタウン13.9
アナザートゥルース17.6
ナムラアラシ26.0
リーゼントロック31.6
コパノチャーリー35.3
ピオネロ41.3
クロスケ61.5
メイショウスミトモ108.0
ドライヴナイト129.5
オルナ154.7
トラキチシャチョウ213.5
マイネルオフィール300.8

有力馬考察

グリム
≪牡4/芦 野中賢二厩舎≫

【前走】名古屋大賞典 1着
【父】ゼンノロブロイ
【母父】サクラバクシンオー

レパードSを勝ち世代のトップクラスの成績を残しています。
4歳馬世代の重賞を勝っているというだけで買いたくなる存在です。

レパードを勝った後は地方をドサ回りしており、白山大賞典は勝ちきったものの、浦和記念・名古屋GPと続けて勝ち星を溢しています。
結局交流G3しか勝てておらず、G2以上となると未知数というところがあります。

今回はG3ですので格付けで言えば楽しみ。
距離は問題ないですので、あとは久々の中央のレースの流れを苦にせず走れるのか。
意外と地方が続いた場合は楽な追走をすることが多く、中央の重賞に戻った時に追走するのに戸惑うことがあると聞きます。

ウェスタールンド
≪せん7/栗 佐々木晶三厩舎≫

【前走】チャンピオンズC 2着
【父】ネオユニヴァース
【母父】Marquetry

チャンピオンズC2着の実績を引っ提げて春のダート路線を歩みます。
昨年の夏に芝からダートへ転向して以降は≪2.2.0.1≫で、大きく敗れたのは武蔵野Sの1戦だけ。

ただし、G1で2着の実績があるものの、そもそも重賞は未勝利。
勝ちきれないもどかしさみたいなものはありますし、決め手勝負になると、強烈な末脚を持っているものの他の馬に比べて分が悪いようにも感じます。

2週前追い切りで3歳馬に遅れたというのが気になる部分ですが、1週前は時計は上々。
しっかりと仕上げてきている印象は受けますし、重賞勝利が欲しいところですので、仕上がりは良好だと思います。

テーオーエナジー
≪牡4/栗 宮徹厩舎≫

【前走】マーチS 10着
【父】カネヒキリ
【母父】Crafty Prospector

前走はマーチSで1人気に選ばれたものの、結果は10着で大きく裏切る形になりました。
OP2勝の実績がありますので、このクラスでもやれるはず。
巻き返しに期待したい1戦です。

今回は58kgを背負う舞台だけに、楽なレースではないのは明らか。
これまで背負ったことがない斤量だけに、2走続けての凡走というのは頭に入れておいていいかもしれません。

まとめと現時点での注目馬

現時点での注目馬を最後に載せて終わりたいと思います。

上記3頭以外にもヒラボクラターシュやロンドンタウンなどがいます。

ただ、伏兵馬の中でリーゼントロックには注目。

佐賀記念2着からマーチS3着と勢いがある。
今年に入り復調気配で、今回のメンバーならば十分に一発が合っても不思議ではない。

前走はあまり展開的には向かない中で、3番手追走して最後にも残っています。
今回も同じような展開になりやすいと思っていますので、また注目しておくべきだと思います。