アンタレスステークス 2019 最終追い切り|グリム6F82秒と好時計

クリック応援をよろしくお願いします!
 最強人気ブログランキング にほんブログ村 競馬ブログ 追い切り重視へ

どうも、リッキーです。
ご覧いただきありがとうございます。

アンタレスSの最終追い切り評価を行っています。
前走時の映像やタイムと比較して考察を入れています。

春の地方交流G1を目標にしているメンバーや、秋以降の大きな舞台を目指したい陣営などが出走を決めてきました。

注目のグリムは6ハロン82.0秒と時計を刻んできました。
その他の馬についてもしっかりとチェックしていきます。

アンタレスSの最終追い切り考察

評価は【S/A/A-B/B/B-C/C/D】の7段階評価です。
評価について、詳しくはこちらをご覧ください。

アナザートゥルース【B】

4月10日(水)美浦 南W(稍重)
【4F51.0-37.3-1F12.4】

単走強め。
淡々と走れているのは前向きに評価していいと思います。

時計も上々の内容で、特に悪くはないと思います。
走りからも悪くはないと感じるものでした。

時計判断ですが、デキ自体は変わりないと思います。

ウェスタールンド【B-C】

4月10日(水)栗東 坂路(重)
【55.9-40.1-26.4-13.0】

2頭併せ強め1馬身先着。
しっかりと加速ラップを刻めているので、状態が悪いとは思いません。

勝負度合いはやはり前走の方が上。
今回は重馬場で時計が伸びなかったということがありますが、時計の刻み方を見ても前走の方が良かったです。

8割くらいの完成度だと判断して考えています。

グリム【B】

4月10日(水)栗東 CW(重)
【6F82.0-66.7-52.3-38.3-1F12.5】

3頭併せ内馬なり2馬身先着。

僚馬も馬なりではありましたが、しっかりと先着できたのは良かったと思います。

状態的には悪くはない範囲。
今回が勝負度合いが高いとは感じませんが、淡々と走れていますので内容的には問題ないと思います。

概ね良好程度で見ておきたいと思います。

クロスケ【B】

4月10日(水)栗東 CW(重)
【4F52.6-39.1-1F12.5】

単走強め。

もう少し首が上手に使えるといいと思います。
軽やかに走れているので雰囲気は悪くはないですが、デキに関しては悪くはない程度まで。

メリハリがある走りを見せてほしかったのですが、どこか間の抜けたような走り。
良い意味で言えばリラックスして走れていると言えますが、悪く言えば雰囲気が良いとは言えない範囲でした。

コスモカナディアン【B】

4月10日(水)美浦 南W(稍重)
【6F85.7-69.7-53.9-39.0-1F13.2】

単走強め。
スピード感はあるものの、首の位置が高く思ったよりも時計が出ていない印象は受けてしまいます。

こういう時は全体的に力が入ってしまっていて、動きが硬いことが考えられます。
時計は稍重を考えればこの程度でもと思います。
悪くはない範囲で見ておきたいと思います。

