≪アイビスサマーダッシュ2019≫追い切り評価予想|ライオン美浦P69.1秒

アイビスサマーダッシュの追い切り考察を行いました。

今回は上昇気配を示した馬も少なく、好調馬をそのままオススメする方が得策ではないかという見立てをして、函館SSを制したカイザーメランジェを筆頭にオススメ馬を抜き出しています。

評価は、前走時の映像やタイムと比較して、今回の調子の良し悪しを探りました。

追い切りを馬券の参考にしようとしている方や、自分の見立てた追い切り考察を比較考察したいという方に向けてしっかりと作ったつもりですので、もしよろしければ最後までご覧いただけると幸いです。

アイビスSDの追い切り考察

評価は【S/A/A-B/B/B-C/C/D】の7段階評価です。
評価について、詳しくはこちらをご覧ください。

アルマエルナト【B】

7月24日(水)美浦 南芝(稍重)
【5F65.5-50.4-36.9-1F11.2】

単走強め。

時計は悪くはない範囲で、追われてからの反応も良かったのではないでしょうか。

概ね悪くはないと思いますが、回ってくる時に頭を上げてしまったのが気になりました。

追われてからの反応が良かっただけに、道中も集中していて欲しかったです。

アンフィトリテ【B】

7月24日(水)美浦 坂路(稍重)
【53.9-39.4-25.6-12.7】

2頭併せ強め併入。

馬場が荒れている時間帯での内容でしたので、この時計は上々です。

ここまで5戦3勝と素質の高さを見せていましたが、この2走はさっぱり。今回は間隔短く使うので、どこまで回復しているかでしょう。

その点では、今回の時計と内容は不安は感じさせないだけに良かったです。

天栄から戻って2戦目。上昇度が欲しいところです。

オールポッシブル【B】

7月24日(水)栗東 坂路(重)
【56.9-39.9-24.4-1F11.9】

単走馬なり。

カメラに映ったところで少々ブレるところがありました。

最後は馬なりですが、進行方向に対して緩やかに左へ流れているようにも見受けられました。それが集中力が悪いのか、それともこの馬の癖なのかという部分までは見えてきませんでした。

この馬も昨年の7月から勝ち星から遠ざかっていて、近走の不調がそのまま表れたような追い切りでした。

カイザーメランジェ【B】

7月24日(水)函館 W(良)
【5F67.8-52.9-39.0-1F12.7】

単走馬なり。

単走表記ですが、3頭併せのような形になりました。もしかすると、3頭併せなのかもしれません。

4コーナーから直線入ったところで2頭併せの馬の内へ進路を取ると、一気に加速して突き放しました。

それだけ状態が良いということなのだと思います。しかも、今回は馬なりでの内容ですので、デキがいいということなのでしょう。

函館から新潟に輸送するという大仕事がありますが、その点は当日の気配次第となります。

カッパツハッチ【B】

7月24日(水)美浦 南P(良)
【4F53.1-38.6-1F12.2】

単走馬なり。

少し元気がないように見受けられましたが、淡々と走れているのは良かったと思います。

最後はやや促されましたが、そこから伸びたのは良かったです。全体的には馬なりの範囲でしたので、馬なりと表記しています。

前走時は坂路で作られていたので、今回は南Pが1週前と今回で2回使っています。前走の成績が悪いわけではないので、坂路で様子を見てほしかったです。

デキ自体は変わりないと思いますので、キープまでとしておきます。

シベリアンスパーブ【B】

7月24日(水)美浦 坂路(稍重)
【52.9-38.1-24.5-12.1】

2頭併せ強め併入。

表記では2頭併せでしたが、3頭併せのようになっていたので、もしかすると3頭併せなのかもしれません。

10歳馬ですので、さすがにここでの成長を願うのは酷なのかもしれません。

順調に使われている点も含めてここでさらに良化するということもないでしょう。

ダイメイプリンセス【B】

7月24日(水)栗東 坂路(重)
【51.7-37.7-24.7-1F12.5】

2頭併せ馬なり4馬身先着。

斜め前にもう1頭いましたので、実質的には3頭併せのような形になりました。

先着したのは良かったですが、斜め前を走る馬を射程圏内に入れながらも最後は離された形にもなり、僚馬が不甲斐ないだけという可能性も。

走り自体は悪くなく、いつも通りの動き。良い動きを見せるのはいつものことで、昨年のこのレース以来勝ち星はありません。

昨年のアイビスSDの追い切りと比較すると、特に変わりはありません。舌を出して走っていたので、集中力はないと判断できますが、逆にリラックスしてよかったのかもしれません。

