愛知杯 2019 最終追い切り評価|ランドネは51.7秒で調子良さそう

クリック応援をよろしくお願いします!
 最強人気ブログランキング にほんブログ村 競馬ブログ 追い切り重視へ

どうも、リッキーです。

愛知杯の追い切り考察をまとめています。

先週から仕事が忙しくて、今週はそのピーク。
ですから、いきなり前書きをふっ飛ばして考察を行っていきます。

愛知杯の追い切り考察

評価は【S/A/A-B/B/B-C/C/D】の7段階評価です。
評価について、詳しくはこちらをご覧ください。

ウラヌスチャーム【B】

1月23日(水)美浦 南W(良)
【6F86.0-70.4-55.6-40.9-1F13.3】

2頭併せ内末強め半馬身程先着。

ゴール手前で僚馬に半馬身程先行したところで、いきなりフワフワした走りを見せています。
気を抜いた走りをした、ソラを使ったということだと判断しています。

全体的に首の位置も高いので、集中力がそもそもない可能性が高いです。

見た目は地味でした。
あまり状態はよろしくないのでは。

キンショーユキヒメ【B】

1月23日(水)栗東 坂路(良)
【52.3-38.5-24.9-1F12.7】

単走強め。

真っ直ぐ集中して走れているので、悪くはないと思います。
久々の坂路での調教ですので、具体的にこの時計がどうだということは言えませんが、悪くはない時計だったと見ています。

内容的にはこの中間を含めて寂しい印象は受けます。
ここを使って良くなっていく可能性は高いと見ていますが、走り時が難しい馬ですので、ここが走り時なのかというのは追い切りからは見えてきません。

雰囲気が良かったというわけではないので、気配的にはここは難しいか。

コルコバード【C】

1月23日(水)美浦 南W(良)
【4F55.2-40.2-1F13.6】

2頭併せ内馬なりアタマ差程遅れ。
ゴール過ぎ直後に一度追われて、ゴール後はすぐに緩められるということはありませんでした。

遅れたのは地味でした。
僚馬の方は完全な馬なりで、手綱はぴったりと押さえられていた中での遅れですので地味。

前走時の時計から見ても明らかに今回は地味。
中間の内容も首を捻りたくなる内容ですので、デキ落ちとしておきます。

スカーレットカラー【A-B】

1月23日(水)栗東 CW(良)
【6F83.6-67.4-51.0-37.5-1F12.1】

単走末強め。

追われるとスッと伸びていく走りを披露してくれました。
全体時計は物足りなさを感じますが、末の時計は問題なくこの程度出ていれば調子が良いと判断していいでしょう。

4歳世代の中でも、活躍していたとは言い難い成績が続きますが、デキ自体は良いはず。
ハンデ51kgを活かすことができれば、十分に勝負できそうな気配は感じます。

時計だけだと変わりないと言えば変わりない範囲なのですが、映像からの雰囲気は良かったので、デキが上がっていると判断します。

ティーエスクライ【B】

1月23日(水)栗東 坂路(良)
【55.6-39.6-25.5-12.3】

単走強め。
途中ふらふらとしてしまう場面もありましたが、最後まで力強く走れていたと思います。

概ねいつも通りの追い切りの範囲。
今回の状態が上がったとは言い切れないので、概ね良好程度に見ていいでしょう。

可もなく不可もなくです。

ヤマニンエルフィン【B】

1月23日(水)栗東 坂路(良)
【56.0-40.0-25.0-12.3】

単走末強め。

しっかりと走れているので、状態が悪いということはないです。
もう少し首を上手に使えた方がいいような気もしますが、明け8歳となりましたので上積みを見込むのは酷かもしれません。

状態自体は悪い訳ではないので、斤量が面白いと思うのであれば楽しみです。

ランドネ【B】

1月23日(水)栗東 坂路(良)
【51.7-37.6-25.2-12.8】

単走一杯。
しっかりと負荷を掛けられて走れているので、体調面に不安はないでしょう。

時計もちゃんとついてきていますので、状態面も悪くはない。

停滞ラップから減速ラップというのはいつものパターンです。
その為、減速ラップだから危険視というのは、この馬には通用しないと見ていいでしょう。

全体51秒台を刻めているので、調子は引き続き良さそうだというところでいいですね。

レイズアベール【B】

1月23日(水)栗東 CW(良)
【6F83.0-67.6-53.2-39.2-1F12.0】

2頭併せ内末強め併入。
脚色は強めに追われた僚馬の方が良かったですが、一瞬の反応はレイズアベールにも見どころがありました。

その一瞬の反応をどうみるか。

難しい判断となりそうですが、最後は並ばれてしまいました。

悪くはないとは見ることはできますが、良かったとも言い切れず。

時計は今回のメンバーの中でも良かったのですが、横の比較をしても意味がないと思っているのであまり気にせずに評価を加えると、デキはキープ程度まででは。
最後に半馬身でも突き放していたら良かったのですが、1馬身程前に出てから併入に持ち込まれているのは、あまり見た目が良かったとは言い切れず。

レイホーロマンス【B】

1月23日(水)栗東 坂路(良)
【55.2-39.7-25.6-12.7】

単走強め。

進行方向に対し左へと少し流れているようにも感じます。
馬場は比較的綺麗な時間帯ですので、もう少し時計を刻んで欲しかった部分もあります。

特に悪くはないと思いますが、いつも程度の範囲です。
悪くないと思いますので、前走のデキキープ程度にしています。

レッドジェノヴァ【B】

1月23日(水)美浦 坂路(良)
【53.4-39.4-26.1-12.6】

3頭併せ末強め1頭半馬身先着、1頭1馬身先着。

馬場が綺麗な時間帯での追い切りでしたので、この程度の時計でも良かったとは言い切れず。

前走時はCWを選択していますので、今回の坂路追いがどちらに転ぶのか。

途中のラップの刻み方がスムーズではないので、その点は微妙に感じます。
加速の仕方は悪くはないので、その点だけは良かったと見ています。

ワンブレスアウェイ【C】

1月23日(水)美浦 南W(良)
【5F66.8-51.6-38.4-1F13.5】

3頭併せ内強めクビ差程遅れ。
クビ差遅れから併入の範囲でした。

前走時は【A-B】評価としておきましたが、結果は残念なものでした。
その時と比較しても今回はデキが悪いと思いますので、休み明けの影響か冬の寒さの影響かは受けていると思います。

前走の方が良かったという評価で。

愛知杯の追い切りまとめとオススメ馬

※未完成でしたが、土曜日の23時に完成稿を上げました。

ノームコアの追い切りが入りましたのですが、映像は角馬場だけでした…。
天栄からの直行ですので、仕上がりが悪いということはない…と信じたいのですが、さすがにこれでは読み切れないです。

ということで、ノームコア抜きで考えてみます。

上昇気配だと思ったのは、【A-B】評価のスカーレットカラーだけでした。

近走成績から考えると、もう少し良化して欲しかったという気がしないでもないですが、前走に比べると今回の方が良かったです。

あとは、ランドネは良さそうでした。

正直、今回の追い切り考察は難しかったです。

今回は追い切りの雰囲気が良かった2頭をそのまま追い切りのオススメ馬としたいと思います。

  • ランドネ
  • スカーレットカラー

ノームコアは最終リハの様子がさっぱり分かりませんが、天栄からの直行組なので仕上がりは上出来ではないかと思います。
悪くはないと思うのですが、追い切り考察的には触れることもできず。

地力のレベルが違うので、選んでおいても良さそうです。