コパノチャーリー【B-C】

4月10日(水)栗東 坂路(重)
【54.3-38.5-25.1-12.8】

単走強め。

前走がコーラルSで、中1週でのレースとなりますので、内容的にはこの程度でも仕上がっているでしょう。

ただし、全体的に硬さが目立つ内容。
近走の追い切り映像がないので比較が難しいのですが、全体的に動きが小さいのも気になりました。

内容的にはデキが落ちているのではないでしょうか。
前走以上というのはないのではないかとみています。

テーオーエナジー【B】

4月10日(水)栗東 坂路(水)
【53.0-38.4-24.8-12.6】

単走強め。
実質的には2頭併せのような形になりました。

特に悪いところは見当たらず。
動きの気配も前向きに評価したい。

ただし、ラップなどを見ると前走の方が仕上がりは良さそう。
前走から中2週ですので、悪くはないと思いますが、概ね状態は良さそう程度までで見ておきたいと思います。

迫力はあったので、悪くはないと思うんですが、前走の追い切りを見ると前走の方がいいのかなぁとも感じてしまいます。

ナムラアラシ【C】

4月10日(水)栗東 CW(重)
【5F69.1-54.0-39.7-1F13.2】

2頭併せ内一杯クビ差遅れ。
僚馬は終始馬なりで、ゴール後にナムラアラシの鞍上に何かを伝えているのか、そっちの方を向いています。

1週前も遅れているので、デキ自体は悪いのかもしれません。
時計は変わりない範囲ではありますが、見た目があまりに地味ですので、デキ落ちとしておきます。

ピオネロ【B】

4月10日(水)栗東 坂路(重)
【54.6-39.3-25.8-13.2】

単走強め。

加速ラップを刻めないのはいつものこと。
ただ、いつも以上に時計は出ていません。
勿論、重馬場だったのでこの時計でもと思う部分はありますが、追い切り評価的には難しい判断。

悪くはない程度ではあるものの、前走程度には走れる見込みです。
積極的に買いたい馬ではないです。

ヒラボクラターシュ【B】

4月10日(水)栗東 坂路(重)
【55.3-39.9-25.6-12.5】

単走強め。

時計的には地味。
直線向いたところでふらつくなど、見た目もやや地味。

ただ、最後は一気に加速していて、反応はしっかりとしています。

前走は軽めの調整のため比較ができませんが、仕上がり的には悪くはないと思います。
上昇気配とまでは感じませんので、デキは平行線でしょう。

マイネルオフィール【B】

4月10日(水)栗東 坂路(重)
【58.5-42.0-26.5-12.7】

単走強め。

進行方向に対して、左へと流れています。
全体時計を見て分かる通り、軽めの負荷からスタートして、ゴール前に掛けて追われています。

追われてからの反応は良く、動きもスムーズで、真っ直ぐに走れなかったことだけが気になるポイントです。

時計は前走の方が良かったですが、雰囲気は今回の方が良さそう。
プラスマイナスゼロ程度に見ておきたいと思います。

リーゼントロック【B-C】

4月10日(水)栗東 坂路(重)
【55.3-40.7-26.8-13.5】

単走強め。

しっかりと負荷が掛かっている状況での追い切りでした。
ただし、道中どのラップも12秒台を刻むことができず、ラップだけを見ると少々微妙な状況です。

1週前に猛時計を刻む内容を消化しいてるので、その点ではデキは変わりないと判断してもいいのですが、このパターンが決まるかどうかは分かりません。

個人的にはデキは落ちているのではないかと思います。
厳しく判断すると、前走程度には走れるかもしれないが、前走の方が仕上がりは良かったと判断します。

ロンドンタウン【B】

4月10日(水)栗東 CW(重)
【6F80.8-65.5-51.8-39.4-1F13.3】

単走馬なり。
少し促されていましたが、全体的には馬なりと判断しています。

特に悪くはないと思います。

前走は坂路で50秒を切る猛時計をマークしていますが、今回はCWで全体時計は猛時計でした。
ただ、末は13.3秒と一息。
その点では、できれば考察しやすい坂路で追い切ってほしかったのですがww、状態的には変わりなく来ている程度まで。
上昇気配は感じませんでした。

木曜追い切り馬

トラキチシャチョウ【B-C】

4月11日(木)栗東 坂路(不良)
【55.5-40.4-26.5-13.3】

単走一杯。

不良馬場である点を加味しても、一杯に追われてこの時計はさすがに地味。
あまり時計は出ないタイプの馬ですので、その点ではこの時計でもと思ってしまいますが、もう少し時計を刻んでほしかったです。

前走の負けっぷりから考えると、上昇気配が欲しかったです。

メイショウスミトモ【C】

4月11日(木)栗東 坂路(不良)
【54.4-39.8-26.2-13.4】

単走強め。

不良馬場ということもあってか、追われてから反応しているのかは微妙な範囲。
いつも加速ラップを刻む馬ですが、最後は0.6秒遅れと不満の残る内容。

前走の方が仕上がりは良かったと判断します。

まとめとオススメ馬

今回の追い切りで上昇気配を示した馬は不在。
その点では、地味なレースとなりそうです。

地力の高い馬がそのまま活躍しそうだなという感じなので、馬券的にもつまらないレースになるかもしれません。

  • グリム
  • アナザートゥルース
  • ロンドンタウン
  • テーオーエナジー

今回は上記の4頭をオススメしておきます。
アナザートゥルースは伏兵扱いだと思いますので、その点では楽しみです。