近走のデキとは特に変わりなく。いつも通りまでで、連覇は厳しいという印象です。

トウショウピスト【B】

7月24日(水)美浦 坂路(稍重)
【51.2-37.8-25.7-13.4】

単走強め。

反応が悪いのか、見せ鞭が最後に入っていました。それでも反応したようには感じませんでした。

勝利から遠ざかっているように、この約1年半は全く見せ場なく沈んでいます。今回の追い切りで復調気配というわけでもなく…。

ナインテイルズ【B】

7月24日(水)栗東 坂路(重)
【54.9-39.5-25.4-12.4】

単走強め。

真っ直ぐに走れていて、特に左右にブレたりもせず集中力の高い走りを披露していました。

ただ、最近の重賞で追い切り映像が見れるものと比較しましたが、特に変わりなく。

その時よりも時計の根拠が乏しいだけに、状態的には微妙な印象は受けてしまいます。

前走時と比較しても、デキは平行線がいいところでしょう。

ビップライブリー【B-C】

7月24日(水)栗東 CW(重)
【6F82.6-66.7-51.7-38.4-1F12.0】

単走強め。

やや頭の位置が高いのが気になりましたが、概ね仕上がっているものと思います。

前走時の追い切り考察でも頭の位置の高さについて触れているので、こういう走りをする馬だと判断する方がいいでしょう。

時計の根拠で言えば、前走時の方が良かったです。追い切りの雰囲気も、前走の方が良かったと判断できます。

前走時は最後苦しくて頭の位置が高くなったと見ることもできますが、今回は直線入ったところで既に頭の位置が高いので集中力に難がありそうな印象は受けました。

前走時の方が良かったと判断しておきます。

ブロワ【B】

7月24日(水)美浦 南P(良)
【5F69.6-54.5-40.1-1F12.8】

単走強め。

前走時は前々走から中1週ということもあり坂路で簡素にまとめていましたが、今回はポリトラックを選択。強めに追っていました。

また、結果が出ていないのでパターンを変更してくるのは悪いことではないと思います。

状態的には変わりなく来ているのではないかと思いました。フォーム自体は綺麗にまとめていて、悪い部分はありませんでした。

ただ、もう少し推進力のある走りというか、雰囲気があるといいかもしれません。淡々と走りすぎてる印象は受けます。

ミキノドラマー【B】

7月24日(水)美浦 北C(稍重)
【5F67.2-51.5-39.6-1F13.8】

単走馬なり。

中間は北Cコースを利用。美浦W改修工事の影響を受けた形になりました。

中間の本数も少ないので、正直なところデキの良し悪しまでは見えてきません。

今回の追い切りの動き自体は悪くはないです。ただ、これが良い時の動きなのかどうかまでは分からない部分の方が大きいです。

中間の本数だけを見ると、物足りないという印象を受けてしまいます。

ライオンボス【B】

7月24日(水)美浦 南P(良)
【5F69.1-53.2-38.4-1F11.8】

2頭併せ内馬なり。

少し窮屈な走りをしているのが気になるポイントでした。

コース6分から7分ほど走っていますので、時計はそれでも地味でした。

前走時は坂路を使っていましたが、今回はポリトラックを利用していました。

1週前の内容と最終リハとは時計的には似ている部分があります。恐らく、1週前も同じような走りだったと思いましたが、もう少し負荷を掛けてもとは思いました。

久々ではあるものの、外厩帰り。オジュウチョウサンと同じ牧場にて乗り込まれているので、問題はないのではないかと推測できます。

いつも負荷を掛ける走りを見せて本番に挑んでいるわけではないと思うので、これでも問題ないのではないでしょうか。

ラインスピリット【B-C】

7月24日(水)栗東 坂路(重)
【55.1-39.0-24.8-12.4】

単走強め。

馬場が荒れている時間帯だったので、時計はこの程度でも特に問題はないように思います。走りにくそうにしていたので、時計の根拠が乏しいように感じましたが、それでも悪くはない印象です。

