フォローお待ちしております♪

Followしていただけるならこちらから

マイラーズカップ 2017 出走予定|想定騎手と推定オッズに有力馬考察

2017/4/18/

こんにちは!
爆穴ブログのリッキーです。

この記事ではマイラーズカップの想定騎手入りの出走予定馬と推定オッズについて書いています。
有力馬考察や現時点で注目している馬を紹介していますので、最後までご覧いただければ幸いです。

安田記念を目標にしているメンバーが出走。
注目はイスラボニータ・エアスピネル。
その他にも、東京新聞杯を制したブラックスピネルや1年ぶりの出走となるクルーガーなどが注目馬でしょう。

リッキー
1着には優先出走権が貰えます
こてつ
賞金が微妙な4歳馬は、勝って優先出走が欲しいだろうな
ちゃちゃ
特にプロディガルサンは勝っておきたいでしょうね

勝負度合いが高いメンバーは、追い切りでもしっかりと良い動きを見せます。
しっかりとチェックして予想に繋げていきたいと思います。
まずは、出走馬をチェックしていきます。

出走予定馬

馬名斤量想定推オッズ
アクションスター56佐藤友148.2
イスラボニータ57Cルメール4.2
エアスピネル56武豊2.5
クルーガー57松山23.5
サンライズメジャー5674.5
シェルビー56356.8
ダッシングブレイズ56浜中19.4
トーアライジン56258.6
フィエロ56福永13.5
ブラヴィッシモ56205.6
ブラックスピネル56Mデムーロ6.8
プロディガルサン56川田7.6
ヤングマンパワー56松岡11.6

有力馬考察

エアスピネル
≪牡4/栗 笹田和秀厩舎≫

【前走】東京新聞杯 3着
【父】キングカメハメハ
【母父】サンデーサイレンス

前走の東京新聞杯は3着。
この3着をどう振り返るべきかというのはとても難しい回顧になります。
逃げたブラックスピネルが勝っていることを考えると、前進は可能だったと考えるべきではないかと見ることもできるからです。
半馬身差で逃していますが、一方では、単なる騎乗ミス、ブラックスピネルが失速してくると読んでいた可能性は否定できませんよね。

前走の追い切りは【B】評価としていましたが、時計は気になるものでした。
全体的に時計が出ていなかった中で本番に向かいましたので、今回は時計も気にしたいと思います。

ただし、安田記念を見据えた作りをしてくるはず。
その点では、また仕上がりが甘い可能性は否めません。

イスラボニータ
≪牡6/黒鹿 栗田博憲厩舎≫

【前走】阪神C 2着
【父】フジキセキ
【母父】Cozzene

前走の阪神Cに出走し、1400Mでも結果を残せることを証明しました。
昨年秋から、富士S・マイルCS・阪神Cと3戦続けて2着という結果。
3歳のセントライト記念から続く未勝利が気になります。

先行してどこまで粘れるかが鍵となるため、決め手に欠ける印象です。
ルメール騎手とは、ここまで4戦いずれも複勝圏。
安田記念を目標にしているのは明白ですが、どこまで仕上げてきているかでしょう。

ブラックスピネル
≪牡4/黒鹿 音無秀孝厩舎≫

【前走】東京新聞杯 1着
【父】タニノギムレット
【母父】アグネスデジタル

前走は逃げ切りを決めての東京新聞杯を優勝でした。
最終追い切りは上昇気配を見せた中での勝ち鞍でした。

今回も鍵は追い切りになるとみています。
栗東坂路で50秒を切る内容を見せての勝ち鞍でしたので、せめて51秒台前半の時計は出して欲しいと思います。
どこまで仕上げてくるのかがこちらも鍵になるでしょう。

現時点での注目馬

現時点での注目馬は、ヤングマンパワーです。
マイルCSでは調子を落とす内容の追い切りを行っていましたが、前走は巻き返しを狙える追い切りを行っていました。
復調とまでは言い切れないものでしたが、マイルCSの時の仕上がりではなかったです。

前走以上の追い切りを消化してきたら、前走よりもさらに前進は可能です。
最終追い切りの動きが大事な1頭ですので、しっかりと動きをチェックしていきたいです。

以上、マイラーズCの出走予定馬と有力馬考察でした。

長距離で予想材料が乏しい天皇賞春こそ、プロ予想家にまず聞いてみよう。

1.週末の無料買い目はいつも楽しみ

【最新的中実績】

竹下かおり監修レープロ、天皇賞春週無料予想は以下をクリック

【公式】レープロの詳しい情報はコチラから

2.元調教助手 田端正照氏重賞無料公開予定

【最新的中実績】

田端正照の重賞無料予想はメールアドレスのみで受取可能!

【公式】シンジゲートの詳しい情報はコチラから

レープロ・シンジゲートの2つは頼もしい情報を与えてくれますので、まずは登録されて得られる情報を増やしてみて下さい。

-出走予定馬
-