【アンタレスステークス2016予想】馬連とワイドの2点で勝負

おはようございます、リッキーです^^ ご覧いただきありがとうございます。

この記事では、アンタレスステークスの最終予想について書いています。

アンタレスステークスの最終追い切りについてはコチラに記載していますのでご覧ください。

予想

阪神ダ1800Mはスタート直後に坂を上る為、スローの流れになり易いので先行有利。

特に穴になり易い馬としては内枠の逃げと先行馬。

このポイントだけは押さえておかないといけないものの、どの枠からも先行馬は好走し易く狙いは先行馬

その点は押えてから予想していきたい。

1頭目にはクリソライト

1頭目は追い切りで好調の【A-B】評価のクリソライト。

恐らく先手を奪ってからどこまで粘れるかのレースをしてきそうも、ペースはそこまで上がりそうにない今回は狙い目として十分。

追い切りでも1頭のみ好調さを伺わせているかのような内容で、ここをなんとしてもという追い切りにも見えた。

ここはクリソライトで堅いのではないか、とも見ています。

2頭目にはアスカノロマン

2頭目にはアスカノロマンを選びたいと思います。

大外から選ぶのは気が引けるものの、この馬も先行馬。フェブラリーSでは後方からになったものの、芝スタートで打ちスタートだったのが要因と言えそう。

今回は流れに乗ってくるはずで、それならばこちらも粘りに期待したい。

最後に

今回はクリソライトとアスカノロマンの2頭の馬連とワイドでいきたいと思います。

想定馬連オッズは23倍前後、ワイドは6.5倍前後を予定しています。