走り自体はスムーズでした。残り3ハロンから2ハロンで一気に加速していますが、走りもその辺りにギアが一気に入ったように見えました。

ただ、最後の2ハロンから1ハロンは停滞ラップとなりました。

0.1秒でも良かったので加速ラップを刻んで欲しかったです。

前走の方が良かったと思いましたが、前走の結果を見ると凡走止まり。今回も厳しいのではないかと思います。

ラブカンプー【B-C】

7月24日(水)栗東 坂路(重)
【53.1-38.8-25.6-13.2】

2頭併せ強め4馬身遅れ。

併せたのはダイメイプリンセスでした。大きく遅れてしまい見た目は地味でした。

スプリンターズSも同じような追い切りをやっていました。追い切り記事でも酷評しましたが、結果は2着でした。

その時と変わりないと言えば変わりなし。ある意味では不気味な存在です。

ただ、近走の成績が悪いだけに、どこを見るかという部分。電池が切れたように最下位が続いていますので、今回の遅れたのは単純にデキが悪いのではないかと思います。

レジーナフォルテ【B】

7月24日(水)美浦 坂路(稍重)
【53.5-39.2-25.6-12.5】

単走一杯。

鞭が一発だけ入っていますが、強めから一杯の間くらいでの内容でした。

馬場が荒れ始めた時間帯での追い切りでしたので、時計は決して悪くはありません。しっかりと加速ラップを刻んだことの方を見た方がいいでしょう。

走りも悪いところはありませんでした。状態的には前走から変わりない範囲だと見ています。

レッドラウダ【A-B】

7月24日(水)栗東 坂路(重)
【51.1-37.0-24.3-12.5】

2頭併せ強めクビ差先着。

脚色は僚馬の方が良かったようにも思いました。カメラの角度がありますので、途中からクビ差をキープしているとも見ることができます。少々微妙な形での追い切り動画となりました。

時計的にはこの程度で問題ないです。

昨年の韋駄天Sの時と同じような時計の刻み方をしています。その時は減速ラップを刻む形で3着に入りました。地力のありなしは関係なく判断すると、状態自体は今回が良さそうです。

ただ単純に全体的に下降線に入っているので、もう少し根拠の欲しい追い切りでした。直近で時計が良かった2月始めのレースでは、坂路好時計で凡走しているので、時計はあまり気にしなくていいでしょう。

追い切りまとめ

ここまで17頭をチェックしていきました。

今回の追い切りで上昇気配を示したのは、【A-B】評価のレッドラウダのみとなりました。

しかし、レッドラウダの動きを見ると、たしかに前走からは上昇気配を示していましたが、素直に評価していいのかというと、あくまで前走よりかは上昇気配程度までで、好走までは難しいと読みしています。

となると、近走で好走している【B】評価の馬を素直に挙げていくだけの作業となってしまいます。

中でもカイザーメランジェは動きと気配、いずれも良かったです。函館SSを制した直後なので、疲労なども考慮しなければならないのかなと思っていましたが、デキ自体はキープしていると判断できます。

輸送だけが心配ですが、当日の気配次第となるでしょう。ニュースだと木曜日の出発ということなので、金・土曜日とありますので、その点では問題ないと思います。

あとは、ライオンボスの動きも良かったですし、韋駄天Sで2着だったカッパツハッチのデキも悪くはなく、ここでも走れそうにしていました。楽しみな2頭です。

今回は、上記の3頭をオススメするのが理想かなと思いますが、穴馬としてもう1頭挙げておきます(ランキング発表)。追い切りの雰囲気は悪くなく、ここでもきっかけ1つで面白いだろうと思う馬です。

今回は、上記の4頭を追い切りからオススメしておきます。以上、アイビスSDの追い切り考察でした。